該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

Multitenant

Oracle Multitenant

Oracle Multitenantは、次世代のデータベース・クラウド向けのアーキテクチャです。分離、敏捷性、スケール・メリットを提供します。マルチテナント・コンテナ・データベースは、多数のプラガブル・データベースを保持できます。既存のデータベースも、アプリケーションを変更することなく、簡単に採用できます。Oracle Multitenantは、Oracle Real Application ClustersやOracle Active Data Guardなど、他のオプションを完全に補完します。

Multitenantの最新情報

ビデオ・シリーズ:Oracle Multitenant

 ホワイトペーパー:Oracle Multitenant(PDF)

ホワイトペーパー:Oracle Multitenant(PDF)

Oracle Multitenant:Oracle Database 18cの新機能

詳細を見る

Multitenantの特長

高密度な統合

高密度な統合

1つのマルチテナント・コンテナ・データベース内で多数のプラガブル・データベースがメモリやバックグラウンド・プロセスを共有します。これにより、古いアーキテクチャよりも多くのプラガブル・データベースを統合でき、スキーマベースの統合と同様の利点を得られます。しかも、このアプローチでは、アプリケーションを大きく変更する必要はありません。

SQLによる迅速なプロビジョニングとクローニング

SQLによる迅速なプロビジョニングとクローニング

新しいSQLコマンドによって、わずか数秒で、プラガブル・データベースの作成、プラガブル・データベースのコンテナ間の移動、プラガブル・データベースのクローニングを完了できます。基盤となるファイル・システムがシン・プロビジョニングをサポートしている場合、SQLコマンドのキーワード“snapshot copy”を使用するだけで、ほとんど瞬時に何テラバイトものデータをクローニングできます。

迅速なパッチ適用とアップグレードのための新たなパラダイム

迅速なパッチ適用とアップグレードのための新たなパラダイム

1つのマルチテナント・コンテナ・データベースにパッチを適用する時間と労力で、その中の多数のプラガブル・データベースすべてにパッチを適用することができます。1つのプラガブル・データベースにパッチを適用する場合は、各Oracle Databaseソフトウェア・バージョンでマルチテナント・コンテナ・データベースにアンプラグ/プラグインするだけです。

コンテナ・データベースにホストされたプラガブル・データベースをすべてアップグレードする場合は、コンテナ・データベースをアップグレードするだけで、ホストされたすべてのプラガブル・データベースが'インプレース'でアップグレードされます。1つのPDBをアップグレードする場合は、データベース・アップグレード・ガイドに記載されているように、プラガブル・データベースを上位バージョンのコンテナ・データベースにアンプラグ/プラグインしてプラガブル・データベースをアップグレードするだけです。

多数のデータベースを一元管理

多数のデータベースを一元管理

既存のデータベースをプラガブル・データベースとして統合することで、管理者は多くのデータベースを一元管理できるようになります。たとえば、バックアップやディザスタ・リカバリなどのタスクは、マルチテナント・コンテナ・データベース・レベルで実行されます。

プラガブル・データベースのリソース管理

プラガブル・データベースのリソース管理

Oracle Database 12cでは、Resource Managerに特定の機能が拡張されており、マルチテナント・コンテナ・データベース内のプラガブル・データベース間でリソースの競合を制御できます。

クラウドでOracle Database 19cを試す

Oracle Multitenantの会話に参加しましょう