申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

Oracle Supply Chain Planning

クラウドでエンドツーエンドのサプライチェーン計画ソリューションを管理して、さらに優れた結果をさらに早く得ることができます。需要に関するインサイト、供給の制約、関係者からの意見を簡単に組み合わせ、組み込みの機械学習を応用して、顧客サービスを迅速化しながら、収益性を向上します。

オラクルのサプライチェーン計画ソリューションでお客様がどのようにより良い成果を達成しているかを見る(1:35)

オラクルのサプライチェーン計画ソリューションの詳細

IDC Gartnerレポートのサムネイル Gartner® Magic Quadrant for Supply Chain Planning Solutions

オラクルが2022 Gartner Magic Quadrant for Supply Chain Planning Solutionsで「チャレンジャー」に選出された理由をご覧ください*。

IDC SCP MarketscapeのサムネイルIDC Worldwide Supply Chain Planning Marketscape

IDCがオラクルをクラウド・サプライチェーン計画ソフトウェアのリーダーとして位置付けた理由をご覧ください。

オラクルがサプライチェーン計画ランニングをリードする理由を確認する

サプライチェーン計画のためのより良い基盤作り

需要を予測し、供給を管理し、ステークホルダーと取引先のアクションをサプライチェーンの目標に合わせます。

弾力性のあるサプライチェーン計画

サプライチェーン分析、ガイド付き問題解決、インテリジェントな推奨事項を活用して、生産性を高めます。

計画に関する意思決定の自動化

自信を持って意思決定を自動化できます。機械学習の予測を一貫性のある因果関係の応答に変えることができます。

サプライチェーンの回復力に関する新しいルール

アジリティと可視性の向上は、サプライチェーンの最適化と回復力の向上を推進する重要なカギとなる可能性があります。これについて報告したIDCレポートをご覧ください。

Oracle Fusion Cloud Supply Chain Planning

オラクルのサプライチェーン計画ランニング・ソフトウェアが、ハイテク企業や製造企業、プロジェクト指向の組織、卸売業者や流通業者、医療機関、サービスベースのサプライチェーンなど、さまざまなビジネスの個別要件を、単一のプラットフォームでどのようにサポートしているかをご覧ください。

より良い成果を実現するための需要を検知、予測、形成

補充計画、セグメンテーション機能、新製品導入、計画担当者向け機械学習を組み込んだ次世代需要管理。

需要を捉えて可視性を高める

さまざまなソースから得られた定性的および定量的なシグナルをビジネスの分析情報に変換します。

セグメント別に需要を分析

互いに類似した挙動を示す品目、場所、顧客を、需要プロファイルに共通性があるセグメントへ動的にグループ化します。

需要を予測して変動性を管理する

機械学習を使用して、より正確な予測を生成すると同時に、予測エラーの根本原因を測定および追跡します。

需要の変化による影響を評価

季節的側面、販促イベント、製品属性、および先行指標の要因と影響を分析して在庫を調整します。

ビジネス目標を達成する需要を形成

予測シナリオをシミュレートし、利害関係者との共同作業を進め、新製品の導入を管理して業績の向上を図ります。

製造戦略と整合した堅牢な需要計画を確立

変更の追跡、例外の監視、およびS&OP(sales and operations planning)と供給計画との同期により、正常に機能するプロセスを実現します。


需要主導型の補充を実現

容易で効果的な補充計画を整備します。需要セグメントに合わせた在庫ポリシーと消費ルールを使用して、より正確な配送を推進します。

顧客中心の需要を計画

需要主導型の消費、在庫、および配送を有機的に一体化して、顧客固有の要件を満たします。

サービスレベルを最適化する消費量を予測

需要を予測し、季節的要因、傾向、およびイベントに起因する変化を予見して、在庫のしきい値の範囲に供給を維持します。

柔軟なルールを使用してサプライチェーンをセグメント化

互いに類似した補充要件を持つ品目の場所のグループに在庫ポリシーを自動的に割り当てます。

需要セグメントに合わせて在庫ポリシーを調整

在庫切れ、過剰在庫、在庫コストにさまざまな在庫ポリシーパラメータが及ぼす影響を選択して比較します。

補充の問題をシミュレートして解決

個々の品目と場所の補充戦略をグラフィカルにシミュレートおよび調整して、パフォーマンスの向上を図ります。

継続的な補充を自動化

消費の発生に伴い、補充要件および計画した注文出荷が自動的に計算されます。


サービスとコストに合わせてリソースを最適化

需要計画に最適な供給を特定して実行します。多層にわたる品目の計画、最も重要な問題の特定と対処、想定される応答のシミュレーションを通じて、顧客サービスと在庫コストを最適化します。

計画プロセスの統合

需要と供給のバランスをとり、サービスとコストの在庫を最適化して、複数の材料と容量のシナリオを計画します。

サプライチェーン全体を計画

プロセス型、ショップ型、プロジェクト主導型、受注構成型、および外部委託型の生産と、直送配送およびバック・トゥ・バック配送を計画します。

供給の問題を監視し、優先順位付け

組み込み分析を使用して、マージンやターンなどがKPIに及ぼす影響を確認し、問題のある領域に重点が置かれるように案内します。

混乱を予測し、積極的に対応

計画された供給注文の変更を確認し、内部および外部の利害関係者との共同作業を展開します。組み込みの機械学習またはIoT(モノのインターネット)システムとの統合を利用します。


生産効率を向上

ボトルネックとなるリソースと利用可能なコンポーネントを最大限に活用するために、稼働時間中に生産をスケジュールします。仕掛品在庫や無駄を削減し、迅速化を実現します。作業指示操作がリソースにどのように割り当てられるかを視覚化します。ドラッグ・アンド・ドロップ操作で、問題や変更に対する最適な対応方法をシミュレートし、実行スケジュールをリアルタイムでリリースします。

実行可能で質の高いスケジュールを作成

Oracle Cloud Fusion Manufacturingのリアルタイムのリソース可用性と作業指示によって、現在の資材、容量、カレンダーの制約を考慮した実行可能なスケジュールを作成します。

切り替えを最適化し、ダウンタイムを最小化

業界の特性に基づいて切り替えを効率化し、アイドル時間を最小限に抑えることができるスケジュールによって、スループットと資産使用率を向上します。

製造現場のボトルネックを解決

必要な属性シーケンスを使用して作業指示操作をスケジュールし、生産ラインの効率を最大化します。代替リソースにオフロードすることでボトルネックを減らします。

スケジュール変更の影響をシミュレート

視覚的なガントチャートで、スケジュールを簡単に検査し、生産上の問題を分析できます。必要に応じて、ドラッグ・アンド・ドロップ操作で調整し、ディスパッチ・リストを編集します。迅速なインライン・シミュレーションとwhat-if分析を実行して問題を解決します。

計画外のダウンタイムの影響を最小化

スケジュールを動的に実行および修正して、予期しない機械の停止、労働力の不足、資材の遅延、および注文の優先順位の変更に対処します。製造現場での即時実行のために、調整されたスケジュールを必要に応じて稼働時間中にリリースします。

製造現場を積極的に監視

切り替え時間、リソース使用率、遅延注文に関するインサイトを提供するインタラクティブな分析を使用して、工場のスケジュールの状況を一目で評価できます。

Oracle Cloud Manufacturingによる生産スケジュールの実行の詳細


未処理の注文をインテリジェントに管理

供給または需要が変化したときに未処理の注文に優先順位を割り当てることで、配達遅延を削減して売上増進を図り、マージン目標を達成します。フルフィルメントの複数の選択肢をシミュレーションし、ビジネス目標の達成に最適なものを選択します。

供給と需要の変化にインテリジェントに対応

利用可能な供給を使用して新しい注文の処理日程を設定し、遅延を削減すると同時に、約束した既存の期日の遵守を目指します。

最も重要な注文を優先的に処理

注文から最大限の収益、マージン、サービスが得られる柔軟なビジネス・ルールによって、バックログにある注文に優先順位を割り当てます。

調達とフルフィルメントの問題を解決

調達、輸送形態、および出荷の制約に発生するwhat-ifの変化をモデル化し、迅速な対応を講じて、最適な解決策を見つけます。

what-ifの注文計画を実行

バックログに残っている潜在的な注文が予定と可用性に及ぼす影響をシミュレーションします。


継続的な計画に合わせて企業を調整する

営業、マーケティング、財務、サプライチェーン の各組織全体にわたり、事業計画と運用を調整します。最大限の成果を得るために、組織全体にわたる変化を調整して需要と供給のバランスをとることができるように、運用にアジリティを組み込みます。

企業を調整する

組み込みの統合ビジネス計画プロセスとコラボレーション・ツールを活用して、関係者間のコンセンサス成立を推進します。

現実的な集計計画を作成する

代替の制約付き計画シナリオをモデル化して比較することにより、供給と需要の総合的なバランスをとります。

ビジネス目標を達成する

パーソナライズしたKPI主導のダッシュボードから分析情報を得て、収益増加とコスト管理とのトレードオフの判断をサポートします。

コンセンサス計画に基づき、確信を持って行動する

需要と供給の計画を迅速に集約および分解して、利用と投資の判断を最適化します。


計画、実行、財務、および運用を接続

計画を実行に移してアクティビティを監視し、IoT、AI、および規範分析を使用して想定外のイベントを検出します。代替の対応策をシミュレートおよび評価して、ビジネス目標を維持または改善します。

決定までの時間を短縮

計画と実行のリアルタイムな詳細情報を活用して、望ましくない傾向に迅速、効果的に対処します。

すべての計画を単一のハブに統合

計画と実行を単一のデータ・モデルにシームレスに統合することにより、短期および長期の戦略的計画を改善します。

企業全体にわたる可視性の向上

すべての関係者に単一のビューを提供する統合データ・モデル。高度な分析を使用してビジネス成果の予測を提供し、ビジネスの複雑さを取り除き、管理者がタイムリーな意思決定を下すことができるようにします。


取引パートナーとの協業でサプライチェーン の混乱を削減

戦略的なサプライヤおよび委託製造業者と供給について共同作業を進め、予測の取り組みについて交渉します。顧客サービスの問題になる前に問題を解決します。

注文予測に関するコラボレーション

注文予測情報をサプライヤと共有し、その変化を確認して、それを供給計画プロセスに組み込みます。

サプライヤの取り組みを調整

サプライヤの取り組みに関する交渉およびサービス・レベル契約の実施のため、徹底的にプロセスを管理します

ベンダー管理の在庫を有効化

サプライヤが、お客様のサイトで注文を発行し、委託材料と非委託材料の出荷を確認できるようにします。

契約製造業者と共同作業

外注生産の進捗状況に基づいて、契約製造業者への作業指示ステータスを自動的に更新します。

オンライン・サプライヤ・アクセスを提供

サプライヤ・ポータルを通じて、サプライヤが容易でインタラクティブな方法で共同作業と可視化のプロセスにアクセスできるようにします。

複数の供給層の同期

供給計画を強化するために、契約メーカーやサプライヤーを通じて、手持ち、注文中、輸送中の供給を把握します。


サプライチェーン の変化にプロアクティブに対応

社内だけでなく、戦略的サプライヤーや契約メーカーとの間で、上流供給に関する可視性を向上させます。現実と予想の不一致に対する警告を早期段階で受け取り、利用可能なサプライヤの能力を供給計画で活用します。

サプライチェーン のアクティビティをリアルタイムで分析

Oracle Transactional Business Intelligence(OTBI)を使用して、サプライチェーン のステータスをリアルタイムで分析およびレポートします。

エンドツーエンドのサプライチェーン のパフォーマンスを評価

Oracle Fusion Analytics Warehouseでグローバル・サプライチェーン の全体的なパフォーマンスを可視化します。

Webサービスを使用して可視性を自動化

RESTサービスによって、Oracle Supply Chain Management Cloudトランザクションのステータスに、プログラムを使用してリアルタイムでアクセスします。

機械学習を使用してイベントを予測

Internet of Thingsのサプライチェーン のシグナルに予測分析を適用して、将来を見据えて可視性を拡張します。

デジタルスレッドによるアクティビティの追跡

ブロックチェーンベースのデジタル台帳で、サプライチェーン ・トランザクションのコレオグラフィーを捉えて視覚化します。


Supply Chain Planningのお客様事例

世界中のさまざまな業界のお客様がOracle Fusion Cloud Supply Chain Planningソフトウェアを活用して、運用の卓越性と回復力を高めています。

注目の顧客事例:LiDestri

LiDestri Food and Drink社は、顧客やサプライヤーとの共同作業により、予測精度の向上を進めています。

LiDestri Food and Drink社のCIO、John Matrachisia氏が、LiDestri社のサプライチェーン計画と、オラクルのサプライチェーン・ソフトウェアを使用して予測精度を向上させ、必要在庫の大幅削減と食品廃棄物の削減を達成した方法について語ります。

Oracle Fusion Cloud Supply Chain Planningによる、変化への対応

生産性と収益性の向上

プロセス、機能、分析、および新しい技術のベストプラクティスを使用して、サプライチェーンの運用と顧客のニーズを調整します。

販売・業務計画

プランニング・アドバイザーでイノベーションを加速

最新のUIとガイド付き解決により、データ管理ではなく、重要なサプライチェーン最適化タスクと問題の解決に集中できます。

プランニング・アドバイザーの詳細(2:02)

ビジネスの成果を形成

成長戦略を考案し、AI学習を活用して問題を予測します。

Supply Chain Planningの概要

ガイド付きの意思決定

コンテキストに応じた設定可能なリスク分析を実行します。

需要の検知、予測、形成(4:23)

取引パートナーとのコミュニケーションを改善

サプライチェーン計画は、データ管理とテータ統合における数十年のユースケースに基づくインフラストラクチャの上に構築されています。

取引ネットワーク・パートナーのオンボーディング

サプライチェーン計画ランニングをクラウドに移行する際に、考慮すべき5つのポイント

オラクル、プロダクト・マーケティング担当ディレクター、Daniel Bachar

企業は競合他社に先駆け、新しいサプライチェーン計画ラニング・ソリューションに投資し、業務やプロセスの改善を図っています。

サプライチェーン計画ランニングのクラウド化は、すべての組織が検討しているか、すでに取り組んでいるかのどちらかです。オンプレミスでどれだけサプライチェーン計画ランニングを同期させていても、サプライチェーン計画ランニング・ソリューションをクラウドで導入することで、多くの新しい利点が得られます。

記事全文を読む

注目のブログ

すべて表示する

サプライチェーン計画のリソース

クラウドの準備

サプライチェーン計画ソフトウェアの最新リリースを見る

準備資料を見てCloud Supply Chain Planningサービスの新機能を確認し、四半期ごとの更新に備えましょう。

ドキュメント

ドキュメント・ライブラリにアクセスする

オラクル・ヘルプセンターでは、対象のソリューション、スタートガイド、最新のユースケースのコンテンツを含め、当社の製品とサービスに関する詳細情報を提供しています。

顧客コミュニティ

仲間が集まるコミュニティに参加する

Cloud Customer Connectは、オラクルの主要なオンライン・クラウド・コミュニティです。20万人以上のメンバーで、ピアツーピアでのコラボレーションや、ベスト・プラクティス、製品の最新情報、フィードバックの共有を促進することを目的としています。

クラウドについて学習する

Cloud Supply Chain Planningのスキルを磨く

Oracle Universityは、組織の成功実現に役立つ無償のトレーニングと認定資格を提供します。すべてが希望する形式で提供されます。

サプライチェーン計画ランニングの関連製品

Demand Management

需要計画の簡素化

Supply Planning

運用効率を改善する

Sales and Operations Planning

企業全体で計画と実行を一致させる

サプライチェーン・コラボレーション

取引先とのB2B業務の自動化

ここから始めよう


サプライチェーン計画のデモ

サプライチェーン計画ソリューションの専門家によるウォークスルーをご覧ください。


サプライチェーン計画の製品ツアー

サプライチェーン計画ソフトウェア・ソリューションのツアーをご覧ください。


SCM営業へのお問い合わせ

担当営業がSupply Chain Planningについてご案内します。

* Gartner、「Magic Quadrant for Supply Chain Planning Solutions」、Amber Salley、Pia Orup Lund、Tim Payne、Janet Suleski、2022年5月

ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティングまたはその他の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものでもありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。Gartnerは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。GartnerおよびMagic QuadrantはGartnerおよび/または関連会社の米国およびその他の国における登録商標であり、本書では許可を得て使用しています。All rights reserved.