オラクル クラウド・プラットフォーム ソリューション

Oracle Cloud

アプリケーション性能監視
サービスレベルを改善し、業務システムの価値を高める

クラウド時代のアプリケーション性能監視

企業の業務アプリケーションがオンプレミスとパブリッククラウドの両方に配置される時代、IT運用は高度化し、統合的なアプリケーション監視、問題発生時の迅速な対応を困難にしています。
オラクルは、こうした問題をシンプルに解決するアプリケーション性能監視サービスを提供しています。クラウドベースで手軽に導入でき、オンプレミスとクラウド両方のWebアプリケーションを監視。リアルタイムな詳細分析を支援し、問題が顕在化する前に対処できるようになります。

アプリケーション性能監視が抱える主な課題

クラウドの採用が進むにつれ、企業内の各種業務アプリケーションオンプレミスとクラウド両方に配置される状況になりました。運用環境の性能監視は困難を増し、多くの企業が次のような課題を抱えています。

アプリケーションの一元的監視の難しさ
  • 各種業務アプリケーションがオンプレミスとパブリッククラウドに散在している
  • 業務プロセスの背後で複数のシステムが複雑に連携している
  • 包括的かつシームレスに管理できない
ユーザのエクスペリエンスを把握することの難しさ
  • 「アプリが遅い…」などユーザが体験するブラウザ側の性能問題を、サーバー側のログからは判別できない
  • 問題が長期化し、ユーザーの不満が増大
迅速な問題解析・解決の難しさ
  • アプリケーション性能遅延やエラーの原因を示すログを発見するのに時間がかかる
  • ログが多種類かつ大量にあり、重要なログを見つけるのが困難
  • 遅延の原因がインフラのリソース不足によるものか切り分けるのが困難

オラクルならオンプレミスもクラウドも一元的に監視

オラクルのクラウドは、オンプレミスと他社クラウドを含むパブリッククラウドの両方に配置される様々なアプリケーションの各レイヤーを一元的に監視するサービスを提供しています。
Oracle Application Performance Monitoring Cloud Service(Oracle APM Cloud Service)は、クラウド時代に相応しいアプリケーション性能監視サービスです。

  • 【特長】
  • 直観的で見やすいインタフェース
  • クラウドベース。簡単な設定ですぐに始められ、オンプレミス、パブリッククラウドの両者を監視可能
  • 機械学習を活用したインテリジェントな問題検知
  • 【機能】
  • エンドユーザー性能分析
  • サーバー・リクエスト性能分析
  • ログ解析サービスとの連携でより深い調査も

Oracle APM Cloud Serviceは、開発者・運用担当者によるトラブル・シューティングを容易にし、アプリケーションの性能維持を支援することで、業務システムの価値向上に貢献します。

性能情報をグラフィカルに“見える化”

グラフを多用した直観的で分かりやすいインターフェースで、迅速な問題分析、解決を支援します。

  • システムの性能とログを一元的に可視化
  • グラフィカルな画面でアプリケーション性能をリアルタイムかつ詳細に分析
  • ユーザーからのクレームが来る前に対応が可能に
  • 画像:図 APM Cloud Serviceのグラフィカルな性能分析画面
  • ※画像クリックで拡大

エージェント設置のみですぐ使える

コンフィグレーション変更は必要なく、軽量なエージェントを配置するだけで迅速にデプロイでき、すぐに監視を開始できます。

  • サーバーレスですぐに始められるクラウド・サービス
  • エージェントを配置するだけで、リクエストを自動的に分類、計測、集計

エンドユーザー性能分析

実際にエンドユーザーが体験する「アプリが遅い」など、サーバーリソース使用量に現れない性能問題をユーザー観点で分析できます。

  • リソース使用量として表面化しない性能問題をユーザ視点で監視、検出、分析
  • すべてのページ(Ajax含)に対する実際のエンドユーザー体感性能を可視化
  • セッションの時系列のアクセス情報を表示
  • 性能問題がブラウザ側で発生しているのかサーバー側かを切り分け
  • 画像:図 APM Cloud Serviceのエンドユーザ性能分析画面
  • ※画像クリックで拡大

サーバー・リクエスト性能分析

Webサービス呼び出しからデータベースアクセスなど、サーバー側内部の各レイヤーの処理性能を分析できます。

  • Webリクエストの処理内部のトポロジを可視化
    (例:JSPページ → JSPサーブレット → REST→ SQL)
  • 各レイヤーの様々な情報(エラー数、平均実行時間、実行数など)を保有
  • アプリケーションとデータベースの処理時間の内訳を簡単に把握
  • 個別リクエストについても詳細情報を保存。最も遅いリクエストやエラーについては、追加で診断情報を自動取得
  • 画像:図 APM Cloud Serviceのサーバー・リクエスト性能分析画面
  • ※画像クリックで拡大

多様な言語、マルチクラウド、幅広い監視対象

Oracle APM Cloud Serviceは、オンプレミス、他社クラウドを含むパブリッククラウド、オラクル製品、他社製品の区別なく、統合監視することができます。

  • オンプレミス、パブリッククラウド、他社製品、他社クラウドも区別なく監視
  • 主要なプラットフォームに標準対応するエージェント
  • WebLogic Server
  • Tomcat、Jboss、WildFly
  • Ruby
  • IIS (.NET)、WebSphere
  • Node.js
  • エージェント未対応のAPサーバーも静的Javascript埋め込みでエンドユーザー性能の監視が可能
  • 画像:図 APM Cloud Serviceはオンプレミスとクラウド、他社製品も対応可能
  • ※画像クリックで拡大

ログ分析やインフラ監視との連携でより深い調査も

ログ分析サービスOracle Log Analytics Cloud Serviceやインフラ監視サービスOracle Infrastructure Monitoring Serviceと連携することで、システムの全体を一元的に可視化でき、さらに深いトラブルシューティングが可能になります。

  • クラウドベースのため本番環境へのアクセスせずにログを参照
  • ユーザーの体験した性能問題からログへドリルダウン
  • 分析中の内容に関連するインフラリソース状況を連携して検索可能
  • 問題発生時のアプリケーションに対するリクエストの流れと、アプリケーションやプラットフォームのログ・リソース
  • 画像:図 Log Analytics Cloud Serviceと連携しリクエストとログを紐付け分析
  • ※画像クリックで拡大

構成例:アプリケーション・サーバー(冗長構成)の性能監視

Oracle APM Cloud Serviceは、監視対象システムのアプリケーション・サーバーにエージェントを設置するだけで、エンドユーザー性能分析、サーバー・リクエスト性能分析ができるようになります。

システム要件と構成図

最低限の標準的なシステム構成(APサーバー×2、DBサーバー×1)
トラブルの原因をブラウザ側とサーバー側で切り分けできること
エンドユーザー側の性能も把握したい
  • 画像:図 冗長構成APサーバーとDBサーバーのアプリケーション性能監視構成例
  • ※画像クリックで拡大

構成サービスの概要

Oracle Application Performance Monitoring Cloud Service
  • 2エージェント利用(監視対象は冗長構成の各APサーバー)
  • エンドユーザー性能監視のため

IT運用高度化の統合プラットフォーム Oracle Management Cloud

オラクルは、分析に主眼を置いた情報システム部門向けのクラウド・サービス・スイート Oracle Management Cloud(OMC)を提供しています。
Oracle APM Cloud Service、および Oracle Log Analytics Cloud Service は OMC のサービスの1つです。
OMC は、あらゆる運用データ(構造/非構造)を集約し、シームレスに分析する統合プラットフォームとして、次世代統合監視、管理およびアナリティクスを可能にします。クラウド時代の運用監視なら Oracle Management Cloud。

  • 画像:図 Oracle Management Cloudのサービス群
  • ※画像クリックで拡大

お問い合わせはOracle Digitalまでお気軽に

Oracle Digital は、製品のご購入・ご導入に関する無料のご相談窓口です。
製品/サービス、価格などに関するご相談はお気軽に Oracle Digital まで。
トライアルに関するご質問にもスピーディにお応えします。

フリーダイヤル ☎ 0120-155-096
受付時間 月~金 9:00-12:00 / 13:00-17:00
(祝日および年末年始休業日を除きます)


Oracle Cloud無料トライアル

30日間有効な$300分のクレジットの取得からトライアル開始までの手順を、ステップ毎にご説明します。

今すぐサインアップして、30日間有効な$300分のクレジットを取得しましょう。
さまざまなサービス、構成を構築してお試しいただけます。ぜひご活用ください。