該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

よくある質問

すべて開く すべて閉じる

    Java Cloud Serviceを選ぶ

  • Java Cloud Serviceとは何ですか?

    Java Cloud Serviceは、クラウドでビジネスJavaアプリケーションを開発および導入するためのエンタープライズ向けのプラットフォームを提供します。Java Cloud Serviceでは、Java EEアプリケーションをサポートするクラウド環境に瞬時にアクセスして、統合セキュリティとデータベースアクセスを備え、Oracle WebLogic Serverを利用して、生産性を最大化できます。

  • Java Cloud Serviceのサービスの選び方を教えてください。

    Java Cloud Serviceには、2つの広範なユースケースを対象としたサービスが2つあります。1つはカスタムビジネスアプリケーション用のプラットフォーム、もう1つはOracle SaaS(CRM、HCMなど)の拡張機能を構築するためのプラットフォームです。

    1. Java Cloud Service
    2. Java Cloud Service–SaaS Extension

    カスタムビジネスアプリケーションを導入するためのプラットフォームが必要な場合は、Java Cloud Serviceが最適です。Java Cloud Serviceは、ユーザー受け入れテスト、ステージング、運用など、より高い可用性が必要な環境向けに設計されています。

    Oracle Sales Cloud, Oracle Service Cloud, Oracle Marketing Cloud,などのOracle Software as a Service(SaaS)のご提供サービスのいずれかに拡張機能を構築する場合は、Java Cloud Service–SaaS Extensionsが最適です。Oracle Cloudマーケットプレイスに、Oracle Partnersからのビルド済み拡張機能もあります。

  • 新しいサービスを作成すると、WebLogic Server 12.1.2のサポートが表示されなくなってしまいます。

    WebLogic Server 12cの最新バージョン((12.1.3)がサポートされるようになりました。12cの新しいサービス作成リクエストはすべて、最新バージョン12.1.3を使用します。これまでにバージョン12.1.2を使用して作成された既存のサービスインスタンスは引き続き機能します。すべての管理操作は現状のまま動作します。WebLogic Server 12.1.2で構築されたJCSインスタンスを引き続き使用できます。

  • Database Cloud ServiceはJava Cloud Serviceに含まれていますか?

    いいえ。Database Cloud ServiceはJava Cloud Serviceに前もってご準備いただくもので、別途料金がかかります。Java Cloud Serviceのインスタンスをプロビジョニングするときに、以前に作成したDatabase Cloud Serviceインスタンスの名前を指定するように求められます。以前にDatabase Cloud Serviceインスタンスを作成したことがない場合は、続行する前に、Java Cloud Serviceインスタンス作成のインスタンスウィザードを終了する必要があります。

  • Oracle Autonomous Transaction Processing(ATP)データベースをJava Cloud Serviceで使用できますか?

    はい。2018年12月から、Java Cloud ServiceはインフラストラクチャDBとアプリケーションDBの両方でOracle Autonomous Transaction Processing(ATP)データベースまたはOracle Cloud Infrastructure Databaseをサポートします。

  • ロードバランサーはJava Cloud Serviceに含まれていますか?

    はい、Oracle Traffic Director(OTD)ロードバランサーまたはOracle Cloud Infrastructure(OCI)上でJCSを備えたOracle-Managed Load Balancerを使用できます。WebLogicノードのクラスタ全体にトラフィックを転送するロードバランサーは、Java Cloud Serviceインスタンスの作成時に選択できるオプション機能です。新規インストールの場合、JCSでOracleマネージドロードバランサーを使用することを推奨しています。Oracle Traffic Directorの価格は、Java Cloud Serviceと同じです。たとえば、Java Cloud Service用に2つのOCPUとOracle Traffic Director用に1つのOCPUを購入すると、3つのOCPUでJava Cloud Serviceが課金されます。

  • Java Cloud Service-SaaS Extensionの前提条件とは何ですか?

    Oracle Database Cloud Multitenant ServiceはJava Cloud Service-SaaS Extensionの前提条件であり、個別に価格が設定されています。両方のサービスがOracle Fusion Cloud価格表に記載されています。

  • Java Cloud Serviceの使用開始における最良の方法は何ですか?

    Java Cloud Serviceの公開トライアルが間もなく登場します。Oracle Salesの担当者に連絡して、ご登録ください プライベートトライアルプログラム。Oracle Java Cloud Serviceを使ってみるをお読みいただき、サービスを最新情報を入手できます。