申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
お問い合わせ Oracle Cloudにサインイン

Oracle Cloud Access Security Broker(CASB)

Oracle CASBを使用して、ワークロードとアプリケーションの可視性を獲得し、クラウドスタック全体の脅威を検出します。

CASBの機能

機械学習を採用して行動パターンを学習する

リアルタイムの脅威インテリジェンス・フィードと機械学習技術を活用して、セキュリティのベースラインを確立し、行動パターンを学習し、クラウド・スタックに対する脅威を特定します。


予測分析を使用して脅威を管理する

リスクを評価し、数百の脅威ベクトルにわたる潜在的な脅威の簡潔な要約を提供する革新的なモデリング手法を使用して、脅威をプロアクティブに識別します。Oracle Machine Learningの機能に基づいて、ユーザーのアクセス・パターン、特権ユーザーのアクション、およびデバイスの特性を調べることにより、リスクが継続的に評価されます。


手動構成エラーの防止

労働集約的でエラーが発生しやすい手動プロセスを排除します。簡素化された監視と自動修復を使用して構成を評価し、継続的に実施することで、クラウド・アプリケーション内のセキュリティ構成を管理します。


クラウドのリスクを特定する

規制コンプライアンスを加速し、アクティビティ、構成、およびトランザクション全体にわたる安全なプロビジョニングと包括的な監視により、一貫したレポートを提供します。CASBによりクラウド・アプリケーション全体で異常や、不正または侵害のパターンを特定します。


ポリシー外のアプリケーションの使用に迅速に対応

ITスタッフの負担を軽減するために、合理化されたインシデント・ワークフローを使用して、シャドウ・アプリケーションを特定し、エンタープライズ・ネットワークおよびエンドポイント全体のリスクの高いユーザーのアクセスを拒否します。既存のインシデント対応プロセスおよび次世代ファイアウォールまたはエンドポイント・エージェントとの統合により、リアルタイムのアクションが提供されます。


Cloud Access Security Brokerの成功

お客様がOracleセキュリティ・ゾーンを使用してクラウド・セキュリティ・ポリシーを実施する方法をご覧ください。

Marlette Funding
Monrovia Plants
Outsourcing Inc
WIND Hellas
Marletteのロゴ

Marlette Funding、Oracle CASBで脅威の可視性を獲得

CASBの利点

  • 脅威を検出

    完全な可視性を取得し、クラウド・アプリケーションとインフラストラクチャの高度な動作分析を実行します。異常や不正パターンを特定することにより、脅威を検出、予測、視覚化します。

  • ユーザーを保護する

    ユーザー行動分析によって提供されるリスク・スコア、アクセス・パターン、および特権ユーザー・アクションを使用して、アプリケーションの安全なプロビジョニングとインシデント対応を強化します。主要なIdentity-as-a Service(IDaaS)ソリューションと連携して、すべてのサービスにおけるユーザー・アクティビティに基づいた詳細な相関関係および脅威の検出を可能にします。

  • アプリケーションを安全に構成および監視する

    規制に準拠し、一貫したコンプライアンス・レポートを取得するために必要なセキュリティ構成を使用して、クラウド・アプリケーションを最初から安全にプロビジョニングします。アクティビティ、構成、およびトランザクションを継続的に監視して、アプリケーション全体の異常と不正のパターンを特定し、それらに対処する方法を見つけます。

2019年9月26日

Oracle CloudでのEBSセキュリティの強化 - パート4

オラクル、ディスティンギッシュト・ソリューション・エンジニア、サイバーセキュリティ、Paul Toal

EBSアプリケーション(およびそれが置かれている基盤となるプラットフォーム)が正常に実行されていることを確認し、問題が発生した場合は、根本原因をすばやく特定して解決できることが重要です。もちろん、セキュリティの監視は可用性だけではありません。構成が変更されていないことを確認することも重要です。悪意のあるものであれ、誤ったものであれ、構成を変更すると、潜在的な影響が生じる可能性があります。したがって、構成のドリフトを監視することは、EBS(およびすべてのエンタープライズアプリケーション)の運用における重要な面です。

全文を読む

注目のブログ

すべて表示する

リソース

クラウドの準備

Oracle Cloud Free Tier

Oracle Cloudでアプリケーションを無料で構築、テスト、および導入します。一度サインアップすると、2つの無料オファーにアクセスできます。

ドキュメント

Oracle CASB Cloud Serviceの概要

Oracle CASB Cloud Serviceの最新のドキュメントを入手してください。

カスタマー・コミュニティ

仲間のコミュニティに参加する

Cloud Customer Connectは、オラクルの主要なオンライン・クラウド・コミュニティです。20万人以上のメンバーが参加するこのコミュニティでは、ピアツーピアのコラボレーションや、ベストプラクティス、製品のアップデート、フィードバックの共有を目的としています。

クラウドの学習

Oracle Cloud Securityのスキルを磨く

Oracle Universityは、成功を確実にするトレーニングと認定資格を提供します。すべて選択方式でご利用いただけます。

関連するその他の事項

Identity Cloud Service

今日のアプリケーションに最新のIDを提供するクラウドネイティブIDを採用する

セキュリティゾーン

Oracle Cloud Infrastructureのコンパートメントのセキュリティ・ポリシーを自動的に設定して実施する

コンプライアンスを達成する

Oracle Cloud Infrastructureがグローバル・コンプライアンスの懸念にどのように対処しているかをご確認ください

Oracle Cloud Infrastructureのリージョン

Oracle Cloud Infrastructureデータ・センターのリージョンを見る

ここから始めよう


Oracle Cloud Infrastructureのセキュリティ

セキュリティ・アーキテクチャに関する文書を読む。


Oracle Cloudを試す

Oracle Cloud Free Tierをご活用ください。


Oracle Cloudのセキュリティ差別化要因

Oracle Cloud Infrastructureのセキュリティ差別化要因の詳細をご覧ください。