該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

Oracle Cloud Infrastructure Identity and Access Management

Oracle Identity and Access Management(IAM)サービスを使用すると、クラウド・リソースにアクセスできるユーザー、アクセス権限のタイプ、およびアクセスできる特定のリソースを制御できます。ユーザーとリソースの論理グループを使用して複雑な組織とルールを管理することで、ポリシーを簡単に定義できます。

ユーザーとアクセスの管理

ユーザーとアクセスの管理

Oracle IAMを使用してOracle Cloud Infrastructureユーザーを作成し、アクセス可能なサービスを制御し、実行できる操作を定義します。

セキュアな設計

セキュアな設計

デフォルトでは、ユーザーは特権が割り当てられるまで、Oracle Cloud Infrastructureリソースにアクセスできません。また、ネイティブの多要素認証により、安全にアクセスできます。

グループと権限の定義

グループと権限の定義

ロールに基づいてユーザーをグループに割り当て、SQLのようなシンプルなポリシーを使用して特権を割り当てることができます。

製品の特長

すべて開く すべて閉じる

可視性と制御の維持

  • チームが全体的な可視性と制御を維持しながら、独自のインフラストラクチャ・サービスを管理できるようになります。

サービス間の統合

  • すべてのOracle Cloud Infrastructureサービスでガバナンスを簡単に確立し、さまざまなIT運用ワークフローをサポートできます。

既存のエンタープライズ・システムおよびプロセスのサポート

    組織階層の照合

  • コンパートメントを活用して、部門階層に従ってリソースを整理します。
  • 既存のIDシステムの活用

  • Oracle IAMは企業ディレクトリと統合されており、ユーザーは既存のIDプロバイダを使用して従業員にアクセス権限を付与することができます。Oracle IAMは、Oracle Identity Cloud Service(IDCS)、Microsoft Active Directory Federation Services(AD FS)、Okta、およびその他のSAML 2.0準拠プロバイダを使用した連携をサポートしています。
  • アプリケーションでのクラウド・サービスの呼び出しを許可

  • Oracle IAMを使用すると、Oracle Cloud Infrastructureインスタンス上で実行されているアプリケーションを認証して、ITサービス上でAPIコールを行うことができます。たとえば、ユーザーの資格情報を構成することなく、アプリケーションにオブジェクト・ストレージからのデータの読み取りを許可することができます。
  • 柔軟な管理

  • Webベースのコンソール、API、SDK、およびCLIを使用して、IDとアクセス権限を管理します。