Oracle Utilities Customer Information Systems (CIS)

Oracle Utilities Customer Cloud Service (SaaS) and Oracle Utilities Customer to Meter (on-premises) bring industry-leading meter data management, customer care, and billing capabilities into a single, unified solution that supports modern utilities’ customer care operations.

オラクル製品を活用して、顧客関連業務に変革をもたらす方法について詳細をご確認ください。

Oracle Utilities Customer Platform

Oracle Utilitiesのカスタマー・プラットフォームは、共有データベースとテクノロジー・スタックの利点を備えた、統合された測定、カスタマー・サービスおよび請求管理プラットフォームをユーティリティ企業に提供します。その結果、真に統合され、自動化され、インテリジェントな顧客対応業務が実現します。

サービスとしてのソフトウェア(SaaS)

単一の直感的なユーザー・インターフェイスにより、コールセンターのエージェントは、測定や支払い、および顧客ニーズを完全に把握できます。また、適切な情報を適切なコンテキストで表示することで、より効率的で一貫性のある包括的な顧客ケアを実現します。

パーソナライズされたサービスの提供

統合されたメーター、アカウント、サービス、通信データから得られるインサイトに基づいて、顧客に最適なプログラム、製品、次のアクションを推奨します。

電話対応時間の短縮

自動化されたワークフローと簡単に設定可能なプロセス・ウィザードを備えたインテリジェントなエージェント・ポータルは、正確性を確保し、効率を向上させ、新人エージェントもベテランエージェントも顧客により良いサービスを提供できるようにします。

手動プロセスの自動化

サービス・オーダー管理、運用デバイス管理、およびOracle FinancialsやCXソリューションとのネイティブ統合のための組み込みモジュールにより、組織全体のビジネス・プロセスを簡単に自動化できます。これにより、手作業が軽減され、カスタマーサービスが強化されます。


カスタマー・エクスペリエンスの向上

従来のCISソリューションは、最新のカスタマー・エクスペリエンスを実現するために設計されていません。その点、Oracle Utilities Customer Platformは、接続性、自動化、およびインテリジェンスを中心に添えた設計となっており、カスタマー・エンゲージメント目標を達成するための基盤を築くことができます。

顧客を理解する

利用状況、アカウント履歴、コミュニケーションのプリファレンスなどを通じて、顧客を包括的に理解することができます。これらはすべて、単一のカスタマー・エージェント・デスクトップで利用可能です。

チャネルをまたいで接続

顧客の好みのチャネルやタイミングに合わせてコミュニケーションやエンゲージメントを調整し、顧客が選択した場所で顧客にアプローチします。ウェブ、モバイルアプリ、SMS、Eメール、セルフサービス、チャット、電話で、同期された一貫性のあるブランド・エクスペリエンスを提供します。

インサイトに基づく提案と積極的な推奨

機械学習(ML)とインテリジェントなインサイトにより、エージェントとの電話やデジタル・コミュニケーションを通じて、顧客に推奨事項を簡単に提供できます。

使い安いセルフサービスを実現

アカウント管理、開始/終了/移行手続き、支払い、アポイントメント設定などの一般的なアクティビティに、顧客がセルフサービスを活用できるようにします。また、これらのアクティビティは、データベースにリアルタイムで反映されます。


主要アカウント管理

Oracle Utilitiesの顧客プラットフォームを使用すると、商工業顧客やその他の重要なアカウントに対して、価値の高いサービスと詳細な請求書を簡単に提供できます。

ビジネスパートナーとしての信頼を勝ち取る

主要顧客が成功するために必要なツールを提供します。主要アカウントに特化したツールとチャネルにより、最も重要な収益源を獲得するために必要な、きめ細やかなケアと的を絞ったコミュニケーションを提供することができます。

複雑かつカスタマイズされた請求

手作業のプロセスを減らしながら、主要アカウントのニーズに合わせて請求と支払いを調整します。強力な料金・請求エンジンは、複雑な請求計算をサポートするだけでなく、直感的なインターフェイスを通じて、ユーザーが簡単に料金や計算を構築、テスト、カスタマイズできるようにします。


複雑な請求処理

世界中の市場および規制環境においてユーティリティ企業から信頼されている請求エンジンを使用して、請求処理を簡単かつ正確に行えます。コーディングやスクリプトを必要とせずに、新しい料金を簡単に構成、テスト、導入し、計算ルールを管理できます。

料金管理

便利なポイントアンドクリック構成ツール(コーディング不要)と、家庭用、商業用、卸売市場の料金計算にすぐに対応できる機能により、複雑な料金計算を簡単に処理できます。


More value from metering

Built-in meter data management brings meter and customer data together in a shared database to enhance operations, enrich customer experience, and provide flexibility for smart meter investments today and tomorrow.

Flexibility to fit your AMI strategy

Still deploying smart meters? Not started yet? No problem. Upgrade customer operations now while laying a foundation for advanced metering infrastructure (AMI) success later. As smart meter initiatives develop, advanced metering capabilities are already built in and available to stand up.

Enhance smart meter rollouts

Get value from day one of your meter programs. Flag faulty meters fast so repairs are made before field crews leave their deployment areas.

Take diagnostics even further, using built-in data visualization to go beyond basic meter metrics and see trends in rollout performance. Leverage built-in service order management to automate repairs from flag to fix.

Proactively address leaks and loss

Transform meter and device data into meaningful insights. Oracle’s advanced metering capabilities help utilities see how their networks of wires or pipes are performing at the customer level. This trustworthy, granular data visibility makes it easier to find losses from both technical and non-technical origins.

Enrich customer engagement

Meter data is an important element in developing a 360-degree relationship with your customer. Empower your agents to help customers reduce their energy usage during peak hours, take advantage of new programs, and effectively address calls about bills.


Smarter tech enables better service

Fortify IT infrastructure with self-repairing, self-securing, self-monitoring tools and more. Empower teams with data-driven insights and automated intelligent business flows, and engage customers with truly personalized, AI-fueled programs.




The true SaaS difference

Many vendors offer “cloud” solutions, but Oracle Utilities Customer Cloud Service is much more than hosting and managed services. Oracle SaaS solutions are vertically integrated—from data center to environments to applications—and supported by Oracle Cloud and utility professionals.

Never upgrade again

Say goodbye to expensive, disruptive upgrade projects every few years. Get the latest patches and new features delivered in small updates throughout the year so you can stay ahead of industry trends and always be current.

Faster go-lives

Oracle Utilities Customer Cloud Service is preconfigured for industry best practices and includes libraries of prebuilt configurations and integration interfaces. An accelerated implementation package delivers your CIS in months, not years.

Refocus IT resources on innovation

Free up your IT team to support business innovation rather than to keep systems running. Security patching, system maintenance, data backups, and more are all handled by Oracle Cloud services.

Stability and cybersecurity

Oracle Cloud Infrastructure (OCI) data centers give small and large utilities the benefits of a global cloud provider, including limitless scalability, easy backup and recovery, cybersecurity, autonomous patching, and support from Oracle Cloud experts.

クラウドファーストの思考でグラント郡PUDを変革

Derin Bluhmが、米国の地方公益事業者のクラウド戦略に関する内部の見解について説明します。

顧客情報システムの価値提案

01Opower Energyのインサイトを活用して顧客エンゲージメントを高める

AIおよび行動科学によって、世界に変革をもたらすことができるエネルギーの選択を行えるように顧客を支援できる方法についてご確認ください。

Opowerの詳細

02本格的なオムニチャネルサービスで顧客のエンゲージメントを高める

チャネル全体で顧客に一貫性のあるコネクテッド・エクスペリエンスを提供します。

Oracle Utilities Agent Serviceの詳細

03商用アカウント管理を強化する

セールスとサービスを融合させることで、商品以上の価値を実現します。

Oracle Utilities Sales for Commercial Account Managementを確認する

公益事業者がInternet of Everythingへと変貌を遂げている理由、それは顧客満足度です。

Oracle Utilitiesコンテンツ開発担当Stephen Hill

現在の公益事業者の顧客にはデジタルの傾向が見られます。リモートワークからエネルギー消費量の記録まで、現代の顧客は様々な方法でネットワークに接続しています。では、公益事業者はどうすればより一貫して顧客のエンゲージメントを高められるのでしょうか。その方法はいくつかあります。

全文を読む

その他のブログ記事

Utilitiesの投稿をすべて表示する

その他のリソースを探す

自律型CIS

自動運転の掃除機から自動運転の自動車まで、自動化は生活や仕事に大きな影響を及ぼすことがあります。顧客にサービスを提供する方法に変革をもたらすことができるほか、一人ひとりに合わせてパーソナライズされたエンゲージメントを推進する方法を根本的に改善することもできます。

将来の顧客プラットフォームは自律型になることが予想されます。

eBookを入手する(PDF)

小規模な公益事業者向けのCloud CIS

クラウドにより、小規模でリソースが限られている公益事業者向けの顧客情報システム市場に変革がもたらされており、世界レベルの機能がこれまでにないほど利用しやすくなっています。ほかの公益事業者の実際のプロジェクトに関する見解を確認し、CISをクラウドに移行する際の重要な考慮事項についてのインサイトを得ましょう。

ウェブキャストを見る

業界別イノベーションラボ

Oracle Industriesのイノベーションラボでは、公益事業者の業務、カスタマ・エクスペリエンス、および最先端テクノロジに関する実際のモデリングを提供します。オラクルはこのラボに数百万ドルを投資することで、公益事業者が事業者固有のシナリオのカタログを使用したり、資料を確認したりして、新しいアイデアを想像、試行、およびテストする支援を行ってきました。

ラボについて確認する

Oracle Energy and Waterを使い始める


Oracle Energy and WaterのLinkedIn

Oracle Energy and Waterおよびパートナーと連携して、毎日の更新、トレンド、および情報を確認できます。


お問い合わせ

ご質問がある場合は、こちらの簡単なフォームをご利用ください。