該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした

プラットフォームおよびインフラストラクチャ・サービスのデータ・リージョン

デフォルト・データ・リージョン選択のガイドライン

  • Oracle Cloudサービスが使用可能な場所を調べるには、下の表を参照してください。
  • 目的のサービスを提供するデータ・リージョンのリストから、Oracle Cloudユーザーにもっとも近いリージョンを選択してください。
  • このページの一番下にある備考に目を通して、お客様の国にデータ・リージョン選択時の制限や追加のガイドラインがないかどうか確認してください。
  • 無償のOracle Cloudプロモーションは北米とEMEAのデータ・リージョンでのみ使用可能です。

よくある質問

すべて開く すべて閉じる

    Java Cloud Serviceの選択

  • Java Cloud Serviceとは何ですか?

    Java Cloud Serviceは、Javaのビジネス・アプリケーションをクラウドで開発およびデプロイできるエンタープライズ・グレードのプラットフォームを提供します。Java Cloud Serviceでは、Java EEアプリケーションをサポートするクラウド環境にすぐにアクセスして、最大限の生産性を発揮でき、統合されたセキュリティとデータベース・アクセスも完備されているうえにOracle WebLogic Serverを利用できます。

  • Java Cloud Serviceの各サービスは、どのように選択すればいいのでしょうか?

    Java Cloud Serviceには、広く2つのユースケースを想定した2つのサービスがあります。1つはカスタム・ビジネス・アプリケーション向け、もうひとつはOracle SaaSの拡張機能(CRM、HCMなど)構築用です。

    1. Java Cloud Service
    2. Java Cloud Service - SaaS Extension

    カスタム・ビジネス・アプリケーションをデプロイするプラットフォームが必要な場合は、Java Cloud Serviceが適しています。Java Cloud Serviceは、ユーザー受入れテスト、ステージングおよび本番など、高可用性が必要な環境向けに専用設計されています。

    Oracle Sales Cloud、Oracle Service Cloud、Oracle Marketing Cloudなど、Oracle Software as a Service(SaaS)のいずれかのサービス向けに拡張機能を構築する場合には、Java Cloud Service - SaaS Extensionsが最適です。Oracle Cloud Marketplaceでは、オラクル・パートナー各社が設計した拡張機能も見つかります。

  • 新しいサービスを作成したところ、WebLogic Server 12.1.2のサポートが見えなくなりましたが?

    現在は、WebLogic Server 12c(12.1.3)の最新バージョンがサポートされています。12cに対して新しいサービス作成をリクエストすると、最新バージョンである12.1.3が使用されます。バージョン12.1.2を使用して以前に作成した既存のサービス・インスタンスは、引き続き動作します。管理操作はすべて、現状のままで動作します。WebLogic Server 12.1.2で作成したJCSインスタンスは引き続き使用できます。

  • Database Cloud Serviceは、Java Cloud Serviceに含まれていますか?

    いいえ。Database Cloud ServiceはJava Cloud Serviceの前提条件であり、価格は別途設定されています。Java Cloud Serviceのインスタンスをプロビジョニングするときには、以前作成したDatabase Cloud Serviceインスタンスの名前を要求されます。Database Cloud Serviceeインスタンスをまだ作成していない場合は、Java Cloud Serviceのインスタンス作成ウィザードをいったん終了し、Database Cloud Serviceeインスタンスを作成してから続行してください。

  • Java Cloud Serviceで、Oracle Autonomous Transaction Processing(ATP)データベースを使用できますか?

    はい。2018年12月からJava Cloud Serviceは、Infrastructure DBとApplication DBのどちらについても、Oracle Autonomous Transaction Processing(ATP)データベースまたはOracle Cloud Infrastructureデータベースをサポートします。

  • Java Cloud Serviceにロード・バランサは含まれていますか?

    はい。Oracle Cloud Infrastructure(OCI)上のJCSで、Oracle Traffic Director(OTD)のロード・バランサか、Oracle-Managed Load Balancerを使用できます。ロード・バランサは、WebLogicノードのクラスタ間でトラフィックを誘導するもので、Java Cloud Serviceのインスタンスを作成するときに選択できるオプションの機能です。新規インストールの場合は、JCSでOracle Managed Load Balancerを使用することをお薦めします。Oracle Traffic Directorの価格設定は、Java Cloud Serviceと同じです。たとえば、Java Cloud Serviceを2 OCPU、Oracle Traffic Directorを1 OCPU購入する場合、 合計3 OCPUについてJava Cloud Serviceの請求がかかります。

  • What are Java Cloud Service - SaaS Extensionの前提条件は何ですか?

    Java Cloud Service - SaaS Extensionの前提条件は、Oracle Database Cloud Multitenant Serviceで、価格設定は別々です。どちらのサービスも、Oracle Fusion Cloud価格表に記載されています。

  • Java Cloud Serviceの利用を今すぐ始める最適な方法は?

    Java Cloud Serviceパブリック・トライアル版が間もなく登場します。Oracle販売代理店に問い合せて、プライベート・トライアル・プログラムにご参加ください。「Oracle Java Cloud Serviceを開始する」を読めば、サービスの利用をすぐに始めることができます。