該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした

プラットフォームおよびインフラストラクチャ・サービスのデータ・リージョン

デフォルト・データ・リージョン選択のガイドライン

  • Oracle Cloudサービスが使用可能な場所を調べるには、下の表を参照してください。
  • 目的のサービスを提供するデータ・リージョンのリストから、Oracle Cloudユーザーにもっとも近いリージョンを選択してください。
  • このページの一番下にある備考に目を通して、お客様の国にデータ・リージョン選択時の制限や追加のガイドラインがないかどうか確認してください。
  • 無償のOracle Cloudプロモーションは北米とEMEAのデータ・リージョンでのみ使用可能です。

Quickstartシェイプ

Quickstartシェイプ 最低料金 含まれる機能
Developer 1ユニット(500トランザクション)/時間

開発と評価にお薦めのスターター・シェイプです。

  • 1 Fabric-CAノード
  • 1 Kafka Ordererノードと1 Kafkaブローカ(ファウンダのみ)
  • 最大7ピア・ノード
  • 2TBのストレージ
  • 動的管理のチェーンコード実行コンテナ
  • 運用Web UIのコンソール・ノード
  • RESTful APIのRESTプロキシ・ノード
  • 認証とロール管理のためのIDCS統合
  • リージョン間でレプリケートされる構成およびブロックのオブジェクト・ストア・バックアップ
  • OCIロード・バランサとWeb firewall
  • オラクルによる運用管理および監視
Enterprise-X1 2ユニット(1,000トランザクション)/時間

高可用性インスタンス構成。パフォーマンス要件として1秒あたりトランザクション(TPS)で10単位、1桁のTPSが求められるファウンダ・インスタンスおよび参加者インスタンスの小~中規模のデプロイメントに適しています。

  • Fabric-CAノード2つをHA用の個別VM間で複製
  • Kafka Ordererノード2つをHA用の3 VM Kafka/Zookeperクラスタ間で複製(ファウンダのみ)
  • 個別VM間全体で最大14のピア・ノード
  • 4TBのストレージ
  • 分離されたVMに、動的管理のチェーンコード実行コンテナ
  • 運用Web UIのコンソール・ノードをHA用の個別VM間で複製
  • RESTful APIのRESTプロキシ・ノード4つをHA用の個別VM間で複製
  • 認証とロール管理のためのIDCS統合
  • リージョン間でレプリケートされる構成およびブロックのオブジェクト・ストア・バックアップ
  • OCIロード・バランサとWeb firewall
  • オラクルによる運用管理および監視
Enterprise-X4 8ユニット(4,000トランザクション)/時間

高可用性インスタンス構成。パフォーマンス要件として1秒あたり100単位のトランザクションが求められるファウンダ・インスタンスおよび参加者インスタンスの小~大規模のデプロイメントに適しています。上記のEnterprise-X1でリストしたコンポーネントと機能がすべて含まれますが、コンピュート容量は4倍になります。