申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

輸送管理システムとは

輸送管理システム(TMS)とは、企業が入出荷における商品の物理的な動きを計画、実行、最適化できるようにし、出荷がコンプライアンスに準拠しており、適切なドキュメントが利用可能であることを確認するためのテクノロジーを使用したロジスティクス・プラットフォームです。このようなシステムは多くの場合、大規模なサプライチェーン管理(SCM)システムの一部です。

TMSは輸送管理ソリューション輸送管理ソフトウェアとしても知られています。日々の輸送業務、取引に関するコンプライアンス情報やドキュメントの可視性を実現し、貨物や商品のタイムリーな配送を実現します。また、配送プロセスが輸送管理システムによって合理化されるため、企業は陸、空、海を問わず輸送業務の管理と最適化を簡単に実行できます。

輸送管理とサプライチェーン

輸送管理に加えて、一般的なSCMシステムの他のコンポーネントには、調達、製品ライフサイクル管理、サプライチェーン計画、注文管理、製造、在庫、倉庫管理などが含まれます。

サプライチェーン管理システムの詳細

なぜ輸送管理システムが重要なのか

輸送管理システムはサプライチェーンの中心的な役割を果たしており、計画や調達から、ロジスティクスやライフサイクル管理に至るまで、プロセスのすべての部分に影響を与えています。強力なシステムによりたらされる幅広く深い可視性が、より効率的な輸送計画と実行につながり、結果として顧客満足度を高めます。このため、売上が増加し、ビジネスの成長を達成することができます。私たちが生活し、取引を行っている動的でグローバルな売買環境では、売買に関するポリシーやコンプライアンスに関する複雑なプロセスを首尾よくナビゲートできるシステムを導入することが重要です。

TMSを利用する業種

お客様の期待の変化

即日発送や、リアルタイム・トラッキングができる今日において、消費者は欲しいものを欲しいときに手に入れたいと考えています。この需要に対応するため、従来のビジネスにはかつてないほどのプレッシャーがかかっており、その中でもサプライチェーンほどプレッシャーを強く感じている場所は他にありません。商品の物理的な移動はサプライチェーンにおける重要な業務の一環であり、この機能を管理するために輸送管理システムを重視する企業が増えています。

未来のサプライチェーンについて読む

輸送管理システムは、主に定期的に商品の出荷、移動、受取りを行う必要がある以下のビジネスで使用されています。

  • 製造業
  • 流通業
  • Eコマース企業
  • 小売業
  • サードパーティやフォースパーティのロジスティクス(3PLや4PL)企業、および物流サービス・プロバイダー(LSP)などのロジスティクス・サービスを提供する企業

建設業からライフ・サイエンスに至るまで、ほぼすべての業界のビジネスにおいて輸送管理システムが使用されています。主なユーザーは輸送費に年間1億ドル以上を費やす企業ですが、クラウドベースのTMSソリューションが利用できるようになったことで、中小企業においても輸送管理システムをサプライチェーンに組み込む利点を手頃な価格で利用できるようになりました。

TMSの提供方式

企業は、既存のクラウドやオンプレミスのエンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)ソフトウェアおよびSCMソリューションと統合できるスタンドアロンの輸送管理システムを購入できます。TMSソリューションの中には売買に関する書類作成機能を備えたものがありあります。または、グローバル貿易管理(GTM)アプリケーションでTMSを補完することもできます。一方、一般的に機能があまり豊富でないTMSは、ERPやSCMスイート内のモジュールとして使用できます。

商品のタイムリーな配送に向けた計画・実行・最適化

TMSでは、すべてのビジネスにおける物理的な商品の移動の計画、実行、最適化に対応できます。

Planning

TMSは、複数の輸送経路の最適化など、コスト、効率、距離に基づいて、企業にとって最適な輸送方法と輸送業者を選択するために役立ちます。強力なTMSによって、サプライチェーンの各段階を可視化することができます。また、グローバル貿易管理機能と連携して、売買や関税に関する情報に加えて、税関やその他の売買に関する規制が原因で遅延が発生する可能性があるかどうかに関する情報も提供します。

TMSと中小企業

中小企業 - 年間500万ドルから1000万ドル輸送費に費やしている企業 - は、輸送を管理するためにスプレッドシートや手作業といった従来の方法に依存してきました。しかし現在では、クラウドベースのソリューションによって、このような中小企業は手頃な価格でTMSに投資することができます。

実行

輸送管理システムの実行機能は多岐にわたります。それには、積荷の照合、輸送業者とのやり取り、出荷の記録と追跡、輸送費の請求書や決済のサポートが含まれます。高度なTMSソリューションの中には、輸送業者、流通業者、倉庫、顧客間でリアルタイムに情報交換ができる追跡サービスを提供するものもあります。このような高度なシステムでは、複雑な国際ロジスティクスを処理できる場合もあります。たとえば、出荷が売買に関するコンプライアンスに準拠するよう、輸出入に関連する適切なドキュメントを提供できます。

最適化

通常、TMSの最適化機能には、レポート、ダッシュボード、分析、輸送インテリジェンスを使用してパフォーマンスを測定したり追跡したりする機能が含まれています。

TMSの利点

TMS(および最新の輸送管理全般)は、多くの利点をビジネスにもたらします。主な利点は次のとおりです。

  • ビジネスと最終顧客のコストを削減
  • 地域、出荷方法、輸送業者全体のサプライチェーン・プロセスの簡素化
  • ビジネスの自動化によって、迅速で正確な請求と文書化を実現
  • 特に輸送中における可視性とセキュリティの向上
  • 時間の短縮 - 手作業の減少によって、遅延の低減と納期の短縮を実現
  • 単一のプラットフォーム上において、国内外を問わず貨物の追跡が可能
  • 輸出入に関するコンプライアンスの向上によって、罰則や出荷遅延の最小化を達成
  • 優れたレポートにより迅速なアクションとプロセスの改善がもたらされるため、新しいビジネスのインサイトを入手可能
  • リアルタイムの更新と出荷遅延の減少によって、顧客サービスと顧客満足度が向上
  • 迅速で予定通りの出荷という顧客の要求を満たし、それを上回ることによって、ビジネスの拡張が可能

クラウドによるTMSの付加価値

クラウドベースの輸送管理システムは、他のクラウド・ソリューションと同様に多くのビジネス上の利点をもたらします。これには、規模の経済の改善、総所有コストの低減、アップグレード料金の排除、投資利益率(ROI)の向上などが含まれます。

ITの場合、クラウドベースのTMSによって、迅速な導入、トレーニングとインストールに必要な時間の短縮、最新機能による自動更新、セキュリティの向上といった利点も得ることができます。

TMSの未来

顧客の期待は高まり続けています。期日どおりの配送だけでなく、2日間での配送、さらには当日配送も期待しています。また、出荷プロセス全体を通じて提供されるリアルタイムの更新情報も確認できることも求められています。絶え間なく変化するグローバルな売買に関する規制によって、サプライチェーンはペースを維持するためのイノベーションを余儀なくされています。多くの場合、サプライチェーンは輸送管理システムに投資することでイノベーションを実現しています。

輸送管理システムは、消費者への迅速な対応や、企業への詳細な情報提供など、より堅牢で機能的なシステムになる必要があります。機械学習の導入によってTMSはよりインテリジェントなシステムになり、優れた提案とより正確な予測を提供できます。

企業は、可視性をさらに向上させ、より優れた顧客サービスを提供するために、輸送管理システムやグローバル貿易管理システムを新興テクノロジーと統合することを選択できます。現在利用できる革新的なテクノロジーの一部は次のとおりです。

IoT fleet monitoring

モノのインターネット(IoT)デバイスとセンサーによって、走行条件、ルート、資産の移動中の可視性を含む、リアルタイムのフリート監視がありふれたものになります。企業は燃料費やメンテナンスのコストを下げるだけでなく、遅延を減らし、ドライバーの安全性を向上させることもできます。

デジタル・アシスタント

デジタル・アシスタントは、よく「チャットボット」と呼ばれており、出荷情報に対して即座に会話形式で応答して、顧客満足度を高めることができます。

アダプティブ・インテリジェンスと機械学習

輸送管理システムでは、過去のデータや傾向に機械学習を応用して、輸送時間の正確な予測、輸送能力の計画、リスクのある出荷(消費期限が迫っている商品や温度に敏感な商品など)の特定などを実現できます。また、TMSの人工知能を強化して、情報に基づくより正確な推奨事項を提案できます。たとえば、交通量の多い時間帯に代替の配送ルートを提案することができます。

ブロックチェーン

ブロックチェーンは現在、荷送人、顧客、輸送業者間の複雑な統合を構築するために利用されています。Intelligent Track and Traceなどのアプリケーションを使用すると、サプライチェーン全体の透明性と追跡可能性を高めつつ、正確で安全な情報を得ることができます。

コールド・チェーン(低温物流)管理

輸送管理システムで利用できるもう1つのブロックチェーン・ソリューションは、コールド・チェーン(低温)管理です。これは、サプライチェーンのさまざまなチェックポイントでそれぞれに応じた温度を維持する必要がある場合に役立ちます。たとえば、生鮮品や温度に敏感な材料や製品は、トラックでは冷温に保つ必要があるかもしれませんが、店舗の棚では少し高い温度に保つ必要があります。コールド・チェーン管理を使用すると、サプライチェーン全体で温度を監視して、リアルタイムの情報を企業と原産国の規制当局に提供することができます。

輸送管理システムの進化に関する詳細