申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

マスターデータ管理(MDM)とは

マスターデータ管理(MDM)を十分に理解するには、まずマスターデータを定義および説明し、マスターデータとマスターデータ管理を区別する必要があります。

マスターデータは企業の取引データと分析データをサポートおよび分類する重要なビジネス情報です。エンタープライズ・データまたはメタデータとも呼ばれ、多くの場合、アプリケーション固有のメタデータ、代替のビジネスの観点、企業の次元、参照データ、およびマスターデータ資産を含んでいます。エンタープライズ・データの例には、勘定科目表、企業またはコストセンターの構造、市場セグメント、製品カテゴリなどがあります。

マスターデータ管理(MDM)とは、その名のとおり、マスターデータを管理することです。MDMは、このマスターデータを統合、クリーニング、および増強し、アプリケーション、ビジネス・プロセス、および分析ツールと同期するアプリケーションとテクノロジーの組み合わせです。MDMが適切に行われると、企業で使用されるマスターデータは、さらに信頼性の高い正確なものになります。

マスターデータ管理(MDM)ソフトウェアは、企業がエンタープライズ製品、およびカスタマー・データを管理する場合に直面する課題の多くを解決できるように、シンプルなマスターデータ管理プロセスを提供します。

マスターデータ管理ソフトウェアが解決する問題、およびこのソフトウェアが重要な理由

マスターデータは、正しくないか、全社に分散して隠れていると、ビジネスのすべての側面に悪影響を及ぼす可能性があります。多くの場合、マスターデータが正しくないと、同じ指標に対して矛盾する数値が表示され、過剰在庫、買収の遅れ、企業再編、および不正確な需要予測が発生します。

つまり、MDMがないと、マスターデータを企業のビジネス・ニーズおよび戦略と連携することに注力できません。誰もがビジネスでマスターデータを使用していますが、ライフサイクル全体を可視化できる人は、ほとんどいません。多くの場合、主要なステークホルダーはデータソース、その正確性、およびその価値の向上方法を知りません。多くの場合、この可視性の欠如はデータを作成および消費する多くの異なるエンタープライズ・ソリューションとビジネス機能によります。

社内外のステークホルダーの数を考慮すると、ビジネス全体に保存された最新の正確で完全な情報にアクセスしにくい理由が、すぐにわかります。合併、成長、およびグローバリゼーションを考慮すると、情報は連携されていない複数のシステムとデータベースに最終的に分散する可能性があるため、それぞれに保存されている情報は、同じでも、バージョンと品質が異なる可能性が高いです。このため、レポートおよび分析ソリューションでは、戦略的で確実なビジネス上の意思決定を通知できません。多くの企業は、このデータを常に同期するために、手入力、スプレッドシート、または自社開発のソリューションに依存しています。

統合的なMDMソリューションが企業、製品、およびカスタマー・データ管理にどのように役立つか

エンタープライズ・データ管理(EDM)向けのMDM

多くの企業は、エンタープライズ・マスターデータ要素に関する合意を形成するために、メール、スプレッドシート、および電話会議に依存する手動プロセスを使用しています。このようなプロセスは、調整サイクルの長期化だけでなく、企業報告の整合性と信頼性の問題につながる可能性があります。

共通リファレンスにアクセスできないと、全社の数字が一致しないことは当然です。また、効果的なエンタープライズ・データ管理(EDM)がないと、アプリケーションのクラウドへの移行、合併と買収の影響の管理、ビジネス機能およびアプリケーションの間のエンタープライズ・データの差異の調整のいずれにかかわらず、企業は変化への対応にさらに遅れます。

EDMでは、勘定科目表など、重要なエンタープライズ・データ要素を一貫して使用して、ビジネス・アプリケーションを相互に連携できます。EDMでは、エンタープライズ・マスターデータが、エンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)、エンタープライズ・パフォーマンス管理(EPM)などの財務システムだけでなく、レポート、分析、および調達、サプライチェーンカスタマー・エクスペリエンス(CX)システムなど、他のトランザクション・アプリケーションでも一貫性を確保できます。

従業員は、EDMシステムによって、日常的なソフトウェア(会計、CRMなど)で必要なデータを操作します。EDMは、このような活動をクラウドソーシングし、共有フレームワークに追加します。このため、情報共有とデータ・ガバナンスは、柔軟性のない既成のルールではなく、人々がデータを実際に使用する方法に基づく正式なポリシーに成長できます。


製品マスターデータ管理(MDM)向けのMDM

最新の破壊的なイノベーションの開発から、単に仕事を続けることまで、正確でタイムリーな製品データは企業の情報生命線です。ベストプラクティスの製品マスターデータ管理では、すべての製品データを包括的に可視化できます。組織戦略を策定する経営陣から、開発、マーケティング、サプライチェーン、および企業運営に製品情報を継続的に活用するユーザーまで、すべての人が対象です。

製品マスターデータ管理(MDM)では、異種システムに分散するすべての製品マスターデータを統合および集中管理して、すべての機能部門で活用できる製品情報を包括的に可視化できます。製品データの断片化を解消できます。この問題は、企業が、統合されていないレガシー・アプリケーションと最高のアプリケーションに依存し、合併または買収に参加し、ビジネスをグローバルに拡大する場合に、よく生じます。

製品マスターデータ管理ソリューションは、企業のビジネス変革の基盤を提供し、営業、マーケティング、サプライチェーン、およびERPプロセスに必要な正しい製品データの唯一の情報源を提供します。製品MDMでは、統合的なエンタープライズ製品レコードとデジタルスレッドを確立できます。グローバル化された製造とオムニチャネルのコマースの製品マスターデータを迅速に商品化、管理、および公開し、1つのマルチドメイン・ソリューションでデータを内部および外部アプリケーションとマーケットプレイスにシームレスにシンジケーションできます。信頼できる商品化された製品情報を提供して、市場投入までの期間をさらに短縮できます。


カスタマー・データ管理(CDM)向けのMDM

一貫性のあるクリーンなカスタマー・データは企業の成功に不可欠です。カスタマー・データ管理(CDM)では、複数のソースとの間でデータを統合、クリーニング、補完、および調整します。また、住所を標準化し、重複する記録の問題を解決し、営業チームにカスタマー・プロファイルおよびレコードの最適なバージョンがあることを確認できます。

CDMは一貫性のない不完全で不正確なカスタマー・データに起因する次の一般的な問題を克服できます。

  • 不正確なデータに起因するカスタマー・サービスの低下
  • 重複するアカウントを担当する複数の担当者がいる営業チーム
  • リードの重複による非効果的なマーケティング

企業は、信頼できる顧客記録によって、さらに効果的な管理プラットフォームだけでなく、複数のシステムと部門で使用できる1つの正確なカスタマー・ビューを獲得できます。優れたカスタマー・データは合理的なアカウント・プランニング、販売実行の改善、および顧客の収益性を実現する全体像を提供します。

製品情報管理とMDMの違いとは、およびこのような違いが重要である理由

製品情報管理(PIM)はビジネスに関連するすべてのチャネルで製品情報を処理するシステムです。また、サプライチェーンの効果、生産性、市場投入までの期間、品質、および顧客満足にとって重要です。逆に、MDMは、企業のすべての取引および業務データ、簡単に言えば、社内に存在するすべてのデータで構成されています。MDMは、製品だけでなく、さらに大きく広いものです。MDMは、製品データだけでなく、従業員、顧客、サプライヤー、ベンダーなどに関するすべてのデータも含んでいます。

営業、マーケティング、サプライチェーン、およびERPプロセスに必要な正確な製品データの同じ唯一の情報源を共有できると、新しい製品とサービスを効率的に商品化できます。MDMソリューションは、一貫性のある完全な製品情報を販売チャネルで公開するだけでなく、信頼できる製品データをバックエンドのSCM、ERP、および受注システムで効率的に共有できます。

オラクルのマスターデータ管理(MDM)ソリューションを使い始める

組織戦略を策定する役員から、開発、マーケティング、サプライチェーン、および業務のスループットを向上するユーザーまで、社内の誰もが、正確でタイムリーなデータに依存して、意思決定を行っています。ポートフォリオとプロセスを戦略および成長目標に合わせて、引き続き調整するにつれて、信頼できるマスターデータを全社にシームレスに流すと、時間とコストを削減し、サプライチェーンと営業の効率を大幅に向上し、カスタマー・ロイヤルティを向上し、健全なコーポレート・ガバナンスをサポートできます。レガシー・システムは、個別のサイロで動作しているため、現在の変化するビジネス・モデルとさらに複雑な製品とサービスをまったくサポートできません。

オラクルのマルチエンティティMDMソリューションは、ビジネス全体でマスターデータを統合、クリーニング、管理、および共有するために設計された専用のアプリケーションです。オラクルのMDMソリューションは、クラウドベースであり、Software as a Service(SaaS)モデルで構築されています。つまり、最新の特徴、機能、およびベストプラクティスを常に実装しているということです。

Oracle MDMソリューションでは、更新が定期的に導入されるため、最新のテクノロジー・イノベーションを継続的に活用できます。ERP、サプライチェーン・マネジメント(SCM)、PLM、およびCXにわたる共通データ・モデル上のMDMによって、複数のチャネル、部門、および地域でマスターデータの信頼できる唯一の情報源を確保できます。