該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

明日の製造システムを今日築く

緊密なサプライ・チェーン統合、モノのインターネット(IoT)、AI、機械学習(ML)を活用して、Oracle Manufacturing Cloudのグローバルなソフトウェア・ソリューションでグローバルな混合モードの製造業務を合理化し、製造現場での実行の簡素化、リアルタイム意思決定の最適化、品質とコストの管理を可能にします。

Oracle Manufacturing Cloud
グローバルな個別およびプロセス製造

グローバルな個別およびプロセス製造

内外のグローバルな製造拠点で、個別およびバッチ製品に対する顧客の需要に応じる一方、原価会計を合理化し、各地域の規制に対する適合を維持します。

統合型スイート内での比類ない実行

統合型スイート内での比類ない実行

市場で最も包括性の高いクラウド・サプライ・チェーン・ソリューションを使用した緊密な統合によって、製造の実行を合理化します。IoTやAIといった最先端のテクノロジーを活用して、意思決定を最適化し、トランザクションを自動化します。

製造現場に対応

製造現場に対応

組込みの製造ディスパッチ・リストと、統合型のスキャン、必須の品質データ収集、IoT、製造現場分析を利用することで、別個の製造実行システムが不要になります。

オープンで拡張可能

オープンで拡張可能

Oracle Manufacturing Cloudをパートナー・アプリケーションによって拡張するか、オラクルのRESTサービスとPaaSツールを使用して競争力の高いアプリケーションを独自に開発します。

製造について知る

製品の特徴

すべて開く すべて閉じる

製造プロセスを視覚的に定義

    定義

  • 直感的でビジュアルな、Webベースのインタフェース・ツールを使用して、製造工場データの基盤を構築します。
  • 通知

  • 品目構造の変更通知を、製造現場に自動的に送信します。
  • コラボレーション

  • 作業定義のコンテキストで、プロセス設計について協議します。
  • インポート

  • Microsoft ExcelのスプレッドシートまたはWebサービスを使って、大量の作成および更新に対応します。サービス部品を注文して顧客またはフィールド・サービス技術者宛てに直接出荷する、返品された部品を処理する、技術者のトランク在庫を管理するなどによって、顧客の問題を迅速かつ適切に解決できるようにします。

個別およびバッチ製造を効率的に実施

    監視

  • 製造ステータスを確認し、移動中に対応します。
  • 管理

  • 社内でも社外業務でも、個別、バッチ、手直し、転換の各作業オーダーを管理します。
  • 実施

  • 製品の品質管理を実行し、シリアルナンバー付き製品の厳密な管理を維持します。
  • 合理化

  • あらゆる資材を自動的にバックフラッシュし、作業オーダーを必要とせずにすべてのリソースを投入します。

コネクテッド・ファクトリーからリアルタイム・インサイトを獲得

    インダストリー4.0をシンプルに

  • 工場、製品、機械に関するクラス最高レベルの生産監視機能を活用します。
  • 製造のデジタル・ツインを構築

  • 工場とオペレーションのデジタル変革を通じてリアルタイムの可視性を実現します。
  • 規範的分析を利用

  • 機械学習モデルを使用して、機械と工場の稼働時間を改善します。
  • 製造とSCMを統合

  • 製造システムとサプライ・チェーン・システムをシームレスに統合することで、手動での入力をなくし、決定に従って行動します。

製造コストを管理

    見積もり

  • 製造の標準コストと差異を工場ごとに効果的に計画し、監視します。
  • キャプチャとロールアップ

  • 標準、実績、FIFO原価計算法や複数の同時原価計算法など、各種の原価計算法を用いて、資材とリソースのコストを計算します。
  • 合理化

  • 仕掛品のアセンブリについては、部分的な作業オーダーの評価によって、期末決算を容易にします。
  • 準拠

  • コスト差異の根本原因を判断します。

クローズドループの品質管理を達成

    品質を追求した設計

  • Oracle Quality Management CloudとOracle Manufacturing Cloudを併用して、製品設計の標準と品質仕様を検査計画に結び付けます。
  • 検査

  • サプライ・チェーンを通じて決定的なポイントごとに検査を実行します。
  • 不適合を管理

  • 一元化された問題のリポジトリで品質上のイベントをキャプチャします。
  • 是正処置を実装

  • Oracle Quality Management Cloudを使用して、ライフサイクルを通じて問題と是正処置を管理します。承認の取得、解決策の検証、インシデントのクローズが可能です。

製品の完全な系統を追跡

    キャプチャ

  • 在庫および製造プロセスでロットおよびシリアルのトランザクションを収集して製品の系統を生成します。原価法、通貨、間接費を代用します。
  • グローバル化

  • 組織全体でロット番号とシリアル番号を検索し、追跡します。
  • ライフサイクルを追跡

  • 原材料から最終製品までの系統を追跡します。
  • ビジュアル・タイムラインをキャプチャ

  • ソース・トランザクションまでドリルダウンして、トランザクション履歴のビジュアル・タイムラインを表示します。

電子記録と電子署名でコンプライアンスを保証

    コンプライアンス

  • 組織のGood Manufacturing Practices(GMP)として重要な点で、電子署名をキャプチャします。
  • 柔軟性

  • リスクベースのアプローチで、トランザクションを判定します。
  • ワークフローを推進

  • メールを介して、またはOracle Cloudアプリケーションを通じて、承認者に通知を送信します。
  • リポジトリを保護

  • 保護されたドキュメント・リポジトリから、電子記録のPDFレポートを問い合せて取得します。
製造の成功事例

顧客事例

Precision Groupのロゴ

Precision Group、Oracle Manufacturing Cloudで効率を改善

 

Precision Group

Precision Groupは、Oracle Manufacturing Cloudを使用してシステムを刷新し、効率と柔軟性、そして製造およびサプライ・チェーンの業務に関するエンドツーエンドの可視性の向上を実現しました。同社CIOがその経緯を語ります。

Titan Internationalのロゴ

Titan International、InforからOracle ERP、EPM、SCM Cloudに移行

 

Titan International

世界的なタイヤ・メーカーであるTitan Internationalが、管理性とグローバルな透明性を強化し、世界各地の工場でイノベーションを推進するためにInfor LawsonからOracle ERP、EPM、SCM Cloudに移行したのはなぜでしょうか。その理由を、同社CFOのDavid Martin氏が解説します。

The Wonderful Companyのロゴ

The Wonderful Companyにとって最先端テクノロジーはクラウドの大きな利点

 

The Wonderful Company

The Wonderful Companyが、単一のクラウド・プラットフォームに移行することでAIやブロックチェーンといった最先端テクノロジーの利点を得られた経緯について語ります。

Ballard Powerのロゴ

Ballard Power、Oracle SCM Cloudで大量生産に移行

 

Ballard Power

Ballard Powerは、燃料電池テクノロジーを軸に事業を展開しています。Oracle Supply Chain CloudとOracle ERP Cloudが、世界クラスの製造業を支えている現状をご覧ください。

トレンド

ブログ投稿を読む

価格

毎月のサブスクリプションに含まれる内容を見る

Oracle Supply Chain Execution Cloud1

ユーザー/月2

  • 在庫、出荷、受入れ
  • 資産のメンテナンス
  • 製造
  • 受入れ会計、原価会計、揚陸コスト管理
  • サプライ・チェーンのオーケストレーション
  • サプライ・チェーンの財務オーケストレーションと価格設定
  • 製品の系統
  • 電子署名と電子記録
  • 品質検査3
  • インストール・ベース資産情報
  • サービス・ロジスティックス資材管理

Oracle Supply Chain Execution Cloud—Hosted Employee1

従業員/月4

  • 在庫、出荷、受入れ
  • 資産のメンテナンス
  • 製造
  • 受入れ会計、原価会計、揚陸コスト管理
  • サプライ・チェーンのオーケストレーション
  • サプライ・チェーンの財務オーケストレーションと価格設定
  • 製品の系統
  • 電子署名と電子記録
  • 品質検査3
  • インストール・ベース資産情報
  • サービス・ロジスティックス資材管理
  1. 原価会計、または会社間の売掛金勘定/会社間の買掛金勘定をサポートするには、Oracle Enterprise Resource Planning Cloudのサブスクリプションが必要です。
  2. 必要な最小要件は10ユーザーです。
  3. Oracle Supply Chain Execution Cloudのユーザーは、ライセンスの範囲内で検査データを入力できます。検査計画の定義など、品質に関連するその他すべての操作を実行するには、操作を実行するユーザーにOracle Product Management Cloudのライセンスが必要です。
  4. 必要な最小要件は1,000従業員です。