接続されたスマートなメンテナンス

新しいデジタル・テクノロジーが企業のメンテナンス管理へのアプローチの方法を変革しています。Oracle Maintenance Cloudは、モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、ビッグデータ分析およびブロックチェーンを活用し、リアルタイムの意思決定を可能にします。その結果、メンテナンス業務の効率化、装置の信頼性、稼働時間および安全性の向上、さらに全体のコストの削減を図れます。

メンテナンス・リーダーを支援

ビジネス課題

AIおよびMLによるスマートな意思決定

分断された受け身型のメンテナンス体制を、必要に応じて対応する需要主導型で予測型の体制に変革しましょう。適応型インテリジェンスおよび機械学習を使用して機械の稼働時間を最大化する最適なメンテナンス・スケジュールに対する推奨事項を自動的に生成します。

ビジネス課題

IoTによる接続されたメンテナンスの実現

資産が接続されることにより、進行中の停止時間およびメンテナンス・ニーズをより高い精度で予測できます。物理的な資産の業務効率、稼働時間および生産性を向上できます。組織のメンテナンス、サプライチェーンおよび財務アプリケーションを接続する統合されたソリューションにより、効率よく計画し業務を遂行できます。

ビジネス課題

実践可能なリアルタイムのインサイトによる業務の最適化

すべてのタイプの資産および装置を網羅した完全なビューにより、特定の資産がそのライフサイクルの中でどの位置にあるか、またその資産がビジネスに価値をもたらしているかどうかを把握できます。IoTおよびビッグデータ・テクノロジーを活用したリアルタイムのインサイトおよび実践可能なデータにより従業員を強化し、ビジネスを継続的に改善できます。

ビジネス課題

デジタル・ツインによる予測メンテナンス

受け身型から予防型かつ予測型のメンテナンス・モードに移行しましょう。メンテナンス業務をサプライチェーンおよび財務と接続します。デジタル・ツインにより予測型メンテナンスを促進し、資産およびパフォーマンスに関する完全なリアルタイム・モデルを提供します。装置の障害を予測し、装置全般の有効性を改善します。