Oracle Financial Services Liquidity Risk Management (流動性リスク管理)

監督当局、顧客と株主を意識した流動性リスクへの対応

金融機関のお客様が、平常状態とストレス状況下の双方で流動性リスクを識別・評価し、リスクに対処するための適切なカウンター・バランシング戦略の策定と実行を支援します。

  • Oracle Financial Services Liquidity Risk Management
  • Oracle Financial Services Liquidity Risk Management
  • Oracle Financial Services Liquidity Risk Management
 
最新情報をフォロー:
概要
  • 平常状態とストレス状態の仮定条件を、簡単かつ柔軟に定義可能です。
  • バーゼル3で定められる流動性に関する指標の計算ロジックが実装済です。
  • シナリオとショックは、集約されたリポジトリ上で管理・構築されます。
  • 流動性ギャップについて、ストレス・シナリオの影響の評価が可能です。
  • カウンター・バランシング・アクションにより、実効性の高い危機時のファンディングの計画を策定できます。
メリット
  • 連結、国別、エンティティのそれぞれのレベルで流動性リスクの管理が可能となります。
  • バーゼル3の規制要件に対応できます。
  • 透明性の高い流動性ポジション管理が可能です。
  • 危機時のファンディング計画の策定が可能です。
  • 金融機関の流動性リスクの状況について、資金、リスク管理、現業部門、レポーティング、監査等の全方向からの検討できます。
    E-mail this page    Printer View Printer View