Integrated Business Planning and Execution

Oracle Integrated Business Planning and Executionにより、製造会社は、長期、中期、短期のパフォーマンス目標達成を可能にするエンドツーエンドの計画機能を利用できます。オラクルのソリューションは、Internet of Things(IoT)や人工知能(AI)、規範的分析を使用して、計画を実行に移します。将来のシナリオのwhat- if分析を提供し、代替策を評価して、企業のビジネス目標を維持または改善します。その情報を組み込んだ新しい計画が生成されると、Integrated Business Planning and Executionは、エンタープライズ実行システムを使用して計画を実行に移します。

Oracle Integrated Business Planning and Executionソリューションのデモを見る(3: 58)

チーム・メンバーがIntegrated Business Planning and Executionについてご案内します。

Integrated Business Planning and Executionの利点

計画と実行を統合して、ビジネスの遅延を排除

Integrated Business Planning and Executionは、エンドツーエンドの統合ビジネス計画(IBP)および実行を提供する、市場初のソリューション・アーキテクチャです。オラクルのソリューションは、セールス・アンド・オペレーションズ・プランニングと高度なテクノロジー(IoT、AI、規範的分析)を組み合わせて、リアルタイムの計画実行を監視します。将来の改善機会を検出し、IBPと実行がサイロ化された従来のプロセスでは失われていたビジネス価値を最小限に抑えます。

組織全体にわたる可視性の向上

Integrated Business Planning and Executionでは、統合データ・モデルを使用して、すべての参加者に単一のビューが提供されます。また、高度な分析を使用して各事業部門のビジネス成果の予測を提供し、ビジネスの複雑さを取り除き、マネージャーがタイムリーで適切な意思決定を下すことができるようにします。

複数の計画を単一のハブに統合

オラクルのソリューションは、長期的な戦略計画、戦略的モデリング、合併と買収、財務、プロジェクト、資本、従業員計画、セールス・アンド・オペレーションズ・プランニング、サプライチェーン計画を可能にします。

Juniper、デジタル・サプライチェーンの導入により1,500万ドルを節約

Juniper Networks、Oracle Cloudでコネクテッド・プランニングを活用

Juniperのビジョンは、統合ビジネス計画(IBP)でデジタル・サプライチェーンを導入することでした。IBPとは、事業計画プロセスがセールス・アンド・オペレーションズ・プランニング(S&OP)の原則をサプライチェーン、製品および顧客ポートフォリオ、顧客需要と戦略的プランニング全体に拡張し、補助的ビジネス・プロセスを備えた1つのシームレスな管理システムを実現するものです。Oracle Cloudに移行してから、Juniper Networkのリード・タイムの達成率は55%向上し、在庫原価は15%減少しました。これは、移行のために投資した額の3.5倍を回収したことになります。

Integrated Business Planning and Execution関連製品

未来に対応するサプライチェーンを今すぐ実現

最新のサプライチェーンは静かで安定したものではありません。インターネット経由で届く顧客の声や、生産モニタリングやアセット・モニタリングによって得られる工場の声、あるいは製品そのものの声など、デジタル・フィードバックはあらゆるところから送られてきます。

俊敏性とインサイトを獲得して効率を上げる

Oracle Fusion Cloud Enterprise Performance Management(EPM)は、唯一の包括的なコネクテッドEPMソリューションです。業界のベストプラクティス、機能、ユーザビリティなど、Cloud EPMが提供する構成の自由度が高いビジネス・プロセスを採用し、戦略と実行を一致させましょう。

隠れた利益とコストを発見するインサイト

コストと収益性をより深く理解して、リソースをより効果的に割り当てます。

分析の改革

情報を分析し、情報に基づいて行動する方法を簡素化すれば、インサイトを組織全体に拡大できます。

Integrated Business Planning and Executionのリソース

Integrated Business Planning and Execution: 概要と主な機能

この文書では、Oracle Integrated Business Planning and Executionの主な機能について概要を説明します。Oracleは、経営管理ソリューション(EPM)とサプライチェーン計画(SCP)に関して業界をリードする機能と、IoT、AI、規範的分析とを組み合わせることで、グローバル・メーカーの厳しいニーズに対応できる包括的な統合事業計画(IBP)および実行ソリューションを提供します。

資料を読む: Integrated Business Planning and Execution: 概要と主な機能(PDF)

統合ビジネス計画および実行を妨げる5種類のビジネスの遅延

コンサルティング会社McKinseyの最近の調査によれば、「自組織が意思決定に優れていると回答したのは 回答者の20%のみで、過半数の回答者が意思決定に費やしている時間の多くが非効率的に使われている」と述べています。

ブログを読む: 統合ビジネス計画および実行を妨げる5種類のビジネスの遅延

テクノロジーの活用によりビジネス上の意思決定の遅れを減らす

今、世界中の企業は、業績に影響を与える可能性がある予期せぬイベントを常に警戒している必要があります。そんな中、遅延を減らすことでビジネス上の意思決定プロセスの価値を高めるさまざまな高度なテクノロジーが登場しています。テクノロジーへの投資によって遅延を減らせる主な分野として、予測、検出、関連性、適応、アクションなどがあります。各分野において遅延を減らせば、ビジネスに違いを生むことができます。

ブログを読む: テクノロジーの活用によりビジネス上の意思決定の遅れを減らす

統合ビジネス計画と製造業の変革におけるその役割

Frost & Sullivanは最近、業界のソート・リーダーであるGE、Juniper、オラクルとともに、ビジネス計画に関する仮想シンク・タンクを実施しました。この文書では、これらの企業が計画サイクル中に直面している重要な問題をまとめ、統合ビジネス計画(IBP)フレームワークの戦略的重要性について掘り下げています。

アナリストの論説を読む: 統合ビジネス計画と製造業の変革におけるその役割(PDF)

革新的なエンドツーエンド・プランニング・ソリューションによる財務とサプライチェーンの連携

統合ビジネス計画(IBP)ソリューションは、財務計画と業務計画を連携させ、企業目標を達成するために最善の意思決定を行うのに役立ちます。コンセンサス運用計画を作成し、主要業績指標を継続的に監視することで、戦略的な意思決定を行い、事業計画が財務目標の達成に有効であることを確認できます。

ブログを読む: 革新的なエンドツーエンド・プランニング・ソリューションによる財務とサプライチェーンの連携