Oracle Cloud—システム管理

Connect Everything
システム管理の最新化

オラクルの製品開発担当プレジデント トーマス・クリアンが、Oracle Management Cloudを使用してインフラとアプリケーションを最新化し、管理する利点について語ります。


システム管理の最新化とクラウド移行が望まれる理由

新たな先進の手法に目を向ける時が来ました。組織もそのことを十分承知しています。

オラクルでは、すべてのIT組織の60%が2020年までにシステム管理をクラウドに移行するものと予測しています。これは大胆な予測です。ほとんどの組織では、クラウド移行への道のりは始まったばかりなのですから。それほど急速にこの分野に変化が訪れるとオラクルが考えている理由をこれからご説明しますので、少しの時間お付き合いください。

現在のシステム管理手法は役に立ちません。組織もそのことを十分承知しています。調査結果によると、自社のモニタリング戦略を信頼しているお客様は全体の10%未満です。モニタリング・ツールが実用的なソリューションとなるまで30年以上かかったことから、モニタリング戦略に関しては特に失望が大きいのです。さらに、50%を超えるお客様は、デジタル・ビジネスやハイブリッド・クラウド、DevOps、ビッグデータの時代のスケールと複雑さに合わせて設計された新たなソリューションが必要であることを認識しています。

クラウドベースの管理ソリューションなら、お客様の手を一切煩わせることなく、膨大な量の構造化データと非構造化データを取り込んで処理することができます。

一般的な企業は、120種類を超えるモニタリング・ツールで時系列のメトリック・データや構成データを収集するとともに、数テラバイトのログも日々生成しています。つまり、相関関係のない構造化データからなる120もの独立したデータ・サイロと、膨大な量の関連する(同じく相関関係はない)非構造化データが存在することになります。考えてみてください。IT担当者がこのようなデータの意味を理解しようと費やす時間は、問題の防止や解決のために費やすことのできない時間なのです。システム管理の目的は他のアプリケーションを管理することです。システム管理の仕組み自体が大規模なカスタム・アプリケーションであってはなりません。

それに加えて、先進のソリューションには人手にあまり依存しない機械学習ベースの手法が必要です。従来の一元管理型のモニタリング・ツールでは大量のデータが収集されますが、システムの動作にパターンを見いだしたり各種イベントの関係を解明したりするための面倒な作業を人の手でおこなうことが求められます。異常な動作を特定するための異常検出、フラグ付けが必要なデータのパターンを特定するためのクラスタリング、2つ以上のデータセット間の関係を把握するための多変量相関、予測アルゴリズムなどを用いた機械学習アルゴリズムがあれば、人手への依存が軽減され、過去を振り返るのではなく将来に目を向けることができるようになります。機械学習に対するSaaS、つまりクラウドベースの手法は、即座に価値が得られるだけでなく、あらかじめ微調整が加えられ、膨大な量のデータの分析用に最適化された状態で提供されます。

クラウドベースの管理ソリューションなら、適切に調整され最適化されたインテリジェントな機械学習をお客様がすぐに利用できます。お客様の手を煩わせることは基本的にありません。

ほとんどの組織がすでに現在の管理手法に不満を持っていること、そしてSaaSベースの手法により既存の手法の主要な問題を手間をかけずに克服できることを考えれば、すべてのIT組織の60%が2020年までにシステム管理をクラウドに移行するものとオラクルが予測するのも当然です。

Oracle Cloud Platformでシステム管理を最新化することにより、さまざまな利点が得られます。詳細は、このページの各種リソースを参照してください。


Modern System Management
Modern System Management icon 先進のシステム管理

今日の異種環境に対応した設計: オンプレミス、Oracle Cloud、サードパーティのクラウド・サービス

Oracle Management Cloudは、Oracle Cloud上でサービスとして提供されるモニタリング、管理、アナリティクス・ソリューションの次世代統合スイートです。


Continuous monitoring for DevOps
Continuous monitoring for DevOps iconDevOpsのための継続的なモニタリング

すべてのアプリケーション層で複雑な問題を迅速に診断

Oracle Management Cloudにより、エンドユーザー・データやインフラ・データがいくつものサイロに分散するのを防ぎ、問題をすばやくトラブルシューティングし、ITをビジネスのように運営することができます。


Rapid Troubleshooting
Rapid Troubleshooting icon迅速なトラブルシューティング

お客様に影響が及ぶ前にアプリケーションの問題の特定、切離し、優先順位付け、診断、自動修正を迅速に実施

Oracle Management Cloudを利用すれば、企業は平均修復時間を短縮し、開発チームと運用チームの間にある壁を取り除き、重要なビジネス・アプリケーションの快適な操作性を保証することができます。


Outage prediction
Outage prediction icon システム停止の予測

機械学習の活用

Oracle Management Cloudには、強力な機械学習アルゴリズムがあらかじめ装備されているため、お客様の手を煩わせることなく、より高度なインサイトを提供します。異常検出アルゴリズムにより、正常な動作と異常な動作を識別し、問題について早期に警告します。クラスタリング・アルゴリズムにより、パターン認識を使用してノイズを減らし、的確な情報にすばやく到達します。予測アルゴリズムにより、履歴データを使用してwhat-if分析を実行し、注意が必要な傾向を特定します。相関アルゴリズムにより、IT資産の変更の頻度やスピードにかかわらず、IT資産間の依存性やトポロジー、関係を検出します。

IDEXX Talks About the Benefits of Oracle Management Cloud background image
IDEXXが語るOracle Management Cloudの利点

Oracle Management Cloud really helps us get away from those long war room sessions full of many IT employees trying to drill down and figure out what's going on. It allows us to have a single view across our entire infrastructure and really tells us what we need to know.

—IDEXX Laboratories, Inc. 主任システム管理者 ブレット・カーティス氏
DSS Meets Business Requirements with Oracle Management Cloud  background image
オーストラリア社会サービス省、Oracle Management Cloudでビジネス要件に対応
Hitachi Consulting: Management Cloud Drives DevOps Agility background image
日立コンサルティング: Management CloudがDevOpsの俊敏性を加速
Safexpress Eliminates IT War Rooms with Efficient Management background image
Safexpress、効率的な管理によりITプロジェクト・ルームが不要に

Oracle Management Cloud has enabled us to manage our IT more efficiently. It allows us to scale, manage our peaks better, and provides us flexibility. Most importantly, it helps in detecting issues such as slow transactions and helps resolve them proactively and faster. This makes a difference to our operational efficiencies which in turn directly impacts positively our customer's experience.

—Safexpress Pvt. Ltd. マネージング・ディレクター ルバル・ジャイン氏
IDEA Cellular Transforms IT Management with Machine Learning background image
IDEA Cellular、機械学習でIT管理を変革

As we get into the digital space and embrace the digital ecosystem more and more, it will be impossible to do without an environment such as Oracle Management Cloud.

—IDEA Cellular CIO プラカシュ・パランハペ氏

始めよう