該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

Oracle Enterprise Database Service

Oracle Enterprise Database Serviceのマネージド・コンピューティングおよびストレージ・インフラストラクチャを使用することにより、Oracle Cloud Infrastructure(OCI)でOracle Databaseワークロードを効率的に実行できます。低コストのOCIブロックストレージを備えたマネージド・コンピューティングおよびストレージ・インフラストラクチャに対する消費ベースのサブスクリプション価格により、IT部門はOracle Databaseワークロードをクラウドで実行するコストを削減できます。

Oracle Enterprise Database Serviceを選ぶ理由

簡素化された開発

リレーショナル、JSON、グラフなど、複数のデータ型とアクセスモデルに対する統合データベースのサポートにより、開発者は単一のデータベースを使用して革新的なアプリケーションを作成できます。Oracle Database In-Memoryなどのテクノロジーにより、顧客は複数のデータベースを管理および保護することなく、リアルタイムのデータ駆動型インサイトを実現できます。

統合データベースの利点について知る(6:30)
簡素化された開発

合理化された管理

Oracle Cloud Infrastructureコンソール、ソフトウェア開発キット(SDK)、Representational State Transfer(REST)APIを介した使いやすい管理により、お客様は高頻度の一般的なデータベース管理タスクを簡素化できます。Oracle Enterprise Managerを使用すると、ITチームはOracle Database環境をエンドツーエンドで確認できるため、生産性が向上します。

Oracle Enterprise Managerについて確認する Oracle Multitenantについて確認する
合理化された管理

差別化されたアプリケーションを素早く作成

Oracle Application Express(APEX)を使用すると、開発者は最小限のコーディングでより短時間でアプリケーションを作成でき、コストと市場投入までの時間を削減できます。セルフサービスのデータベース・プロビジョニングと自動化されたライフサイクル管理により、開発者はデータベースを簡単に展開および管理できます。

Oracle Application Expressについて確認する
Oracle Applications Express Dashboard

包括的なデータベース・セキュリティ

常時暗号化によるマルチレベル・セキュリティは、ライフサイクル全体を通じてお客様のデータベースを保護します。Database VaultやRedactionなどのEnterprise Editionのセキュリティ機能により、データベースチームはデータベースアクセスを規制し、個人情報を保護できます。Oracle Data Safeが含まれているため、DBAはセキュリティリスクを評価し、統合されたセキュリティコンソールから制御を実装できます。

Oracle Cloud Infrastructureのセキュリティについて確認する Oracle Databaseのセキュリティについて確認する Oracle Data Safeについて確認する
Oracle Enterprise Edition User Security

低コスト

Oracle Enterprise Database Serviceを使用すると、低いサブスクリプション価格とライセンス持ち込み(BYOL)価格モデルでクラウドコストを削減できます。Oracle Cloud Infrastructure Block Storageまたはベアメタルシステムを備えた高性能仮想マシンを選択することで、IT部門はクラウドデータベースの月間総運用コストを最大45%削減できます。詳細については、Accentureの分析(PDF)を参照してください。

Oracle Cloud Infrastructureの経済性をAWSと比較
コンピューティングの価格/パフォーマンスに関してAWSより2.6倍優れている

Oracle Enterprise Database Service

エンタープライズ・データベース向けの低コストクラウド

Enterprise Database Service – Baseなら、仮想マシンまたはベアメタル・クラウド・インフラストラクチャを実行するOracle Database Enterprise Editionのコア機能を使用して、低コストのOracle Cloud Infrastructure環境でエンタープライズ・アプリケーションを開発および実行できます。

特長
  • Oracle Database 11.2、12.1、12.2、18c、19cまたは21cを統合データベース機能で実行して、アプリケーション固有の顧客要件を満たすことが可能
  • 常時オンの透過的なデータベース暗号化を含む多層セキュリティにより、ソースでデータベースを保護
  • Data Safe、Data Masking and Subsetting Pack、Diagnostics and Tuning Packなどの高度なデータベース・セキュリティおよび管理テクノロジにより、DBAはエンタープライズ・サービス・レベル契約を満たすことが可能
  • 論理ボリューム・マネージャーを使用したOracle Databaseの単一ノード仮想マシン・データベース・システムの高速プロビジョニングにより、開発者の生産性が向上
  • データベースOCPUライセンスのスケーリングにより、コストを最小限に抑えながらアプリケーションのニーズを満たすことが可能
  • Oracle Cloud Infrastructureの組み込み自動化機能により、データベースのライフサイクル管理が簡素化され、DBAの生産性が向上
  • Oracle Machine Learningは無料で含まれているため、開発者は既存のアプリケーションに革新的なデータベース内の機械学習(ML)機能を追加可能
  • ハイブリッド列圧縮により、顧客のデータウェアハウスのストレージ要件が軽減
  • Oracle Cloud Infrastructure Object Storageへの自動またはオンデマンドのバックアップにより、顧客データベースの保護を強化
  • 柔軟なサブスクリプションやBYOLサブスクリプション・モデルにより、厳密なコスト管理が可能

非常に大規模なデータベース環境向けの強化されたリソース管理とセキュリティ

Enterprise Database Service – High Performanceにより、効率的なマルチテナント環境を実装し、それらを厳重に保護できます。Oracle Multitenantは、Oracle Databaseのセキュリティ機能とともに、マルチテナント環境の運用効率、パフォーマンス、およびセキュリティの向上に役立ちます。仮想マシンとベアメタル・インフラストラクチャで利用できます。

特長
  • Enterprise Database Service Baseサブスクリプションの高度な機能
  • Oracle Multitenantがコンテナデータベースごとにより多くのプラグ可能なデータベースをサポートするなどの追加の統合機能により、統合効率が向上
  • Oracle Database Vault Oracle Label SecurityやRedactionなどの追加のセキュリティ機能により、顧客は機密データ保護の向上が可能
  • Oracle Advanced Compression、Oracle Partitioning、Oracle OLAPテクノロジーなどの追加の非常に大規模なデータベース機能により、顧客のデータウェアハウスとビジネスインテリジェンス環境の効率とパフォーマンスが向上
  • Oracle Database用のOracle Cloud Management PackやOracle Database Lifecycle Management Packなどの追加の管理機能により、データベース管理者の生産性が向上

オールインクルーシブ機能

Enterprise Database Cloud Service – Extreme Performanceにより、エンタープライズ環境の各種リソース、使用率、可用性、およびパフォーマンスを最適化できます。仮想マシンとベアメタル・インフラストラクチャで利用できます。

特長
  • Enterprise Edition - High Performanceサブスクリプションに高度な可用性とパフォーマンス・テクノロジーを追加
  • 仮想マシン環境でのOracle Automatic Storage Managementのミラーリングを使用したエンタープライズ・データベース・ストレージのプロビジョニングにより、顧客データベースの可用性が向上
  • 仮想マシン環境でのOracle Real Application Clusters(Oracle RAC)サポートやOracle Active Data Guardなどの追加の高可用性機能により、複数のシステム、可用性ドメイン、またはOracle Cloud Infrastructureリージョンに回復力のある環境を展開可能
  • Oracle In-memory列ストアや集計のサポートなどの追加のパフォーマンス機能により、顧客はデータウェアハウスと分析のパフォーマンスの向上が可能
  • 無制限のプライマリシャードとスタンバイシャードをサポートする追加のOracle Sharding機能により、パフォーマンスと導入の柔軟性が向上

Enterprise Database Cloud Service向けの最低コストのプラットフォーム

仮想マシン・インフラストラクチャにより、顧客はOracle Cloud InfrastructureでOracle Enterprise Database Cloud Serviceを実行する際のコストを最小限に抑えることができます。プロビジョニングされたブロックストレージを備えた共有コンピューティング・リソースは、さまざまなデータベース・ワークロードとビジネス・アプリケーションを経済的に実行します。

特長
  • 1〜24コアのコンピュートシェイプは、小規模から大規模のデータベース処理要件を持つお客様をサポート
  • OCPUあたり15GBのメモリと最大40TBのOracle Cloud Infrastructure Block Storageにより、さまざまなデータベースサイズでコストの最適化が可能
  • 論理ボリューム・マネージャーを使用したOracle Databaseの単一ノード仮想マシン・インフラストラクチャの高速プロビジョニングにより、開発者の生産性が向上
  • 仮想マシン・インフラストラクチャにEnterprise Database Service - Extreme Performanceを使用した2ノードのOracle Real Application Clusters(Oracle RAC)を導入することで、顧客データベースのスケーラビリティと可用性が向上
  • データベースOCPUのオンデマンドのアップおよびダウンスケーリングにより、2ノードのOracle Real Application Clusterの導入環境でデータベース操作を中断することなく、コストを最小限に抑えながらアプリケーションのニーズを満たすことが可能

Enterprise Database Cloud Serviceの高いパフォーマンス

ベアメタル・インフラストラクチャにより、お客様は低遅延のNVMeストレージを備えた専用ハードウェアを使用してOracle Enterprise Database Serviceのパフォーマンスを最適化できます。分離されたデータベース・サービス・リソースにより、お客様はセキュリティを最大化し、予測可能な高レベルのパフォーマンスを実現できます。

特長
  • 52個のCPUコアと768GBのメモリを備えた専用サーバーを使用して、高性能のデータベースを実行可能
  • 組み込みNVMEストレージは、2ウェイミラーリングで16TBの使用可能容量、または3ウェイミラーリングで9TBの容量を選択して、遅延の影響を受けやすい顧客データベースのパフォーマンスを最適化
  • データベース操作を中断することなく、データベースOCPUのオンデマンドのアップおよびダウンスケーリングにより、顧客がコストを最小限に抑えながらアプリケーションのニーズを満たすことが可能

Enterprise Database Serviceの顧客の成功

世界中の顧客がCloud InfrastructureのOracle Enterprise Database Serviceを使用して、高性能、可用​​性、およびセキュリティを備えたエンタープライズアプリケーションを実行

Generalliのロゴ
Kagoolのロゴ
MSI Corporationのロゴ
HID Globalのロゴ
APEX Health Innovationsのロゴ
Larger Than Lifeのロゴ
MDM Compliance Systemsのロゴ
Goodusのロゴ
Manhattan Associatesのロゴ

Manhattan Associatesは、Oracle Cloud InfrastructureのEnterprise Database ServiceとExadataを使用してOracle Database Servicesでサプライチェーンビジネスを成長させながら、データベースクラウドのコストを50%削減します。

Oracle Enterprise Database Serviceの利点

  • ビジネスの回復力を高める

    仮想マシンの2ノードOracle RAC環境で、データベースのパフォーマンスと可用性を向上させます。Oracle Active Data Guardで、Oracle Cloud Infrastructureの可用性ドメインまたはリージョンにまたがる災害保護機能を追加します。

  • 制御を維持しながら複雑さを軽減

    プロフェッショナル管理されたデータベース・サービス・インフラストラクチャとのデータベース統合により、管理の複雑さとコストが軽減され、お客様がデータベースイメージを管理することでITの柔軟性と制御性が向上します。

  • 災害復旧の改善

    Oracle Data Guardを使用して、Oracle Cloud Infrastructureにオンプレミス・データベースのスタンバイコピーを作成。データセンターの停止時にデータベースの継続的な運用を可能にします。

  • より高いパフォーマンスでクラウドコストを削減

    Oracle Enterprise Database Serviceでは、費用対効果が高い仮想マシンとベアメタル・インフラストラクチャを使用してクラウドコストを削減できます。低いサブスクリプション価格またはライセンス持ち込み(BYOL)価格モデルを選択することで、IT部門はクラウドデータベースの総運用コストを最大45%削減できます。詳細については、Accentureの分析(PDF)を参照してください。

価格

仮想マシン

製品
単価
課金単位
Oracle Database Enterprise Edition

  • 1時間あたりのvCPU
Oracle Database Enterprise Edition - High Performance

  • 1時間あたりのvCPU
Oracle Database Enterprise Edition - Extreme Performance

  • 1時間あたりのvCPU
Oracle Database - すべてのエディション - BYOL

  • 1時間あたりのvCPU

ベアメタル

製品
単価
課金単位
Oracle Database Enterprise Edition - Dense I/O - X7

  • 1時間あたりのホスト環境
Oracle Database Enterprise Edition - High Performance、Dense I/O - X7

  • 1時間あたりのホスト環境
Oracle Database Enterprise Edition - Extreme Performance、Dense I/O - X7

  • 1時間あたりのホスト環境
Oracle Database - すべてのエディション - Dense I/O - X7 - BYOL

  • 1時間あたりのホスト環境
Oracle Database Enterprise Edition - 追加容量

  • 1時間あたりのvCPU
Oracle Database Enterprise Edition - High Performance - 追加容量

  • 1時間あたりのvCPU
Oracle Database Enterprise Edition - Performance - 追加容量

  • 1時間あたりのvCPU
Oracle Database - すべてのエディション - 追加容量 - BYOL

  • 1時間あたりのvCPU

一般的なクラウド業界の慣行では、含まれる仮想CPU(vCPU)の数に基づいてコンピュート・インスタンスを定義します。各vCPUは、1スレッドの実行のための容量を提供します。vCPUは、物理コンピューティング・コア全体を提供するのではなく、コアの一部です。対照的に、オラクルのx86コンピュートシェイプは、物理CPUコアと同等のOCPUを使用し、それぞれが2つのスレッドを提供します。顧客がクラウド・サービス・プロバイダー間で比較しやすくするために、オラクルはWebページにvCPUの価格を表示し、請求は顧客が消費するOCPU時間の数に基づいています。顧客が請求される1時間あたりのOCPU料金は、Webページ上のvCPU料金の2倍となります。これは、お客様が1つではなく2つのvCPUの計算能力を得られるためです。

Oracle Enterprise Databaseクラウドの料金は、選択したOracle Cloud Infrastructureコンピューティングのタイプとシェイプに応じて、インスタンスごとに有効なOCPUの数に基づいています。Oracle仮想マシンで実行されているOracle Enterprise Database Serviceでも、顧客はOracle Cloud Infrastructure Block Storageを選択する必要があります。

ここから始めよう


Oracle Cloud Free Tier

Oracle Cloudでアプリケーションを無料で構築、テスト、導入します。


トレーニングと認定

Oracle Database Cloud Serviceのオンライン・トレーニングと認定。


Oracle Cloudコミュニティ

世界中のOracle Cloud Infrastructureユーザーから学びましょう。


専門家に連絡する

Oracle Database Cloud Serviceの詳細を見る