申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

Oracle B2B Commerce

Oracle B2B Commerceは、顧客が好むすべてのチャネルでセルフサービスの完全なeコマース・エクスペリエンスを提供します。この統一されたデジタル・コマース・ソリューションは、B2B販売の複雑な要求を満たし、オンラインビジネスを費用効果の高い方法で拡張します。

Oracle Cloud CX Virtual Summit

オラクルが2022年のForrester Wave for B2B Commerce Solutionsでリーダーに選出される

B2Bコマースの必須の戦略(PDF)B2Bコマースの必須の戦略(PDF)

購入者中心のコマース戦略によって、複雑な課題に取り組み、成長機会を活用する方法をご覧ください。

Oracle B2B Commerceの詳細

B2B購入者向けに設計されたセルフサービス

優れたカスタマー・エクスペリエンスを生み出し、きわめて複雑な要件をサポートします。契約価格、顧客カタログ、承認ワークフロー、マルチレベル組織、パンチアウトなどのB2Bのeコマース要件をサポートしながら、最新のB2Cレベルのカスタマー・エクスペリエンスを提供します。

カスタムカタログと価格設定

アカウントベースの営業、契約ベースのカタログと価格設定、カスタム支払いオプションのネイティブサポートによって、eコマース体験を個々のユーザーとその組織に合わせてカスタマイズします。

アカウントの階層と権限

ビジネス要件を管理下に置いたまま、販売効率を高めるフレームワークを作成します。

承認ワークフロー

承認プロセスを簡素化し、個々の顧客に固有のニーズや期待に基づいて必要なワークフロー、ルール、要件を効率化して、取引を迅速に成立させます。

パンチアウトと調達

自社の商品やサービスへの顧客のアクセス性を向上するため、Oracle Commerceのパンチアウト機能を使用して顧客独自の調達システムから商品を注文できるようにします。


簡素化されたサイトとエクスペリエンス管理

IT部門の手を借りずに新しいエクスペリエンスを構築できる柔軟性と制御を備えています。新しい機能を迅速に導入して利用できるクラウドベースのeコマース・ソリューションを使用して、ビジネス・ユーザーがコーディング不要のドラッグアンドドロップ・インターフェイスによってサイトとエクスペリエンスを管理できます。

クラウドネイティブeコマース・ソリューション

常に最新のソリューションを利用できます。オラクルのクラウドネイティブeコマース・ソリューションによって、手動でのアップグレードとバージョン管理は不要です。下位互換性を維持しながら継続的なバグ修正とパフォーマンス向上の利点を享受でき、独自に行ったすべてのカスタマイズの整合性が確保されます。

エクスペリエンス管理

レイアウトおよびウィジェット・フレームワークを含むDesign Studioのドラッグアンドドロップ・インターフェイスを使用して動的エクスペリエンスを迅速で簡単に作成し、独自のニーズに基づいてエクスペリエンスをキュレーションします。20以上のデフォルトのページ・レイアウトと70以上のウィジェットから選択するか、独自のテンプレート、レイアウトおよび再利用可能なウィジェットを作成します。

直感的なeコマースツール

変化に迅速に対応するために必要な管理制御をチームに与えます。ビジネス・ユーザーは製品カタログ、価格、在庫、およびプロモーションを制御できる非技術的なツールでネットショップを運営できます。

ネイティブeコマース機能

ガイド付き検索およびナビゲーション、マーチャンダイジング、パーソナライズ、プロモーションなどのネイティブ機能を使用して、購入者ごとにカスタマー・エクスペリエンス(CX)を動的にキュレーションします。


ビジネスクリティカルな統合

顧客および企業データの価値を継続的に高める統合を通じて購入プロセスを効率化し、収益と顧客生涯価値(CLV)を向上します。

顧客関係管理(CRM)スイート

B2BマーケティングセールスB2Bカスタマー・サービスをサポートする幅広いCRMソリューションを使用して1つのカスタマー・ビューを作成し、購入と所有の全過程にわたる正確で一貫性のあるエンゲージメントを確立します。

Configure, Price, Quote(CPQ)

Oracle CommerceをOracle Configure, Price, Quoteと統合して、営業コストを削減し、セールス・プロセスを加速します。構成可能な製品、複雑なバンドル、アセットベースの注文をオンライン化します。同時に、セルフサービスの見積もりと購入をサポートし、よりコストのかかる販売チャネルへのエスカレーションを防ぎます。

サブスクリプション管理

新しい消費および価格モデルを有効にして、反復的な関係を拡大し、予測可能な収益を引き出します。Oracle Subscription Managementを使用すると、顧客が好みの方法で製品やサービスを消費できます。

ERPとサプライチェーン・マネジメント(SCM)

CRMシステムとバックオフィス・システムをリンクして、顧客のライフサイクル全体でカスタマー・エンゲージメントを向上します。ERPサプライチェーン・システムなど、主要な記録システムに保存されている顧客、製品、価格、在庫データをCRMシステムに取り込み、顧客ニーズの理解を深めてニーズに応じたサービスを提供します。


いつでも成長できる状態

現在の課題に取り組み、明日の機会を活用してください。Oracle Commerceには、eコマースのエクスペリエンスを新しい場所に導き、新しい顧客にリーチして収益を拡大できる柔軟性があります。可能性は無限です。

APIファーストのデジタル・コマース

ヘッドレスeコマース開発機能によってCXを拡張、カスタマイズ、革新します。デジタル・コマースをAR/VR、音声、モノのインターネット(IoT)などの任意のカスタマー・タッチポイントに統合します。

直販モデルと卸売モデルの統合

統合されたプラットフォームで、B2Bと消費者直販(B2C)のeコマースモデルを1つのサブスクリプション料金で管理します。既存のインフラストラクチャ、アセット、製品情報を活用して各サイトのエクスペリエンスをカスタマイズする新しいレベルの柔軟性を獲得できます。

拡張用の再利用可能なコンポーネント

既存の投資を使用して、新しいブランド、製品、地域のサイトを簡単に立ち上げます。Oracle Commerceは、40以上の言語と60種類の通貨をサポートしており、世界中のさまざまな地域でお客様のビジネスチャンスを支援します。


Oracle B2B Commerceのお客様事例

お客様事例をさらに表示

B2Bビジネスを展開している多くの業界のお客様が、Oracle Commerceを使用して営業活動の改善や拡大を図っています。

主要な利点 - デジタル・コマース

Oracle Commerceでビジネスを拡大し、ブランドを構築

Oracle Fusion Cloud Commerceを使用すると、顧客のためにさらなるB2B購入オプションを提供し、チームにとってシンプルなユーザー・インターフェイスを維持できます。

B2Bのeコマースの未来を決定付ける戦略について

優れたB2B購入エクスペリエンスの作成方法を見る

信頼できるクラウド・インフラストラクチャで運用

最新のツールで、迅速に実験できます。開発チームは、完全なキュレーション・サイト・エクスペリエンスを構築し、オープンAPI、マイクロサービス、およびヘッドレス・コマースへの柔軟なアプローチによって、無限のタッチポイント・ポイントを通じてさらに拡張できます。

信頼できるインフラストラクチャで運用

必要なときにそこにある、頼れるシステムを導入します。オラクルのGen 2クラウド・インフラストラクチャを使用したOracle Commerceは、独自の高可用性アーキテクチャで動作し、Webトラフィックを複数のデータセンターに分散して、Webサイト停止の可能性を最小限に抑えます。

動画: Oracle CPQ Cloudでは、AirBornがハードウェアではなく構成に集中(0:48)

B2Bビジネスの進展に応じて拡大

ビジネスニーズの変化に応じて、販売方法を進化させます。サブスクリプション価格モデルとサブスクリプション管理複雑な構成可能製品、新しいブランド、地域、タッチポイント(消費者直販(B2C)eコマースを含む)をサポートするために迅速に拡張できます。

オラクルは2021年のParadigm B2B CombineでB2Bコマース向けの絶対的基準を設定

2022年5月26日

ヘッドレスコマースとは何か、そしてそれが企業に適しているかどうか

Oracle Advertising and CX担当プリンシパル・プロダクト・マネージャー、Shad Stalians

デジタル・コマース・テクノロジーにおいて最も議論されているトレンドのひとつが、eコマース・エクスペリエンスにヘッドレス・アーキテクチャを使用するというアイデアです。しかし、ヘッドレスになるとは実際にどういうことなのでしょうか。そのメリットと課題は何でしょうか。

ブログを読む

注目のブログ

すべて表示する

リソース

クラウドの準備

ベストプラクティスとリソース

Advertising and CX製品を最大限に活用する際に役立つベストプラクティスと有用なリソースをご覧ください。新しいお客様の場合でも、実装を最適化または拡張する方法を探している場合でも、必要なものを見つけることができます。

ドキュメント

ドキュメント

オラクルはOracle Commerce(Oracle B2B Commerceを含む)の詳細を学ぶことができるさまざまなドキュメント、動画、およびチュートリアルを提供しています。これらすべてのリソースは、オラクル・ヘルプセンターでご覧いただけます。

追加のドキュメントとチュートリアル

クラウドについて学習する

CXスキルの開発

Oracle Universityでは、クラウドスキルの構築、専門知識の確認、導入の促進に役立つさまざまな学習ソリューションを提供しています。組織の成功を確実なものとする信頼性の高いトレーニングと認定の詳細をご覧ください。

顧客コミュニティ

Cloud Customer Connect

Cloud Customer Connectはオラクルの主要なオンライン・クラウド・コミュニティです。このコミュニティは、ピアコラボレーションやベスト・プラクティスの共有ができるように設計されており、オラクルの製品戦略に追随するために必要なツールをメンバーに提供します。また、メンバーはセールスクラウド、マーケティング・クラウド、サービスクラウドのソリューションに関するフィードバックをオラクルの開発部門に直接提供することもできます。

CX Cloud Marketplace

Oracle Cloud Marketplace

革新的なパートナー・アプリケーションやサービスによってイノベーションを促進しましょう。セールスクラウド、サービスクラウド、マーケティング・クラウドのアプリケーションを含むOracle Cloud Marketplaceの包括的なリストから、目的に応じたアプリケーションをお探しください。

コンサルティングおよびパートナーサービス

eコマースのベスト・プラクティス

eコマースのベスト・プラクティス

本質的に、eコマースとは製品やサービスをオンラインで売買することです。eコマースの顧客は、パソコンからだけでなく、スマートフォン、ウェアラブル・テクノロジー、タブレット、さまざまなデジタル・アシスタントや音声アシスタントといったパソコン以外の接続デバイスからも商品を購入します。eコマースは企業対消費者(B2C)および企業間(B2B)の両方の分野で好調です。このため、セールス・フットプリントを拡大して顧客に繰り返し利用していただくeコマース・ビジネスを構築するには、すべての商品や部品を統合する必要があります。このため、ベスト・プラクティスを把握しておくことをお勧めします。

関連コンテンツ:

Oracle Configure, Price, Quote

収益の向上とセールス・プロセスの効率化

Oracle ERP

エンタープライズ・リソース・プランニング

Oracle CX for High Tech, Manufacturing, and Automotive

コネクテッド・データ、360度のカスタマー・ビュー、売上の向上

Oracle Subscription Management

サブスクリプションのライフサイクル管理