Oracle Secure Global Desktop

セキュアなクラウド・アクセス

今日のユーザーがどこにいてもどんなデバイスでも作業できることを望んでいるのに対し、ITリーダーは企業の資産を確実に保護したいと考えています。Oracle Secure Global Desktopを使用すると、ユーザーはほぼどこからでもどんなデバイスからでも安全に作業できるようになり、管理者はアプリケーションやデスクトップ環境に対するアクセス制御に必要なツールが手に入ります。

Oracle Secure Global Desktop screenshot

Oracle Secure Global Desktop

詳細情報

  • 製品概要
  • 技術仕様
ワークフォース全体でのセキュアなアプリケーション・アクセス
  • サーバー・ホスティング型アプリケーションとデスクトップへのセキュアなリモートアクセス
  • WebベースのOracleアプリケーション、Windowsアプリケーション、メインフレームとミッドレンジ・アプリケーション、WindowsとLinuxのデスクトップなど、多種多様なアプリケーション・プラットフォームおよびデスクトップをサポート
  • Linux、Solaris、WindowsおよびMac OS Xコンピュータ、Apple iPadタブレット、Androidデバイスからのアクセス
  • WebベースのOracleアプリケーションとOracle Exalogic Elastic Cloudで動作保証済み
  • Windows、Oracle Solaris、Linux、HP-UX、AIX、AS/400、メインフレーム・サーバーで実行されているアプリケーションをサポート
  • セキュア・リモート・アクセス・ソリューション
  • ユーザーに有効、IT部門に最適
  • ブラウザを使用してLANまたはWAN経由ですばやく簡単にアクセス
  • SGDゲートウェイにより、IPv6をサポートし、ファイアウォール経由のセキュアで便利なアクセスを実現
  • さまざまなデバイスや場所にわたってセッションを一時停止、再開
  • 強力な認証、セキュアな接続、制御されたアクセス
  • Oracle Access Managerとのシングル・サインオン統合により、ログインとパスワード管理を簡素化
  • Oracle Enterprise Managerにより、マルチサーバー・デプロイメントのモニタリングを一元化
  • 特定のアプリケーションをダウンロードして構成、保守する必要性を排除
  • データセンターへのセキュア・アクセスを実現 - 組込みのセキュア・ゲートウェイを使用することでVPNが不要に
  • Windows、MacOS、LinuxとiOS、Androidのタブレットをサポート
Provide Services Anywhere, Anytime
Catholic Education South Australia (CESA) logo
いつでもどこでもサービスを提供

Catholic Education South Australia (CESA)では、Oracle Secure Global Desktopを利用して、学生がほぼどこからでもアプリケーションやデータにアクセスできるようにしています。

その他の資料

Oracle’s Virtualization Blog: Oracle Secure Global Desktop
Oracle’s Virtualization Blog: Oracle Secure Global Desktop

オラクルの仮想化とOracle Secure Global Desktopに関する最新のニュース、イベント、解説をお届けします。

Deployment Considerations for Oracle Secure Global Desktop
Oracle Secure Global Desktopのデプロイメントに関する考慮事項

ビジネスとIT両面のニーズを満たすアプリケーション・デプロイメント戦略の計画方法を解説します。

Provision and Access Oracle Cloud Infrastructure
Oracle Cloud Infrastructureのプロビジョニングとアクセス

Oracle Secure Global Desktopを使用して、Oracle Cloud Infrastructure (OCI)のVMシリアル・コンソールへのアクセスを管理する方法を解説します。

お問い合わせ

お問い合わせ

エキスパートがお手伝いいたします

トピック別にサインアップ