該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

Oracle WebLogic Serverアプリケーションをクラウドで実行

Oracle WebLogic ServerのワークロードをOracle Cloudにアップグレードすれば、俊敏性が上がり、パフォーマンスも向上します。オラクルの専門家がクラウドへの移行をお手伝いします。Oracle WebLogic Serverアプリケーションをコンテナに移行する方法について、無償のテクニカル・レビューとコンサルティングを受けてみましょう。

アプリケーションのモダナイゼーション

コードを書き換えることなく、既存のOracle WebLogic Serverアプリケーションをコンテナに移行します。極めて拡張性の高いオープンソースのOracleのツール群を通じて、Kubernetes上で稼働します。

俊敏性の向上を達成

Oracle WebLogic Serverアプリケーションを、DockerやKubernetesなどクラウド・ニュートラルの業界標準、かつOracleも認定する構成上で、迅速にプロビジョニングおよびスケーリング。

移行をテスト的に実行

お試しとして、サンプルのOracle WebLogic Serverアプリケーションを、インタラクティブ・ラボでクラウドに移行してみましょう。

WebLogicアプリケーションをクラウドにアップグレード

オラクルの包括的で統合型のアプローチは、ビジネス全体に合わせて構築されています。時間をかけて実証されたクラウドの手法と、自動化されたアップグレード・ツール群によって、 新たなイノベーションとテクノロジーが切り開かれ、クラウドへの移行を達成しつつ、時間とコストを削減することができます。

オラクルの移行ツールは、オンプレミス環境と同じ標準、ツール、スキル・セットに基づき、それらを使用することで、Oracle DatabaseとOracle WebLogic Serverのワークロードを短時間で簡単にクラウドに移行できます。最新のデザスター・リカバリ(障害復旧)およびバックアップ・ソリューションで、最大限の稼働時間とデータ損失ゼロが保証されます。

Oracle Cloudアカウントにサインアップ

Oracle Container Engine for Kubernetes とOracle Autonomous Databaseでアプリケーションを実行する簡単さを体験してください。Oracle Cloudにすぐにアクセスできます。

クラウドへのアプリケーションの移行

オラクルがサポートする拡張性の高いオープンソース・ツールを活用して、オンプレミスのOracle WebLogic Serverを簡単に点検、アップグレードしてコンテナ化します。

エキスパートとの連携

Oracle Consultingとパートナー・チームの経験を結び付けて、オラクルは万全のアップグレードと本稼働に備える構造化アプローチを考案しました。エキスパートの助言を受けながら、アプリケーションとデータをOracle Consultingに移行しましょう。

イノベーションを加速、生産性を改善、コストを削減

低コストで始められ、煩雑なコマンドを使うことなく自動プロビジョニングツールを使用して、TCOを削減できます。1つのコンソールで管理することにより、パッチの適用とアップグレードも自動化されます。迅速なスケーリングで、ビジネス・パフォーマンスとイノベーションが加速します。

ビジネスの俊敏性を推進 ITの効率を改善
  • 変化の激しい環境でも、俊敏性の向上によって市場投入までの時間を短縮
  • 必要に応じたスケーリングで、最新のビジネス環境をサポート
  • Oracle Cloudとオンプレミス環境の両方で、ビジネス継続性とセキュリティを維持
  • リソースのキャパシティを懸念することなく、設備投資を削減
  • 自動化された移行ツールと、フレキシブルなデプロイのオプションで、ワークロードをクラウドに移行するコストとリスクを低減
  • 迅速にプロビジョニングされるプラットフォーム・サービスで、アプリケーションの配信を加速し、パフォーマンスを改善
  • Oracle Cloudで推進されるDevOpsモデルで、ITスタッフの効率と生産性が向上
  • 労せずにアプリケーションとデータベースをアップグレード、監視、管理し、本番稼働中のアプリケーションを継続的に改良
  • オンプレミスの機能をシームレスにクラウドに統合、拡張して、新しいサービスとアプリケーションに接続
  • ワークロードをリフト・アンド・シフトする事によって、アプリケーションを作り直すことなく、ダウンタイムを最小限に

CERNは、Kubernetesを使用してWebLogicのデプロイに要する時間を短縮

“このように、オラクルから提供してもらったオープン・ソース・ツールのおかげで、我々はOracle WebLogic Serverの構成に必要な時間を大幅に削減することができました。さらに、データベースとOracle WebLogic Serverの障害時リカバリ・ソリューションに代わるものとして、Oracle Cloud InfrastructureとそのKubernetesサービスも活用しています。”

CERN、DevOps Engineer、Antonio Nappi氏

Oracle Cloudに移行した場合の結果

コスト 俊敏性 リスク イノベーション
ビジネスの成果 オーバーヘッドを削減し、最終的な収益への影響を改善。リソースをビジネス・イノベーションに投入。 目まぐるしく変化し続けるビジネス状況にいち早く反応できる俊敏性で、競争優位性を改善。 比類ないセキュリティで企業のデータとアプリケーションを保護。単一ベンダーのサポートで得られる安心感。 ビジネス上のより良い洞察により、イノベーションを加速させ、新製品の市場投入までの時間を短縮。
ITの成果 TCOを最大62%.2削減。ITのリソースと間接費を削減。 厳格なSLAを満たしつつ、ビジネスニーズに合わせてスケールできるアジャイルなIT環境を提供。 各層に組み込まれるデータ・セキュリティを最大限に確保しながら、あらよるデータとアプリケーションのコントロールを維持。 Oracle IaaSで、パフォーマンスが最大3.4倍に1。アプリケーションとデータの提供を高速化し、ビジネス要件をサポート。

1 出典:Wikibon Research、「Oracle Databaseのオンプレミス、クラウドファーストのオプションの財政比較」、2019年1月(PDF)
2 出典:Accenture:「パフォーマンス・テストの結果:オラクルからエンタープライズ・グレードのクラウド登場」2016年(PDF)

クラウドに関する疑問にお答えします

どこから始めれば、とお考えですか?クラウドに関するオラクルのエキスパートがお答えします。現在のITについて無償のテクニカル評価を受けてみてください。オンプレミスでもクラウドでも、Oracle WebLogic Serverアプリケーションをコンテナ化する方法について、エキスパートがご相談に応じます。