該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

 

急上昇中の質問

明日のサプライ・チェーンを今日計画する

より良い成果を迅速に得て、ビジネスの課題や変化の一歩先を進むことができます。収益拡大やコスト削減の戦略をプロアクティブに考案し、全社で一貫して実行します。

Oracle Supply Chain Planning Cloud
収益性の改善

収益性の改善

サプライ・チェーンのプロセスを合理化して加速し、一貫して需要と供給のバランスを取ることで、在庫コストを削減しつつ可用性を引き上げます。

イノベーションの加速

イノベーションの加速

変化し続ける顧客のニーズを予測し、収益拡大戦略を創出したうえで、それを達成する計画を実行します。

ビジネス成果の形成

ビジネス成果の形成

異常の検出、将来的な状態の予測、根本原因の特定を通じてサプライ・チェーン上の問題に効果的に対応します。

サプライ・チェーンの将来の保証

サプライ・チェーンの将来の保証

自動化されたクラウド更新を通じて、最新の計画強化機能にすぐアクセスできます。

サプライ・チェーン計画の機能を見る

需要管理

すべて開く すべて閉じる

需要を検知し、可視性を強化

    複数の需要信号を管理

  • 社内、顧客、市場から発せられる信号をキャッチして、需要を総合的に把握します。
  • 需要を動的にセグメント化

  • ビジネス・ルールを使用して、共通の需要特性をもつセグメントに、品目と保管場所のグループを割り当てます。
  • 需要信号を分析

  • ビジネスKPIを視覚的に監視して、市況の変化を検出します。
  • ビジネス・インサイトを獲得

  • 計画に関する協議、決定、仮定を文書化して説明責任に備えます。

需要を予測し、変動性を管理

    正確な予測を生成

  • ベースライン、トレンド、季節性、原因予測などの要素をセグメントごとに評価します。
  • 組込みのインテリジェンスによって計画を強化

  • 機械学習を応用して、断続性、共直線性、異常、レベルシフト、価格変動、休暇、イベントなどを処理します。
  • 堅牢な需要計画を確立

  • 計画を調整して業務上の知識を取り込み、例外に対処します。
  • 受注構成製品を予測

  • 変更による影響のシミュレーションで予測をモデル化して継続率を計算し、顧客サービスを改善します。
  • 予測精度を測定して追跡

  • 予測誤差の根本原因を監視して診断し、需要セグメントごとに改善状況を追跡します。

インテリジェントに需要を形成し、業務目的を達成

    新製品を予測

  • 類似の製品から学習して、新製品の発表に備えます。新しいチャネル、顧客、地理を追加します。
  • 予測シナリオをシミュレート

  • 複数の予測シナリオをシミュレートして比較し、情報に基づく意思決定を強化します。
  • コラボレーションを通じて需要計画を同期

  • 組織横断的なチームとのコラボレーションを通じて需要と供給を計画することで、可用性を強化し即応性を引き上げます。

補充によって需要駆動型の在庫目標を満たす

    需要セグメントに合わせて在庫ポリシー計画を調整

  • 補充の要件が類似している品目保管場所のグループに対して在庫ポリシーのしきい値を割り当てて計算します。
  • 需要主導で補充を計算

  • 在庫しきい値の範囲で供給を維持するために必要な補充数量を時間単位で生成します。
  • 補充結果をシミュレート

  • 複数の在庫ポリシー・パラメータの効果を選択して比較し、パフォーマンスを強化します。
  • 計画を実行

  • 最新の需要、供給、ポリシーの設定に基づき、必要に応じて補充オーダーをリリースして実行します。
サプライ・チェーン計画の機能を見る

供給計画

すべて開く すべて閉じる

計画プロセスを統一

    意思決定を確実かつ迅速に

  • 需要リスクを特定し、供給に対する需要の影響を評価します。
  • 計画を統一してサイクル時間を短縮

  • 供給と在庫の計画にもトレンドの分析にも1つのアプリケーションを使用します。
  • グローバルな需要と供給のバランスをとる

  • サプライ・チェーン全体からの最新データに基づいて計画を見直し、不足および超過に対処します。
  • 企業のビジネス・セグメントを連携

  • 共通の供給ネットワークを利用して、ビジネス・セグメントごとの計画を一致させ、サービスのコスト、バッファの変動性、在庫切れを削減します。
  • 顧客へのコミットメントを尊重

  • 最新の供給能力に基づいて、未処理のオーダーを優先し、シミュレートして再スケジュールします。

サプライ・チェーン全体を計画

    サプライ・チェーン全体にわたって計画

  • 工場、流通センター、サプライヤー、契約メーカーの全体にわたって資材とキャパシティを管理します。
  • 制限付きの計画を策定

  • リード・タイムを短縮し、キャパシティの制約を軽減するために、代替のリソースや要素を自動的に選定します。
  • 生産とフルフィルメントの多様なニーズに対応

  • プロセス生産、個別生産、受注構成生産、委託生産と直送および連続のフルフィルメントについて計画します。

供給上の問題を監視

    計画全体のパフォーマンスを分析

  • 収益、マージン、在庫回転率、その他のメトリックについて、ひと目でわかる集計と詳細なサマリーを取得できます。
  • 根本原因を診断

  • ガイド付きナビゲーションに従って詳細データにドリルダウンし、問題の因果関係を分析します。
  • アドホックの質問に答える

  • 分析を簡単に構成して問題を視覚化し、例外をはっきりさせて、重要な点にフォーカスします。

変化に対応

    クリティカルな問題に対する解決策をシミュレート

  • 需要と供給、キャパシティ、品目構造の変化による影響をシミュレートして、業務の中断を防ぎます。
  • 計画の変更を特定

  • 内外の関係者と協力して、計画の変更を見直します。
  • 新しい計画をすぐに実行

  • すぐに構築できるオーダーを実行し、購入および転送の推奨事項をリリースします。
  • オーダー・バックログを効率的に管理

  • 需要の急増によるコストを最小限に抑えつつ最大限の出荷に努め、収益目標も達成します。
サプライ・チェーン計画の機能を見る

営業&オペレーション計画

すべて開く すべて閉じる

全社の一貫性

    ベスト・プラクティスを採用

  • 組込みの統合型ビジネス計画プロセスを活用します。
  • 集合知を有効に活用

  • 統合型のソーシャル・ネットワークとオンラインで協力します。
  • 合意を形成

  • 関係者からの意見、フィードバック、承認を管理します。

パフォーマンスを分析

    追跡を継続

  • パーソナライズされたダッシュボード、レイアウト、重要業績評価指標(KPI)からインサイトを獲得します。
  • 収益拡大戦略を創出

  • 財務目標を達成できる機会を探ります。
  • 意思決定に伴うトレードオフを分析

  • 新しい計画と既存の計画を比較して評価します。

合意した計画に沿って実行

    総計レベルでのキャパシティを計画

  • 新たな投資を進める前に、現在のキャパシティの最適な利用率を確認します。
  • 変更をシミュレート

  • 迅速なインライン・シミュレーションを実行します。
  • 計画を実行

  • 営業およびオペレーションに関する計画の決定を、戦術計画と実行にまで推し進めます。
SCMの成功事例

顧客事例

LiDestriのロゴ

LiDestri、予測を改善して在庫とむだを削減

 

LiDestri

LiDestri Food and Drinkは、Oracle Demand Management Cloudによって予測精度を改善し、必要な在庫を大幅に減らして食品のむだを削減しました。同社CIOのJohn Matrachisia氏が、その経緯とサプライ・チェーンの仕組みについて語ります。

Srixon/Cleveland Golfのロゴ

Srixon/Cleveland Golf、SCMでオンタイム出荷を推進

 

Srixon/Cleveland Golf

Srixon/Cleveland GolfのDirector of IT、Charles Chamberlain氏が語るように、同社ではカスタマイズ製品によって業務が複雑になっています。氏のチームは、どのようにOracle Global Order Promisingを使い、需要と供給のバランスを取ってオンタイム出荷を推進したのでしょうか。

ResMedのロゴ

ResMed、Oracle SCM Planningで顧客サービスを改善

 

ResMed

ResMedのGlobal Demand Managerを務めるPhillip Brown氏が、Oracle Demand Management Cloudによって顧客サービスを改善した過程を語ります。

トレンド

サプライ・チェーン計画の新機能

価格

毎月のサブスクリプションに含まれる内容を見る

Oracle Demand Management Cloud

ユーザー/月1

  • 需要検知
  • 需要形成
  • 高度な予測モデリング
  • コラボレーションによる予測
  • 構成製品のための予測

Oracle Sales and Operations Planning Cloud

ユーザー/月1

  • 統合されたビジネス計画レビュー用ダッシュボード
  • ベスト・プラクティスのS&OPプロセス
  • 全社的な連携と合意
  • 容量計画を集約
  • What-ifシミュレーション
  • 構成可能なUXと分析機能

Oracle Supply Planning Cloud

ユーザー/月1

  • グローバルなサプライ・チェーン計画
  • 安全在庫計画
  • 計画の詳細な分析とシミュレーション
  • 構成製品のためのプランニング
  • 社内製造と委託製造のためのプランニング
  • 構成可能なUXと分析機能

Oracle Supply Chain Planning Suite Cloud—Hosted Employee

従業員/月2

  • Oracle Demand Management Cloud、Oracle Sales and Operations Planning Cloud、Oracle Supply Chain Planning Cloudの機能がすべて含まれる
  • Oracle Supply Chain Collaboration Cloudにもアクセス可能
  1. 必要な最小要件は10ユーザーです。
  2. 必要な最小要件は1,000従業員です。