Oracle Maintenance Cloud

効率的な資産メンテナンスの推進

資産管理ソフトウェアは全体的なサプライチェーン管理(SCM)システムの一部であり、組織が資産を追跡およびメンテナンスし、プラント運営の効率を維持するのを支援します。

しかし、予算が縮小され、資本支出が減少すると、分散したさまざまな資産の管理の維持は容易ではありません。メンテナンス・リーダーは、既存の設備をより長期に運用することでコスト削減に取り組んでいます。パフォーマンスの低い資産は生産工程を損なうことがあり、納品の遅れにつながり、会社の業績に影響を及ぼします。

設備の信頼性とプラント稼働率を向上させるには、資産メンテナンス・プロセスの管理に使用するツールを再考する必要があります。

オラクルで資産パフォーマンスを最適化

オラクルは、戦略的な資産計画イニシアチブの推進を支援する資産メンテナンス・ソフトウェアを提供しています。すべてのタイプの資産と設備を包括的に把握することで、特定の資産がそのライフサイクルのどの段階にあるか、またその資産がビジネスに価値を提供しているかどうかがわかります。 オラクルのメンテナンス管理ソリューションOracle SCM の一部であり、必要なメンテナンスをインテリジェントに予測することで、資産の寿命を延ばし、機器の故障を削減できます。

クラウドへの資産管理の移行

クラウドに移行すると、まったく新しいレベルの俊敏性が資産管理プロセスにもたらされます。 Oracle Maintenance Cloud では、メンテナンス組織を分裂した組織から需要主導の予測型の組織に変革できます。高い間接費は必要ありません。ITインフラストラクチャに投資するかわりに、 Oracle Maintenance Cloud はビジネスの成長に応じて拡大するための進化するニーズを満たします。

Oracle Maintenance Cloud では、メンテナンス・リーダーが直感的、視覚的、Webベースのインタフェース・ツールでメンテナンス組織データの基盤を構築し、合理化された資産メンテナンス管理プロセスを設計できます。所有コストを大幅に低下させるには、資産のライフサイクル全体にわたるエンド・ツー・エンドの可視性を確保します。ビジネス分析、モバイルおよびソーシャルの新機能を利用して、コスト効果の高いメンテナンス管理のためのリアルタイム・コラボレーションとベスト・プラクティスを実現します。

クラウドでの資産管理の主な利点

Oracle Maintenance Cloud は、効率的で生産性の高いプラント・メンテナンス業務を可能にする統合資産管理システムです。

  • 機器とメンテナンスのコストの削減
  • 資産のパフォーマンス、正常性および履歴の完全なライフサイクルの追跡
  • リアルタイム・コラボレーションと適応型の手順による機器の信頼性とプラント稼働率の向上
  • 役割に応じたダッシュボードによるユーザー・エクスペリエンスの強化
  • 機器の障害パターンの分析による資産の信頼性の向上と機器のダウンタイムの防止
  • モバイル・デバイスでの問題報告による即時のアクション実行
  • メンテナンス・プロセスを財務とスケジューリングに合致させることによる、財務の監視、実行およびパフォーマンスの向上
  • クローズドループ型の検査手順の施行による従業員の安全確保
  • 複数の業界のすべてのタイプの多様な資産のサポート

始めよう