Oracle Procurement Cloud

効率的かつ効果的な調達から支払いまでのプロセス

調達の刷新は、調達から支払いまでのプロセスを標準化、合理化、自動化することから始まります。Oracle Procurement Cloudを使用すると、より効率的かつ効果的で、影響力のある調達部門が実現するため、最適なサプライヤの選択、ポリシーの施行、サプライヤ・リスクの管理を通じて、コストの制御を維持できます。

Oracle Procurement Cloudでは、調達から契約、購入、サプライヤ管理に至るまでのあらゆる規模の組織に、完全なソリューションが提供されます。

貴社の調達部門の戦略性

あなたは、利害関係者に“いくらか効果的に”価値を提供できるにすぎない、と信じている61%の調達担当者の1人ですか。調達部門は以下の課題に直面しています。

  • 識別、契約、研修、および管理が必要なサプライヤの数が増加した。
  • サプライヤ管理部門は、組織内でより多くの役割を担うことが求められている。たとえば、ベンダーが規制要件、会社の方針、財政的実行可能性、および企業がベンダーに対して定めるその他の要件に順守しているかどうかを最初に評価し、その後も評価を継続することが求められている。
  • サプライヤおよび商品データの増加と、多くの場合劣化が、要件を順守した効率的なトランザクションに大きな課題を突き付けている。
  • トランザクション、見積りの依頼、入札審査の増加に加えて、選択するサプライヤも増加して研修も実施しなければならない。つまり、同じリソース、もしくはより少ないリソースで、より多くを行う必要がある。
  • 調達から支払いまでのサイクルに必要な労力が多すぎる。多くのタスクがいまだに100%手作業で実施されている、もしくはワークフローの途中で人的な介入が必要である。

Oracle Procurement Cloudにより、調達、研修、契約、契約の履行や更新などのライフサイクルを通じて、サプライヤを積極的に管理する手段が提供されます。



始めよう