該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

Oracle Advanced Compression

Oracle Advanced Compression

データベースのパフォーマンス向上とストレージ・コストの削減に役立つ、包括的な圧縮機能セットを提供します。リレーショナル(テーブル)、非構造化(ファイル)、インデックス、ネットワーク、Data Guard REDO、バックアップ・データなど、あらゆるタイプのデータを圧縮できるため、データベース・ストレージ全体のフットプリントを削減できます。最も明白な利点としてよく認識されるのは、クエリのパフォーマンス、ストレージ・コストの削減、データの最適化ですが、それだけではありません。その他の革新的なテクノロジーによって、メモリ、ネットワーク帯域幅、暖房、冷却、フロアスペースなど、ITインフラストラクチャのあらゆるコンポーネントの設備投資と運用コストを削減することもできます。

Advanced Compressionの最新情報

詳細を見る

 

 

データベース・ストレージの削減

特定の環境での圧縮率は、圧縮されるデータ、特にデータの密度によって異なります。一般的に、組織は、高度な行圧縮によってストレージの使用容量を1/2~1/4に削減することを期待できます。つまり、データを圧縮しなければ、消費されるスペースの量が圧縮データの2~4倍になるということです。

クエリ・パフォーマンスの向上

高度な行圧縮は、読み取り操作に悪影響を及ぼしません。追加作業はデータの書き込み中に実行されるため、書き込み操作のパフォーマンス・オーバーヘッドを排除することは不可能です。しかし、オラクルは多大な努力を重ね、高度な行圧縮におけるこのオーバーヘッドを最小限に抑えるようにしています。

メモリ内でデータ圧縮

高度な行圧縮の利点は、ディスク上のストレージを節約できるだけではありません。オラクルが提供する1つの大きな利点は、ブロックを解凍せずに直接圧縮ブロックの読み取りができることです。これにより、I/Oが削減し、I/O操作に関連するシステム・コールも削減するため、パフォーマンスが向上します。また、メモリを追加することなく、より多くのデータを保存できるため、バッファ・キャッシュをより効率的に使用できます。

RMANによるバックアップとリカバリの高速化

Oracle DatabaseとRMANは密接に統合されているため、Advanced Compressionによって圧縮済みのバックアップ・データは、ディスクまたはテープへの書き込み時に圧縮が維持され、リカバリ前に解凍する必要がありません。そのため、ストレージを大幅に節約でき、バックアップとリストアにかかる時間の大幅な短縮が見込めます。

100%のアプリケーション透過性

Advanced Compressionでデータ圧縮を実装するためにアプリケーションを変更する必要はありません。