該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

 

急上昇中の質問

Oracle Cloud Infrastructure Registry(OCIR)に関するよくある質問

よくある質問

すべて開く すべて閉じる

    全般的な質問

  • OCIRとは何ですか。

    OCIR(Oracle Cloud Infrastructure Registry)は、Docker v2互換のDockerイメージ・レジストリです。

  • どのようなときにOCIRを使用すればよいですか。

    OCIRは、コンテナ化されたアプリケーション(Container Engine for Kubernetesを使用して展開するアプリケーションなど)で使用するDockerイメージを保存するのに最適です。

  • OCIRの使用を開始するにはどうすればよいですか。

    簡単です。ユーザー設定で認証トークンを作成し、Docker CLIでログインするだけです。レジストリに関するドキュメントを参照してください。

    技術的な質問

  • us-phoenix-1.oraclecloud.comに対してphx.ocir.ioなど、OCIRで使用されるリージョン名/リージョナルURLが他のOracle Cloud Infrastructureと異なるのはなぜですか。

    Dockerユーザーは、短縮URLを使用してイメージをプッシュおよびプルすることに慣れています。他のクラウド・プロバイダでも短縮URLが使用されています。オラクルもOCIRの使用方法をこれらのユーザーの期待に沿うようにしました。

  • OCIRの各リージョナル・インスタンスはそれぞれ異なりますか。

    はい。各リージョナル・インスタンスはそれぞれ異なります。それぞれと別々に通信する必要があります。ベスト・プラクティスは、コンテナを展開する場所に最も近いリージョナル・インスタンスを使用することです。

  • リージョナルURLとは何ですか。

    リージョナルURLは、近くの空港コード(phx.ocir.io、iad.ocir.io、lhr.ocir.io、fra.ocir.io)と一致します。

  • イメージをプッシュまたはプルするときにイメージへの完全なパスを使用する必要がありますか。

    はい。指定された形式(.ocir.io///:tag)でパス全体を指定する必要があります(例:phx.ocir.io/tenancy-foo/project01/nginx:latest)。

  • OCIRでコンパートメントが使用されないのはなぜですか。

    Dockerユーザーは、コンテナ・レジストリについてリポジトリベースの構造に慣れています。管理者は、特定のリポジトリ・パスに対する読み取り専用(プルのみ)およびプッシュ/プルの両方のアクセスを制限できます。コンパートメントを追加すると、この単純な概念が不必要に複雑になってしまいます。

  • OCIRの制限(クォータ)はどのくらいですか。それはリージョナルな制限ですか、それともグローバルな制限ですか。

    クォータは、リージョンあたり合計500リポジトリで、リポジトリあたり500イメージです。

  • リポジトリを公開できますか。

    はい。テナンシの管理者は、任意のリポジトリを公開できます。公開すると、イメージへの完全なパスを持っているユーザーは、認証を必要とせずにイメージをプルできます。ユーザーはイメージをプルできるだけで、Oracle Cloud Infrastructureコンソール・ページを表示することはできないことに注意してください。

  • CI/CDプロセスの一環として1日に大量のイメージをプッシュする必要があるのですが、古いイメージの乱雑さを解消する機能はありますか。

    はい。自動クリーンアップ機能で保持ポリシーを設定することができます。たとえば、イメージがx日以内にプルされない場合、自動的に削除されます。

  • テナンシの外部の人がリポジトリの1つからイメージをプルできるように、サービス・アカウントを作成できますか。

    はい。そのサービス・アカウントにユーザーと「認証トークン」(以前のSwiftパスワード)を作成します。これらは、いつでも取り消すことができます。ポリシー(特定のリポジトリ・パスに制限した読み取り専用など)を介して、お客様の使用事例をサポートするグループにそのユーザーを追加します。リポジトリ・アクセスを制御するポリシーに関するドキュメントを参照してください。

開始する