Oracle Procurement Cloud

効率的かつ効果的なSource-to-Pay

最先端の調達は、Source-to-Pay(調達から支払い)の標準化、合理化および自動化から始まります。Oracle Procurement Cloudでは、より効率的で効果的かつ影響力のある調達組織を得ることができます。この組織は、最適なサプライヤを選択しポリシーを実施してサプライヤ・リスクを管理することで、コスト管理を強化できます。

Oracle Procurement Cloudによる利益の向上

自動化およびソーシャル・コラボレーションによる合理化された調達から支払いまでのプロセスなどのOracle Procurement Cloudの利点を体験してください。向上した操作性、自動化された会計処理、効率的で透過的な調達、サプライヤとの最適化された契約管理を通じて、利益率を高め、コストを管理しましょう。

調達

調達から支払いの自動化。ポリシーの遵守。コストの削減。

最高のサプライヤを選択し、最高の契約交渉を行い、契約を履行して、請求書の照合を自動化します。次に、従業員が望むオンライン調達を可能にし、支出の急増がコンプライアンスに準拠しているかを監視します。

移行する理由

最新のユーザー・エクスペリエンスを使用したコンプライアンスに準拠した支出の強化

オンプレミスの調達アプリケーションには、従業員が理解できないことが頻繁にある古いインタフェースが採用されている場合があります。従業員が使用を望んでいる直感的な最新のクラウドで、不要な支出を削減しましょう。

接続されたERP

複数の業務。1つのデータ・モデル。

財務、リスク管理、調達およびプロジェクト、さらにはサプライチェーンや人事にわたるビジネスの単一のビューを手に入れます。これには、共通のデータ・モデル、事前構築済の接続および組込み済のベスト・プラクティスが含まれます。