Oracle Utilities Marketing for Outbound Communications

Increase customer engagement by sending targeted and personalized messages that meet your customers’ needs in the channels they prefer. Drive program engagement, improve efficiency, and reduce contact center calls using a single platform to automate all transactional and service communications at scale.

Oracle Utilities Customer Experienceがどのように役立つかをご確認ください。

Utilities Outbound Communications

顧客のエンゲージメントと満足度を高めることができます。重要なタイミングで、顧客が選択したチャネルを使用して顧客エンゲージメントを獲得します。顧客の処理にリアルタイムで対応する動作ベースのトリガーを使用して、トランザクションおよびサービスに関するすべてのアウトバウンド・コミュニケーションの提供を自動化します。

マルチチャネル・コミュニケーションを通じてサービス通知と顧客満足度を向上

単一のプラットフォームを使用して、Eメール、SMS、プッシュ、Webなど、顧客が希望するチャネルを使用して、顧客エンゲージメントを促進できます。一貫したブランド・エクスペリエンスを実現するとともに、サービスチームがチャネル全体の顧客エンゲージメントを確認できるようにします。




すべての顧客データを使用して、顧客に通知をプロアクティブに送信

使いやすいインタフェースを使用することで、顧客セグメントの定義、ターゲティング・トリガーの追跡、フィルタリング、および作成、顧客プロファイルの構築が可能になります。顧客の使用量、統計、および天候に関するデータをセグメントに適用することで、顧客に最も関連性の高い料金またはエネルギー効率の提案を行うことができます。Oracle Utilities Opowerを活用して、顧客セグメントを絞り込み、消費パターンや可能な節約に関するインサイトを提示して顧客エンゲージメントを促進しましょう。


単一のソリューションですべてのアウトバウンド・コミュニケーションを管理

プロアクティブなサービス通知により、プログラムの登録を促進し、収集結果を改善し、コンタクトセンターへの問い合わせ数を低減できます。また、各受信者のプリファレンス、場所、その他の属性に対応する動的なキャンペーンを作成できます。ドラッグアンドドロップ方式のテンプレートデザイナと再利用可能なコンテンツルールを利用して、複数のキャンペーンを迅速に構築して管理しましょう。スクリプトやコードは不要です。顧客の行動にリアルタイムで対応する自動コミュニケーション・ワークフローを使用することで、メッセージを必要なときに必要な場所に届けることができます。


優れた分析により、開封率と顧客満足度を向上

コミュニケーションとマーケティング・キャンペーンのパフォーマンスについての高度なインサイトとリアルタイムの分析により、顧客エンゲージメントを高めます。チャネルおよびメトリック全体でパフォーマンス・ドライバを分析し、配信結果や開封率を追跡して、コミュニケーション戦略を最適化しましょう。


CISからのインサイトにより、適切なタイミングで適切なオーディエンスにリーチ

CIS統合を利用することで、トランザクションおよびサービスに関するリアルタイムで自動化された通知(請求支払やサービス開始確認など)をトリガーできます。また、使用量や需要場所のデータなど、CISのデータ属性を使用して顧客セグメントを作成できます。顧客とのコミュニケーションにエージェントの見解を含めることもできるようになります。


料金に関する知識を提供することによって、Evergyの顧客エンゲージメントが2倍に

Evergyでは、2年間にわたって公益事業のCISの最適化に取り組んだ結果、素晴らしい成果を達成しています。その取り組みの一貫として、Evergyのすべての顧客が自身のエネルギー使用量と料金を把握する(さらに使用量に応じて行動する)ことを可能にする、一連のオプションを提供しています。

Outbound Communicationsを利用するメリット

01すべてのコミュニケーションで単一のプラットフォームを利用できる

統合プラットフォーム上のトランザクション、サービス、およびマーケティングに関するすべてのコミュニケーションをオーケストレートおよび追跡することで、効率性を高め、コストを削減し、タッチポイント全体で一貫性を確保します。

02顧客が選択したチャネルで対応できる

Eメール、SMS、プッシュ、アプリケーション、パブリック・アプリケーション(WhatsAappやFacebookなど)など、顧客が希望するチャネルを使って一貫して顧客にコンタクトできます。

03適切なタイミングで、パーソナライズされたアクション可能なメッセージを配信できる

リアルタイムのトリガーを使用して、パーソナライズされたターゲットメッセージを送信して顧客にコンタクトすることで、適切なタイミングでプロアクティブなコミュニケーションを実現し、インバウンドコール数やコンタクトセンターのコストを削減できます。

04アウトバウンド・コミュニケーションを自動化してスケーリングできる

迅速で簡単かつ低コストに作成、レプリケート、スケーリングを行うことができる動的なキャンペーンを作成して自動化します。

公益事業に関する顧客体験について覚えておくべき3つのこと

オラクル、製品マーケティング担当シニアディレクタ、Caitlin Aburrow

公益事業者は変革を行い、付加価値のある顧客体験のための取り組みを実施して、他の業界に劣らない顧客体験の提供を目指す必要があります。公益事業の顧客体験について考える場合は、これらの3つの事項を考慮する必要があります。

全文を読む

その他のブログ記事

Utilitiesの投稿をすべて表示する

その他のリソースを探す

ドキュメント・ライブラリ

オラクルは、Oracle Cloud Applicationsおよび顧客体験(CX)についてさらに学習するのに役立つ、幅広いドキュメント、ビデオ、およびチュートリアルを提供しています。Oracle Help Centerで、これらのリソースとその他のさまざまなリソースを参照できます。

ドキュメントを参照する

Oracle University

トレーニングを受講して、認定を受けることができます。Oracle Universityでは、CXアプリケーションを実装、構成、管理、および使用するためのスキルを高めることができます。トレーニングは、選択した形式で提供されます。どのようなCX認定を取得できるかをご確認ください。

Oracle Universityの詳細

Oracle Energy and Waterを使い始める


Oracle Energy and WaterのLinkedIn

Oracle Energy and Waterおよびパートナーと連携して、毎日の更新、トレンド、および情報を確認できます。


お問い合わせ

ご質問がある場合は、こちらの簡単なフォームをご利用ください。