Pique Solutionsリサーチ: Oracle Management Cloud に関する2つの新調査

Oracle Management Cloud のクラウドベースの統合管理ソリューションなら、4倍の投資対効果を達成できます。

総保有コストを61パーセント低減できます。

クラウドでのITシステム管理

自律型の自動運転車や自己稼動データベースのことは誰もが知っていますが、機械学習(ML)はIT業務においてどのような役割を果たすのでしょうか。自動化機能が組み込まれたOracle Management Cloud を使用すれば、IT業務やセキュリティにおけるリスクを軽減し、DevOpsの俊敏性を高めることができます。Oracle Management Cloud は、オラクルが提供する適応型のインテリジェントなセキュリティおよびシステム管理ポートフォリオの重要な要素です。ハイブリッドIT環境を管理、保護するための完全な統合ソリューションを提供します。

今こそ手間のかからない自動化アプローチを

Oracle Management Cloud はSaaS製品であるため、お客様が使用します。メンテナンスは一切不要です。セキュリティやIT業務、DevOps用に設計され、ITの質問に答えるML機能があらかじめ組み込まれています。この製品を使用するデータ・サイエンティストを社内で育成する必要はありません。メリットとしては、次の3つのユニークな機能が挙げられます。

包括的かつインテリジェントな管理プラットフォーム

IT組織は何十年もの間、自動化について研究してきましたが、新たなレベルの自動化をもたらすという触れ込みのツールがあふれている割には、それに見合うメリットが得られていません。それどころか、ツールの数が多すぎることが大きな課題となっています。今やこうしたツールはクラウドでも提供されています。問題は、相互に連携するように設計されていない各種ツールに基づいて決定を下さなければならないときに生じる複雑さです。Oracle Management Cloud は、データを1つにまとめる統一的なソリューションを提供するだけでなく、IT業務管理の領域全体をカバーするソリューションも提供します。さらに、こうしたツールは異種環境やハイブリッド・クラウドで機能するため、IT環境に関するエンドツーエンドの可視性と包括的なインサイトが得られると同時に、対応策を自動化することも可能になります。

運用上のインサイトを簡単に獲得

Oracle Management Cloud は、相関、異常検出、クラスタリング、予測など、さまざまなタイプの機械学習を利用し、質問の答えがすばやく簡単に得られるよう構築されています。インサイトに到達するための第一歩として、次のような質問をしてみてください。

  • 現在の状況は正常なのか異常なのか?
  • どのユーザーが影響を受けるのか?
  • 問題の原因は何か?
  • 次に何をすべきか?
  • 今後このようなことが発生するのを防ぐにはどうすればよいか?

予防措置と是正措置の自動化

IT自動化のもっとも難しい側面の1つに、「ユーザーや顧客が影響を受けるずっと前に予防的に対応するにはどうすればよいか」があります。Oracle Management Cloud は、スマートな組込みのオーケストレーションによってこの課題に対処します。翌日最大使用率に達するアプリケーションがシステム内に見つかったとしたらどうしますか。対応が自動化されていれば、追加の人材を急遽集めることができます。また、セキュリティ上の異常が発生した場合は、特定のユーザーに付与された権限を自動的に無効にすることも可能です。

組込み機能

今日の異種環境向けに設計

Oracle Management Cloud は、オンプレミスとサードパーティのクラウド・サービスからなる管理サービスのスイートです。従来のソリューションでアプリケーションを監視、管理、保護する際に発生していた人的作業を排除するこの製品は、Oracle Cloud 上のサービスとして提供されます。

DevOpsの俊敏性を向上

Oracle Management Cloud を使用して、アプリケーション層の複雑な問題をすばやく診断しましょう。エンドユーザー・データやインフラ・データがいくつものサイロに分散するのを防ぎ、問題をすばやくトラブルシューティングし、ITをビジネスのように運営することができます。

運用上のインサイトを簡単に獲得

お客様が影響を受ける前に、アプリケーションの問題をすばやく特定して切り分け、優先順位付けと診断をおこなって自動修正します。Oracle Management Cloud を利用すれば、平均復旧時間を短縮し、開発チームと運用チームを隔てる壁を取り除き、重要なビジネス・アプリケーションで優れたユーザー・エクスペリエンスを確実に提供することができます。

Outage Prevention

機械学習をIT管理に利用

Oracle Management Cloud には、強力な機械学習アルゴリズムがあらかじめ装備されているため、お客様の手を煩わせることなく、より高度なインサイトを提供します。自己学習機能には次のようなものがあります。異常検出アルゴリズムにより、正常な動作と異常な動作を識別し、問題について早期に警告します。ラスタリング・アルゴリズムにより、パターン認識を使用してノイズを減らし、的確な情報にすばやく到達します。予測アルゴリズムにより、履歴データを使用してwhat-if分析を実行し、注意が必要な傾向を特定します。相関アルゴリズムにより、IT資産の変更の頻度やスピードにかかわらず、IT資産間の依存性やトポロジー、関係を検出します。

発見

Management Cloud ソリューション

アプリケーションIT向けのOracle Management Cloud

より的確なインサイト、予測可能性、自動修正を保証することで、エンドユーザー・エクスペリエンスの向上を実現します。

CIO向けのOracle Management Cloud

ハイブリッド・クラウドの管理が複雑さを増すにつれて、将来を保証する俊敏で経済的なソリューションが必要とされています。

cloud logo image
Oracle Cloud を体験する

Oracle Management Cloud の顧客事例

Infosys、オラクル製品を使用してハイブリッド・クラウドを保護、管理

多国籍ITプロバイダーのInfosysは、Oracle Management Cloud を使用して顧客のハイブリッド・クラウドを管理、保護しながら、ITのコンプライアンス基準やガバナンス基準を確実に満たしています。

オーストラリアの社会サービス省

Oracle Management Cloud は、このオーストラリアの政府部門が新たなビジネス要件に適応できるよう支援しています。

オラクルの顧客事例

オラクルがお客様の管理業務やセキュリティ業務をどのように支援しているかをご紹介します。

Betacom: アプリケーションのダウンタイムを最大50パーセント削減

Betacomは、Oracle Management Cloud を使用して、エンドユーザー・クライアント・アプリケーションの稼働状況とセキュリティの詳細な分析結果を提供しています。Oracle Management Cloud を使用することで、問題のトラブルシューティングを迅速化し、アプリケーションのダウンタイムを最大50パーセント削減することが可能になっています。