該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードのシノニムを使用します。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
お問合せ Oracle Cloudにサインイン

Oracle Private Cloud@Customer

Oracle Private Cloud@Customerは、オンプレミスのOracle Private Cloud Applianceのスケーラビリティ、ダウンタイムなしのアップグレード可能性、セキュリティを柔軟なサブスクリプション・モデルと組み合わせることにより、顧客のクラウド導入を簡素化します。事前構築され、IaaSに完全対応しているPrivate Cloud@Customerは、顧客が完全な本番環境に到達するために必要な時間をわずか数時間に短縮します。ITチームは、コンテナ化されたクラウドネイティブ・アプリケーションと複数のオペレーティング・システムで実行されるエンタープライズ・アプリケーションのパフォーマンスを最適化して、さまざまなワークロードを導入および管理できます。

Private Cloud@Customerについて専門家に相談する

Private Cloud Applianceの機能

主要な差別化要因

完全なオンプレミス・クラウド・ソリューション

ワークロードの制御を維持しながらリスクとコストの削減を実現するデータセンターベースの完全なクラウド・ソリューションです。

オラクルが所有および管理

オラクルが所有および管理し、パッチ適用を行うPrivate Cloud@Customerシステムは、システム管理関連の運用コストを削減しながら、顧客の設備投資要件を排除します。

コンテナのサポートによりアプリケーションの移植性が向上

統合されたKubernetesとDockerのサポートにより、IT部門はこれまでになく簡単にオンプレミスのプライベート・クラウドにスケーラブルなクラウドネイティブ・ワークロードを実装し、アプリケーションをOracle Cloud Infrastructureに移植できるようになります。

パーティションによるソフトウェアコストの削減

ハード・パーティショニングにより、企業はソフトウェア・ライセンスの使用量を削減し、オラクルのソフトウェアの実行コストを削減できます。

統合されたソフトウェアによるコストの削減

Oracle LinuxおよびOracle Solarisのオペレーティング・システム、Oracle Linux Cloud Native Environment、およびOracle VM仮想化ソフトウェアが含まれており、顧客の総所有コスト(TCO)を削減します。

詳細を見る

導入の自動化

VM Templatesでアプリケーションの可用性をすばやく実現

事前構築されたOracle VM Templatesを使用すると、顧客はアプリケーション、ミドルウェア、データベースをDIYソリューションよりも迅速に導入できます。

自動構成によるネットワークのセットアップの高速化

高性能かつ低遅延のソフトウェア定義ネットワーク(SDN)によりコンピューティングおよびストレージ・ネットワーク構成が自動化されるため、顧客は数週間もかからず、数日で(PDF)、最適化されたインフラストラクチャでワークロードを実行できるようになります。

コンテナの自動化によるアプリケーション導入の簡素化

完全に統合されたOracle Linux Cloud Native Environmentにより、企業はKubernetesを使用してアプリケーション・コンテナの導入、スケーリング、および管理を簡単に自動化できます。

統合された管理によるITタスクの簡素化

Oracle Enterprise ManagerおよびAnsibleプレイブックはインフラストラクチャのプロビジョニングを自動化することにより、ITマネージャーのタスクを簡素化します。管理者は単一のダッシュボードからOracle Private Cloud@Customerおよび接続されたZFS Storage Applianceシステムを管理できます。

詳細を見る

低コスト

完全なソリューションによる統合コストの削減

ハードウェア、ソフトウェア、および管理機能を完備し、事前構築された統合ソリューションは、DIYの代替品よりも低価格(PDF)の機敏かつインテリジェントなインフラストラクチャをより迅速に提供します。

包括的な価格設定により、隠れたコストを排除

Oracle Linux Cloud Native Environment、Oracle VM仮想化、およびOracleオペレーティング・システム・ソフトウェアがサブスクリプション料金に含まれているため、顧客のコストを低く抑えることができます。

パーティショニングによりソフトウェア・コストを削減

システム内の計算ノードとCPUコアのサブセットに基づいたソフトウェア・ライセンスにより、総コストを低減できます。

シンプルなスケーリングで、需要に合わせて容量を調整

計算ノードは、ダウンタイムなしでOracle Private Cloud@Customer構成に追加または削除できます。そのため、アプリケーションの稼働時間を最大化し、TCOを最小化できます。

サポートコストの削減

Oracleが管理するフルスタックのパッチ適用により、マルチベンダーのDIYソリューションよりもIT運用を削減(PDF)でき、顧客のアプリケーション・インフラストラクチャのトラブルシューティングとパッチを簡素化できます。

詳細を見る

パフォーマンスとスケール

アプリケーションを迅速に実行する高性能サーバー

各計算ノードは、48個のCPUコアと最大1.5 TBのメモリを備えた最新のIntel®Xeon®プロセッサを使用して顧客ワークロードを最高速度で実行します。

最適化によるアプリケーションの高速化

CSPブラジルのビデオで示されているように、フルスタックのパフォーマンス最適化は、従来のDIYアーキテクチャと比較して重要な顧客ワークロードを最大40%加速させます。

内蔵ストレージで多様なワークロードを高速化

高性能のOracle ZFS Storage Applianceは、すべてのPrivate Cloud Applianceに緊密に統合されているため、OLTP、データウェア・ハウジング、高度に仮想化された環境など、IOを集中的に使用する顧客ワークロードが可能な限り高速に実行されます。

シンプルなスケーリングで成長が容易

コンピューティング・リソースを96個から1,200個のCPUコアに、ストレージを200TBから2PBを超える使用可能容量に独立してスケーリングすることで、顧客は進化するワークロード要件に対して経済的に対応できます。

詳細を見る

統合された管理

コンバージド・ネットワーキングにより複雑さを解消

組み込みのソフトウェア定義ネットワークは、単一の物理ネットワーク上での複数の内部ネットワークの運用が可能で、顧客のIT導入の複雑さを軽減し、ネットワーク管理チームのワークロードを削減します。

フルスタック・ソリューションによる管理の一元化

Oracle Enterprise Managerは、Kubernetesコンテナの導入を含むフルスタック・ソリューション管理を単一のコンソールから実行可能にすることで、顧客のITチームのワークロードを簡素化します。

リアルタイムのインサイトでトラブルシューティングを迅速化

高度な管理と分析により、個々のワークロードがパフォーマンスを制限する輻輳を引き起こしている理由をすばやく理解できます。

マルチテナンシーによりセキュリティが向上

インフラストラクチャの分離ときめ細かいストレージ暗号化により、企業は単一のシステムで複数の外部クライアントまたは内部組織をサポートできます。

詳細を見る

クラウドレディ

クラウドネイティブ・サポートによる開発の簡素化

Oracle Linux Cloud Native Environmentにより、開発者はKubernetesを使用して、コンテナ化されたアプリケーションをすばやく作成し、簡単にスケーリングできます。

Kubernetesによりワークロードの移植性が向上

Kubernetes Engineダッシュボードによりクラスター、サービス、ログのコンテナ作成が自動化されるため、顧客アプリケーションをオンプレミス環境とクラウド環境の間で簡単に移動できるようになります。

フルスタック管理によりITワークロードを削減

Oracle Enterprise Managerを使用すると、ITチームは統合環境での労力をかけずに、顧客データセンターでオンプレミスのクラウドを迅速に作成および管理できます。

詳細を見る

高可用性

実証済みのテクノロジーにより可用性が向上

Oracle ExadataおよびOracle Cloud Infrastructureで使用されているのと同じ実績のあるテクノロジーにより、顧客ワークロードの稼働時間が最大化されます。

高可用性設計により稼働時間が増加

単一障害点のない高可用性アーキテクチャにより、重要な顧客アプリケーションはデバイスの障害を乗り越えて実行されます。

クラウド自動パッチ適用によるダウンタイムの削減

ダウンタイムなしのアップグレードを使用すると、操作を中断することなくパッチ適用、メンテナンス、およびアップグレードを完了できます。

組み込みのビジネス継続性により、24時間年中無休の運用が可能

複数の場所の間でOracle Site Guardを利用する、VMレベルでの組み込みの障害時リカバリにより、ITチームは緊急時においても通常の顧客操作を迅速に復元できます。

詳細を見る

オラクルが提供するマネージド・サービス

オラクルが所有および管理

Private Cloud@Customerはオラクルによって所有、管理および保守され、顧客データセンターに導入されるため、設備投資が不要で、管理関連の運用コストを削減できます。

インストールと構成

インストール、構成、システム機能の検証などの標準的なシステム・ハードウェアのインストールにより、顧客ITチームの作業負荷が軽減されます。

組み込みの監視

24時間年中無休のシステム監視は、問題の事前対応型通知によりそのサービス・レベルが高められており、顧客の稼働時間を確保するのに役立ちます。

変更管理

オラクルは、Private Cloud@Customer環境の整合性を維持し、顧客のガバナンス要件を満たすために必要な変更要求とメンテナンスの記録を保持します。

Oracle Cloudのサポート

ハードウェアとソフトウェアのコンポーネントに関する製品サポート・サービス・リクエスト(SR)をオラクルが管理することによって、顧客の時間を節約し、迅速な問題解決を実現します。

事前対応型のパッチ適用

オラクルによるパッチの定期的な導入により、基盤となるプラットフォームが最新かつ安全に保たれ、顧客の貴重な時間が節約されます。

製品詳細

組み込みソフトウェアにより管理の負担を軽減

組み込みのコントローラー・ソフトウェアは、ITチームによる構成と管理の手間を削減しながら、顧客のデータセンターへのインストールを合理化します。

統合された管理によりIaaSの導入を簡素化

中央監視、メータリング、セルフサービス・ポータル機能により、ITチームはインフラストラクチャIaaS(as-a-service)機能を簡単に導入できます。

分離により、安全なマルチテナンシーが可能

グループごとに256個のVLANを備える、8つの分離されたテナント・グループにより、サービス・プロバイダーおよび企業環境での安全なマルチテナント導入が可能になります。

高速ネットワークによりパフォーマンスが向上

100GbEの内部ネットワークと、顧客データセンターの他のシステムとの間に選択可能な10/25/40/100GbE接続により、重要なアプリケーション・ワークロードのパフォーマンスが最大化されます。

詳細を見る

Oracle Private Cloud@Customerのユース・ケース

2020年8月18日

Oracle Private Cloud ApplianceおよびOracle Private Cloud@Customerは、プライベート・クラウドとパブリック・クラウド全体でエンタープライズ・アプリケーションを最新化します

シニア製品マネージャー、Scott Ferguson

「オラクルは、すぐに使える自動化されたKubernetesセットアップなどを含む、クラウドネイティブなテクノロジーを備えたPrivate Cloud Applianceのアップデートをリリースしたばかりです。これにより、顧客は費用効果が高くポータブルな方法でオンプレミスまたはパブリック・クラウドのいずれかでワークロードを安全に実行および維持できるようになります。」

全文を読む

その他の関連製品

Exadata X8M

Oracle Databaseを実行するための最も高速でスケーラブルなマシン

Exadata Cloud@Customer

顧客データセンターで使用できる柔軟なExadataクラウド

Autonomous Database on Exadata Cloud@Customer

顧客のデータセンターで使用できる包括的な自律型データベース

Exadata Cloud Service

最も高速で柔軟なOracle Databaseパブリック・クラウド

始める


Oracle Cloud Free Tierを試す

Oracle Cloud Infrastructureではアプリケーションを無料で構築、テスト、導入できます。


お問い合わせ

Oracle Private Cloud@Customerについては専門家にお問い合わせください。