該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした

Database Security

包括的な多層防御

Oracle Database 19cは、データ駆動型セキュリティによるデータベース内のリスクの評価、不正なデータ開示の防止、データベース・アクティビティの検出と報告、データ・アクセス制御の適用の管理など、多層セキュリティを提供します。オンラインとオフラインのテーブルスペース移行オプションなどの機能は、暗号化を展開しながら柔軟性を実現します。また、データベース権限分析はアプリケーションの攻撃対象領域を減らすのに役立ちます。Oracle Linux with Oracle Kspliceのゼロダウンタイム・アップデートを使用することで、重大なオペレーティング・システムのバグ、およびセキュリティの脆弱性にデータベースの機能停止を招くことなくパッチを適用することができ、データの利用可能を保持し、あらゆる脅威から安全に保護できます。Oracle Key VaultとOracle Audit Vault and Database Firewallを組み合わせることで、Oracle Database 19cはこれまでにない多層防御機能を提供し、組織がセキュリティおよびコンプライアンスに関する既存の要件や新しい要件に対処できるようにします。

Database Security Office Hours - Second Thursday of Most Months

Database Security Office Hours - Second Thursday of Most Months

ビデオ:データベース・ハッカーの心の内側

ビデオ - 包括的なセキュリティの紹介