申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

人材管理(WFM)とは

人材管理(WFM)ソリューションは、企業が、従業員の時間を管理するプロセスを効率化および自動化し、従業員を効率的に組織化および配置し、従業員とマネージャーのセルフサービスを実現し、従業員の安全を確保できるソフトウェア・ソリューションです。

HCM WFMの動画サムネイル

効果的な人材管理は生産性とコスト効果の高い従業員を維持するために必要な活動のすべてを含んでいます。これは、適切な時間とコストで適切な従業員を確保するために、プロジェクトに人員を効率的に配置するためのすべてのタスクとプロセスをカバーするものです。また、すべての従業員(臨時従業員と時間給のシフト従業員を含む)のタイムトラッキングの自動化、および地域の労働法と報告要件を考慮する欠勤と休暇の管理が含まれています。

人事チームは、従来のコンプライアンスおよび自動化活動にとどまらない統合的なツールを提供して、ビジネスの他の部分に価値を提供する方法でさらに戦略的になることができます。企業がタイムトラッキングを自動化するようになったため、従業員モデリングとリアルタイム分析の利用も増加しています。現在の主要な人事システムは、異なるツールとレガシー情報システムの寄せ集めではなく、最新のデジタル・エンタープライズの要件を満たす戦略的、連携的、および統合的なシステムです。

WFMソリューションのコンポーネント

一般的なWFMソリューションは勤怠の追跡、従業員のスケジューリング、および欠勤の管理を支援する機能を実装しています。人材管理ソリューションは、このような基本的なプロセスだけでなく、従業員の安全衛生も含むように拡張できます。

勤怠

時間管理システムでは、最もコストと価値の高い資源である従業員を可視化および管理できます。また、労働法または労働組合との協定の遵守を確保するものです。

Time and Labor(3:54)

欠勤管理

従業員の欠勤を管理し、グローバルな休暇規制に対応できるアプリケーション。欠勤管理アプリケーションは、コストとリスクの増加、生産性の低下など、欠勤に伴う影響を軽減する機能を実装しています。

Absence Management (4:06)

従業員の安全衛生

企業は、このアプリケーションによって、環境安全衛生インシデントを簡単で効果的に管理できます。報告、重要な情報の取得、インシデントの根本原因の発見など、プロセス全体を簡素化および自動化すると、企業の安全全体を向上できます。

従業員の安全衛生 (4:16)

従来の人材管理ソリューションの課題とは

すべてのビジネスは、ユニークであり、独自の課題を抱えています。人材管理ソリューションは、このような懸念に対処する必要があります。人材管理(WFM)の最も一般的な課題は次のとおりです。

タイムトラッキング

タイムトラッキングは社内のほとんどの従業員に影響を及ぼします。顧客が現在のニッチな勤怠システムで直面している最大の問題の一つはマスター人事システムから送信されるデータのレイテンシまたは整合性の不足です。従来、タイムトラッキングは、わかりにくく、時間がかかり、エラーが生じやすいため、不要な給与計算コストと追加の管理負担が生じる可能性があります。さらに悪いことに、給与明細が不正確な場合は、従業員の士気が影響を受けます。どの企業も、従業員への支払を誤ったこと、または法律に従わなかったことを理由に、訴訟を受けることも、悪い評判を立てられることも望んでいません。

代表的な従業員

通常、代表的な従業員は、非代表的な従業員より大幅に高い賃金と優れた福利厚生を享受しています。年功序列、終身雇用、資格、福利厚生、欠勤、および給与受給に関する規則が複雑であるため、このような規則を遵守することは、企業によっては非常に困難な場合があります。包括的な人材管理ソリューションがないと、契約ルールの管理は困難になる可能性があります。

代表的な従業員(4:11)

欠勤管理システム

信頼性の高い欠勤管理システムがないと、コストとリスクが増加し、生産性が低下する可能性があります。企業は世界中で欠勤ポリシーを管理することから生じるさまざまな複雑な要件に対応する必要があります。欠勤管理システムには、国と地域によって異なる独自のルールとユーザー・インターフェイスが必要なことがよくあるという課題があります。

多くの企業は安全衛生インシデントの通知をタイムリーに受け取ることが非常に困難であるとわかっています。従業員は、ニアミスや安全でない状況を組織に報告すべきかどうか、確信が持てないようです。多くの企業では、報告を促し、従業員が過去のインシデントまたは潜在的なインシデントについて報告する場合の障害を最小限に抑制するシンプルで直感的なツールが不足しています。最終的に、企業は安全衛生ポリシーに責任を負うことになるため、最新の効率的な安全衛生管理プロセスを導入することは企業自身の最大の利益になります。

人材管理の主要な利点


従業員の生産性向上

人材管理システムでは、手作業を軽減し、勤怠に関するすべてのポリシーをさらに適切に管理できます。労働時間、従業員の稼働率、および安全インシデントの可視性が向上すると、従業員の生産性全体が向上し、マネージャーは、スタッフ・ニーズを確実にカバーし、状況が変化した場合、迅速に対応できます。

コストとリスクの削減

従業員の生産性が向上すると、プロセスが効率化され、管理業務にかかる時間が短縮されるため、人事管理コストが減少し始めます。従業員の稼働時間と予算時間をさらに可視化すると、勤務時間と欠勤時間の正確性と信頼性を確保し、人件費を削減できます。

正確でタイムリーなデータの確保

包括的な人材管理ソリューションでは、勤務時間と欠勤を正確に報告する簡単で直感的な方法をすべての種類の従業員に提供できます。包括的な時間管理ツールでは、検証を自動化し、コンプライアンス違反の場合は、従業員にアラートできます。

より安全な職場環境を作る

人材管理システムでは、従業員の安全とコンプライアンスという文化を促進するだけでなく、環境安全衛生インシデントをさらに効果的に管理することもできます。インシデントの報告から重要な情報の取得まで、プロセス全体を効率化および自動化して、情報の正確性を確保し、安全衛生上の問題を報告するように、従業員を促します。

最適な人材管理ソリューションの選択に関する主要な考慮事項

人材管理ソリューションの導入に成功するには、次のベスト・プラクティスを適用できる必要があります。

従業員にとっての使いやすさ

従業員が使用するデバイスでセルフサービスの時間入力および管理を提供します。従業員がタイムカードなど、セルフサービスのユーザー・プロセスで自分の勤怠データを入力できるようにして、エラーを軽減し、人事担当者を解放します。モバイル対応のシンプルな時間入力、または時間と欠勤を入力するためのデジタル・アシスタントでは、従業員が勤務した時間を迅速で簡単に記録できます。優れた休暇管理ソリューションは社内の欠勤を管理するルールとポリシーの定義を完全に管理します。期間、資格、発生、資格の定義、および支払の仕様を迅速に設定して、欠勤計画を作成します。また、欠勤の検証、繰り越しルール、管理業務、および表示外観を設定して、欠勤の種類を作成します。

マネージャーと人事にとっての使いやすさ

現在の最新の柔軟な勤怠および欠勤管理ソリューションは、マネージャーが、計画外の欠勤の影響を軽減し、例外による時間を管理できるように、ビジネスと従業員のニーズに応じて、設定できます。コンプライアンス・アラートでは、潜在的な違反を未然に防止できます。テキスト・メッセージで送信すると、さらに迅速に通知できます。マネージャーは、設定可能なルール・エンジンとテンプレートによって、ITを介さずに、それぞれの従業員に適したタイム・カードを設計できます。

企業の従業員データを簡単に接続可能

勤怠システムだけでも十分な効果がありますが、このようなシステムをスケジューリング、給与計算、総勘定元帳、プロジェクト・マネジメント、および人事コア・システムと統合すると、効果は大きくなります。実際、勤怠を給与計算と統合している企業では、給与計算処理とタイムトラッキングのエラーが減少しています。給与計算および時間管理システムとの密接な統合を提供します。堅牢な休暇管理ソリューションは、給与計算、勤怠、およびHCMコア・システムからデータを収集して、休暇変更と給与計算を連携します。従業員は、セルフサービスまたはタイム・カード内で直接、欠勤をスケジューリングできます。いずれにせよ、時間および休暇管理が完全に可視化されるという点では、結果は同じです。

人材管理の未来

人材管理の仕事は、市場の変化、規制環境の強化、および従業員の多様化と分散化によって、さらに複雑で不可欠になっています。統合的な人材管理テクノロジーがないと、変革の必要性を判断し、人事活動をビジネス目標に整合させるために必要な戦略的洞察にアクセスする能力がないため、企業は収益に悪影響を及ぼすことになります。

効果的な人材管理は勤怠管理、欠勤管理、および安全衛生を含んでいます。また、給与計算など、主要な人事機能および財務データと完全に統合されて、以前は面倒だった業務が、正確で簡素なわかりやすいものになっています。この結果、企業の成功に貢献しようとするエンゲージメントと生産性の高いつながりのある従業員が生まれます。