Hyperion Financial Close Management

Oracle Hyperion Financial Close Managementは、拡張された財務決算サイクル全体で期末決算処理をWebベースに一元管理できるように構築されています。この種の最初のアプリケーションであるOracle Hyperion Financial Close Managementは、元帳および補助元帳の決算、データ・ロードとマッピング、財務連結、勘定科目照合、税金/財務、内部および外部のレポート・プロセスなど、すべての財務決算サイクル・タスク(拡張財務決算に関連するタスク)を管理するのに役立ちます。

オラクルの幅広いアプリケーション・ソリューションについて説明します。

Hyperion Financial Close Managementの機能

Close Manager

タスク管理ソリューション

タスクは、トランザクション・システム、一般会計、連結システムまたはレポート・システムのいずれでも、クローズ・プロセス時に実行する必要があるものにできます。

ボトルネックの特定

従業員は各タスクに割り当てられ、タスクに各期間終了日に関連する期日が付与されるため、財務決算の進捗を監視するための事前構築済のWebベースのダッシュボードによって、プロセスのボトルネックを簡単に特定できます。

 

簡単に編成

一般的なカレンダ・ビュー、タスク・リスト・ビューおよびガント・ビューはユーザーのタスクごとに活用され、アクティブなカレンダおよびタスク・リストによって、ユーザーはアプリケーションを起動し、カレンダ自体からタスクを完了できます。

クイック・セットアップ

ロールフォワード機能では、以前の決算処理に基づいて新しい決算カレンダーを迅速に設定できます。

勘定科目照合マネージャ

リスクの軽減

Account Reconciliation Managerは、勘定科目照合の管理専用のモジュールです。このため、企業は、照合のパフォーマンスをリアルタイムで可視化し、作成されるすべての照合が適格であることを保証して、リスクを軽減できます。

パフォーマンスの効率化と最適化

特定の照合タスクを自動化し、リスクベースの照合サイクルをサポートして、パフォーマンスを効率化および最適化します。

バランス統合

Oracle Hyperion Financial Data Quality Management ERP Integration Adaptor for Oracle Applicationsによって、低レベルの残高を消込に適したレベルに要約するためのマッピング機能を備えた残高統合を実現します。

 

柔軟な自動照合ルーチン

柔軟な自動照合ルーチンによって、照合プロセスの効率が高まり、一括更新機能やインポート機能など、照合割当てのメンテナンスに使いやすい機能が用意されています。

デフォルトのダッシュボード

デフォルトのダッシュボードでは、監視ステータス、エージング、パフォーマンス指標、およびコンプライアンス指標が提供されます。

リソース

サポートとサービス

オンライン・トレーニング

Hyperion Financial Close Managementのオンライン・トレーニングは、さまざまな形式で使用できます。

  • Oracle by Example(OBE) - さまざまなタスクの実行方法に関する手順
  • チュートリアル - タスク指向のデモンストレーションを伴うナレーションされたプレゼンテーション
  • デモ - 特定の製品機能のデモ

はじめる


ライブ・デモのリクエスト

Oracle Cloud EPMエキスパートによるライブ・デモをご覧いただけます。


ツアーを見る

Cloud EPMのツアーをご覧ください。


営業へのお問い合わせ

Oracle Cloud EPMについて当社チームの担当者がご案内します。