OPERA Cloud Reporting and Analytics

ホスピタリティ・ビジネスに関する強力なインサイトを入手しましょう。収益を上げるために不可欠なのは、データに基づく意思決定です。簡素化、統一化、統合という3つの原則に基づいて構築されたOracle Hospitality OPERA Reporting and Analytics Cloud Serviceは、データからインサイトを得て、勘ではなく事実に基づいて企業を着実に前進させます。

ホスピタリティ業界向けビジネス・インテリジェンス・ソフトウェア

ホスピタリティ・アナリティクス・ソフトウェアの機能

Oracle Cloud Reporting and Analyticsは、セルフサービスのディスカバリー、洗練された可視化、強力なレポート機能を提供します。ホテル経営者がインサイトを得ることで、課題への対処や機会を掴むことができるようになります。

包括的なホテル・データ分析

さまざまな業務分野(ホテル業務、収益管理、販売、マーケティング、ケータリングなど)から集めたデータから洞察を得ることができます。

アドホックな分析レポート

フィールド・レベルのデータにアクセスし、カスタマイズしたレポートの作成・実行を行い、アドホックな分析を可能にします。

マルチレベル分析

分析結果を利用して、部門、ホテル、またはチェーン・レベルでパフォーマンスを把握できます。


意思決定に必要な機能の共有

ホテル施設全体にわたって、ビジネス・ユーザーが情報に基づいて迅速に業務上の意思決定を行えるよう支援します。

ユーザー・エクスペリエンスの標準化

ホテルおよび飲食関連全体において、レポート作成に関する共通のユーザー・エクスペリエンスを提供します。

データの視覚化による意思決定を迅速化

グラフ(線と棒の組み合わせや円グラフ)のイメージを提供する可視化ツールにアクセスし、必要な領域を迅速に特定します。


OPERA Cloud Reporting and Analyticsの活用

Oracle Analyticsプラットフォームは、データの取り込みとモデリング、データの準備とエンリッチメント、可視化とコラボレーションに至るまで、分析プロセス全体に対応する上で必要な機能を、セキュリティとガバナンスを損なうことなく備えた、クラウドベースのソリューションです。

01ホテルの全業務にわたって信頼性の高いデータでより良い意思決定を行う

OPERA Cloud Reporting and Analyticsでは、リアルタイムのインサイトを得ることができます。

02ゲストをより深く理解し、ゲストが求める体験の提供

OPERA Cloud Reporting and Analyticsでは、ゲストの行動や嗜好を把握することができます。

03収益管理と流通の意思決定の改善

宿泊収益、飲食収益、客室稼働率などのKPIに素早くアクセスすることで、日々のオペレーションを強化します。

04従業員一人ひとりがより良い仕事に取り組むことを想像しましょう

あらゆるレベルの従業員が、最適な意思決定を行うために必要な情報に迅速にアクセスできるようになります。

OPERA Cloud Reporting and Analyticsでスタッフに力を与え、インサイトを提供する

Oracle Hospitality マーケティング・マネージャー Tracy Fashing氏

このデータドリブンな経済において、ホテル経営者は、優れたカスタマー・エクスペリエンスを提供し、マーケットの状況を考慮し、競争に打ち勝つために、重要な情報をすぐに手に入れる必要があります。つまり、収益を上げるために不可欠なのは、データに基づいた意思決定を行うなのです。

投稿全体を読む

OPERA Cloud Reporting and Analyticsに関するリソース

課題に対応し、変化によって生まれるチャンスをつかむためのリソースをご確認ください。

新たなトレンドや変化するビジネス・ニーズに合わせて、パートナー、サービス、統合にアクセスします。

最新の市場動向、新製品、オラクル・ソリューションを最大限に活用するための「ヒントとコツ」のWebキャストとポッド・キャストをご確認ください。

ソリューションの各リリースで利用可能な新機能をご確認ください。

Oracle Hospitalityの概要


ホスピタリティ業界のニュースレター

1分の登録手続きで、ホスピタリティ業界の成功事例とトレンドを特集したニュースレターを毎月お届けします。


デモをリクエスト

お客様のビジネスの問題の最優先事項が何であれ、最初に導入を開始すべき最適な出発点をお選びいただけます。


お問い合わせ

オラクルのソリューションについてご質問がある場合は、遠慮なくお問い合わせください。