該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

より持続可能なクラウド上のコンピューティング・プラットフォーム

より持続可能なクラウド上のコンピューティング・プラットフォーム

Oracle Cloudは、Oracle Cloud InfrastructureOracle Cloud Applications を通じて、お客様にビジネス価値を高め、環境への影響を低減する機会を提供しますOracle Cloudデータ・センターは、効率的で再生可能な循環型経済に沿った、より持続可能なコンピューティング・プラットフォームを提供します。

効率的

ネットワークシステム

高い稼働率。高密度のコンピューティング環境を運用し、企業が自社のオンプレミスシステムで実現するよりもはるかに高い稼働率を実現しています。

電球

エネルギー効率。業界をリードする専門知識とベスト・プラクティスに基づいて最先端でインテリジェントなエネルギー管理および冷却技術を活用しています。

ストレージ

弾力性。必要に応じて動的に成長する弾力性のあるコンピューティング・プラットフォームコンピューティング・プラットフォームを提供し、将来の需要に備えた過剰な容量の確保を不要にします。

 

「Oracle Cloud Infrastructureを利用することで、IT運用コストの大幅な削減、エネルギー消費量の20%削減、管理とコンプライアンスの簡素化、そして持続的な成長計画に必要なスケーラビリティを実現しました」

—KMG Rompetrol SRL、副グループITディレクター、Vlad Moca

再生可能

 
59%
世界中のOracle Cloudデータ・センターで2019年に再生可能エネルギーとして認定された電力使用量
 
100%
フランクフルト、ロンドン、アムステルダムのOracle Cloudリージョンで再生可能なエネルギー使用量
 
100%
2025年までにOracle Cloudに供給する再生可能エネルギーの目標

オラクルは、パートナーと緊密に協力し、データの透明性の改善、再生可能エネルギー採用の促進、水利用の効率性の向上によって環境認証を取得しています。このような配慮は、新規ベンダーの選定プロセスの一部であり、現在のベンダーとの契約にも反映されています。

業界全体で協力し、コスト競争力のある再生可能エネルギーを利用できるように提唱することが重要だと考えています。これらの目標達成を実現するために、毎年1回、シリコンバレー・リーダーシップ・グループのエネルギーおよびサステナビリティ・サミットを開催しています。また、以下のような取り組みにも参加しています。

循環型クラウド

循環型経済

循環型経済の重要な原則は、物理的な資産をそれらが提供するサービスから切り離すことです。個人や組織は、必ずしも物理的にコンピューティングハードウェアを所有する必要はなく、計算能力があればよいのです。それを実現するのがクラウドなのです。

ビジネス・リサイクリング

環境に配慮したデザイン。ハードウェア製品の設計と開発にあたっては、環境に配慮しています。このプロセスの一環として、エネルギー効率、脱物質化、保守機能、リサイクル性など、多くの製品特性を評価しています。

統合する

統合して、簡素に、最適に。クラウドに移行することにより、データ・センターを統合し、数十万の異なるサイトのオンプレミス導入を回避できます。これにより、新しいハードウェアの配送、スペアパーツの管理、使用済みハードウェアの再利用やリサイクルのための撤去など、パッケージングを最小限に抑え、ロジスティクスを簡素化することができます。

リソースの活用

リソースの使用率を最大化。 オラクルは、耐用年数が終了したハードウェアの可視性と管理性を高めることで、オラクルのデータプライバシーとセキュリティ慣行を厳守しながら、より効果的に機器を再利用し、スペアパーツを収穫し、リソースを抽出することができます。また、継続的なキャパシティプランニングにより、利用密度を高めることができます。

 

「オラクルは、当社の現在および将来のビジネスニーズに最適なソリューションを提供してくれるだけでなく、ハードウェアの設計においても、使用済みハードウェアの処理においても、常に環境に配慮してくれています」

—Communications Test Design、Inc.、企業経営担当バイスプレジデント、Paul Cardell