プライベート・エンドポイント:サポートされているクラウド・サービス

Oracle Cloud Infrastructure(OCI)プライベート・エンドポイントは、お客様の仮想クラウド・ネットワーク(VCN)またはオンプレミス・ネットワークから、VCN内から割り当てられた完全修飾ドメイン名(FQDN)またはIPアドレスを介して、単一のOracle Cloudサービスへのプライベート・アクセスを提供します。接続後は、プライベート・エンドポイントにより、コンピュート・インスタンス、クラウド・ストレージ、コンテナ、データベースなどのOracle Cloud Servicesへのセキュアなプライベート接続が可能になります。

サポートされているクラウドサービス

次の表は、VCN内のプライベート・サブネットからプライベート・エンドポイント経由でアクセスできるOracle Cloud Servicesの一覧です。

パブリック・クラウド・リージョンのサービス利用可用性ページを参照して、各サービスが希望のリージョンで利用可能であることをご確認ください。

SaaS

いずれのSaaSサービスについても、プライベート・アクセスについてはオラクルの担当者にご相談ください。