申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

Oracle Cloud Infrastructure Traffic Management

Traffic Management(DNSの重要なコンポーネント)により、ユーザーはDNSクエリにインテリジェントな応答を提供するルーティング・ポリシーを構成できます。Oracle Traffic Managementのステアリング・ポリシーは、複数のパブリックOracle Cloud Infrastructureインスタンスとその他のプライベートおよびサードパーティ・アセット間でDNSトラフィックをステアリングする場合に使用します。

製品の特長

すべて開く すべて閉じる

使用事例

    フェイルオーバー

  • 世界中のバンテージ・ポイントから外部監視を行うために、Oracle Cloud Infrastructure Health Checksを簡単に設定できます。
  • 可用性監視

  • 最も単純なドメイン・ネーム・システム(DNS)のフェールオーバー・シナリオは、プライマリ・エンドポイントに到達できないときに、すべてのトラフィックをプライマリ・エンドポイントからバックアップ先の場所に送信することです。Oracle Cloud Infrastructureでは、設定およびカスタム構成を迅速かつ直感的に行うことができます。
  • クラウド移行

  • クラウドDNSロード・バランシング(特に、レシオ・ロード・バランシング)は、クラウドへの移行を制御するのに最適です。トラフィックのいくらかを「新しい」インフラストラクチャに誘導し、結果を監視し、自分のペースでトラフィック量を増やすだけです。
  • ロード・バランシングによるテスト

  • ミッション・クリティカルなアプリケーションをスケーリングするときに、複数のコンピュート・インスタンスに負荷を分散し、Oracle Health Checksを活用してユーザーが健全なエンドポイントに転送されるようにします。
  • ハイブリッド環境

  • トラフィック・ステアリング・ポリシーは、公開エンドポイントと連動してコントロール・プレーンとして機能することで、お客様のデータ・センターとクラウド・インフラストラクチャ・インスタンスを融合します。
  • 世界規模のジオロケーション

  • 業界をリードするOracle Cloud Infrastructureのジオロケーション・データを使用することで、エンド・ユーザーに低レイテンシで応答できるようになります。この同じデータは、ユーザーの出身国に基づいたコンプライアンスにも役立ちます。
  • カナリア・テスト

  • 一般公開する前に、ジオロケーションまたはIPプレフィックスに基づく送信元ベースのステアリング・ポリシーを使用して、新しいまたはベータ機能へのアクセスを制御します。
  • ゼロ・レーティング・サービス

  • この場合、条件付きステアリングは、送信元の企業、携帯電話会社、またはその他の通信プロバイダに基づきます。優先自律システム番号(ASN)を無償のリソースに送信し、その他のすべてのトラフィックを有償のリソースに送信できます。このため、導入される可能性がある商業契約にも対応できます。

特長

パブリックDNSステアリング・ポリシーはOracle Cloud Infrastructureのアセットに限定されていないため、Oracle DNSはハイブリッドおよびマルチクラウド・アーキテクチャに最適です。Traffic Managementのステアリング・ポリシー・タイプには、次のものが含まれます。

    ロード・バランサ

  • グローバル・サーバー・ロード・バランシングにより、ラウンド・ロビン・ロード・バランシングを使用してトラフィックを複数のサーバーに分散し、パフォーマンスを最適化できます。トラフィックは、エンドポイント間で均等に分割するか、割り当てられた比率で分割できます。
  • フェイルオーバー

  • 2つのパブリック・アセット間に単純なアクティブ-アクティブ・フェールオーバーを簡単に設定することができます。Oracle Cloud Infrastructureは(Oracle Health Checksを使用して)プライマリ・エンドポイントを監視し、プライマリ・エンドポイントが応答しない場合は、すべてのトラフィックをフェールオーバー先の場所に再ルーティングします。
  • ジオロケーション・ステアリング

  • トラフィック・ステアリング・ポリシーでは、クエリの送信元に基づいてトラフィックをルーティングすることもできます。ジオロケーション・ステアリングは、リクエストが送信された物理的な場所に基づいて、適切な応答プールにリクエストを動的にルーティングします。
  • ASNステアリング

  • 送信元のASNまたはIPプレフィックスに基づいてトラフィック・リクエストを動的にルーティングします。
  • IPプレフィックス・ステアリング

  • 送信元のIPプレフィックス(172.16.1.0/24など)に基づいてトラフィック・リクエストを動的にルーティングします。