2022年のレストランのトレンド

2022年の消費者トレンドでは、迅速でパーソナルで超効率的な体験が重視され、期待されるようになるため、デジタル志向への移行が加速します。


11の地域(オーストラリア、ブラジル、チリ、中国、フランス、ドイツ、イタリア、メキシコ、UAE、英国、米国)で5,700人以上の消費者を対象としたグローバル調査では、テクノロジーがもたらす恩恵に対して楽観的でオープンであることが示されました。このようなデジタル化は、企業が顧客と直接つながりを維持し、ブランド・アフィニティを構築するための新たな課題をもたらします。

レストランのオーナーや経営者は、店内外でのシームレスな顧客体験を提供するために、デジタル・プレゼンスを拡大し続ける必要があります。来たるダイニングの年に向けて、注力すべきレストラン消費者トレンドはこの4つです。

グローバル調査

人とのやり取りよりも便宜性

デジタル化が進み、人とのやり取りや接点が減少するにつれ、企業が顧客と直接つながりを持つことが新たな課題となっています。

テイクアウトと配達は今後も続く

対面での食事が再び広く利用できるようになってきましたが、2021年4月の前回レポートと比較しても、対面での食事は安定化が見られます。

即座に満足を得たい傾向の増加

オフプレミスの需要に永久的にシフトした結果、待ち時間に対する耐性がさらに低下しています。消費者は、テーブルでも、カウンタやドライブスルーでの注文でも、遅いサービスを許容することはまずなくなりました。

クリック&コレクトでロイヤルティと購買を促進

クリック&コレクトは、対面販売とテイクアウトのハイブリッドの中でも特に人気があります。顧客の63%が、このオプションを気に入っており、このオプションを提供するブランドを探していると答え、44%がブランドに対するロイヤルティが高まると回答しています。このサービスを利用すると、消費者の支出が増えるようです。59%が、このサービスがあるならもっと支払ってもよいと答えており、特にこの傾向が強いミレニアル世代は70%に達しています。

チャネルにまたがる顧客満足度

レストラン経営者は、消費者の様々な要求のバランスを取るために効果的なシステムを実装する必要があります。あるいは、消費者と対面する店舗ではなくゴースト・キッチンを介して、配達をサポートする方法を全面的に再検討する必要があります。

テイクアウトはテーブルでの食事体験に干渉できない

これに対する許容度は急速に低下しています。外食したりカウンタで対面注文したりする人は、オンライン注文で遅延や混乱が起きたと感じると、焦りやいらだちを感じがちです。

レストランは、顧客が望む方法で支払えるようにすべきである

現金は世界的に好まれていますが(44%がこの方法を好む)、パンデミック前と比べると人気が落ちており、81%が現金の使用を減らすことを考えています。非接触型(Apple Pay、Google Pay)の人気が高まっており、40%がこの方法を好んでいます。一方、暗号通貨のような代替決済の台頭は遅れています(4%)。

パーソナライゼーションへの抵抗感を克服

ブランド・アフィニティの構築は、対面での体験からデジタル対応のパーソナライゼーションや積極的な推奨へとシフトしていくでしょう。

パーソナライズされたオファーが期待され、歓迎される

ブラウジングやショッピング、日常生活の管理などの主要なインタラクション・チャネルとしてデジタルが幅広く採用されているため、消費者はどこに行ってもカスタマイズされた広告を見ることに慣れており、好きなブランドからの積極的な提案を高く評価するようになっています。

このパーソナライゼーションには大きな責任が伴う

消費者はますます自分のデータがどう扱われるのか心配するようになっているため、透明性の確保が信頼を維持するための鍵になります。前回の調査では、消費者の4人に1人が、配達アプリに渡したデータに誰がアクセスできるのかわからないと答えましたが、今回の調査では、約半数(48%)がこの点について完全な可視性とコントロールを望むと回答しています。

持続可能性と透明性により、ロイヤルティの拡大を促進

パンデミックにより、人々は自分たちを取り巻く世界や地球の健康状態について、より強く意識するようになりました。企業は、いくつかのレベルで持続可能性へのコミットメントを示すとうまくいくでしょう。

消費者の71%がパンデミック前よりも環境に関心を持っている

しかし、テイクアウトや配達の増加は、使い捨て包装や流通の使用が増加することを意味します。この矛盾が消費者を不安にさせます。そのため、生分解性パッケージを使用し、低排出ガスで配送するレストランは、消費者にとって特に魅力的なのです。

消費者は持続可能性の実践にも大きな投資

93%が食品廃棄物の削減に向けて努力することが重要だと考え、87%が持続可能な取り組みの透明性が重要であると答えています。企業は約束を行動に変える必要があります。口だけでなく、すべての人にとってより良い環境を目指してどのように取り組んでいるのかを示す必要があります。

ヘルシーなオプションがメニューに必須

過去18か月間に公衆衛生への関心が高まったことにより、顧客は食品の選択や、それが自分の健康にどのように影響するかをより意識するようになりました。顧客は、レストランがメニュー項目に透明性を持たせることで、より健康的な選択を支援してほしいと考えています。

2022年: 野心の年

レストラン・テクノロジーとカスタマー・エクスペリエンスのデジタル化は今後も続きます。2022年には、複数の販売チャネルへの対応、個人データの管理、より多くの情報を提供するパーソナル・オファー、環境負荷やヘルシー・オプションの管理に関する透明性など、十分に組織化されたアプローチが視野に入ります。

オラクルは、意欲的なレストラン経営者が新しい方法で取引を行い、すべてのビジネス上の決定の中心に顧客を据えて、優れたゲスト・エクスペリエンスを提供できるよう支援します。

Oracle Food and Beverageをさらに活用


詳細データを入手

2022年のレストラン・シーン: 米国消費者レストラン・トレンド

マーケティングおよび成長コンサルティングを手掛けるUntoldが実施した独自調査。


相談をリクエスト

製品エキスパートに相談

優れたゲスト・エクスペリエンスのオーケストレーションにオラクルがどのように役立つのかをご覧ください。