該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

Oracle Cloudネイティブ

Cloud Nativeサービスは、Kubernetes、Docker、サーバーレス機能、API、Kafkaなどのテクノロジーを使用して、最新のアプリ開発を強化します。Oracleは、これらのサービスにクラウドツールと自動化を提供して、開発チームが運用タスクを削減し、アプリケーションをより速く構築できるようにします。Cloud NativeサービスはOracle Cloud Infrastructureで実行され、Amazon Web Servicesと比較してより高いパフォーマンスとより低いコストを提供します。オープンソースとオープン標準に基づくサービスを使用することで、開発者はリファクタリングなしで任意のクラウドまたはオンプレミス環境でアプリケーションを実行できます。これにより、構築と革新に集中できるようになります。

Oracle Cloudネイティブ
Oracle Cloud Nativeのサービスを見て学ぶ

開発チームがクラウドネイティブの能力を最大限に活用して、回復力があり、管理が容易、スケーラブルな最新のクラウドアプリを迅速かつ簡単に構築する方法をご覧ください。

企業向けのクラウドネイティブへの移行

クラウドネイティブ・テクノロジーを利用して次世代のアプリケーションを作成し、どこでも実行できることについてデベロッパーが興奮している理由をご覧ください。

Oracle Cloud Nativeサービスを選択する理由

Amazon Web Services(AWS)よりも2倍優れた計算価格/パフォーマンス

オラクルは、高性能のベアメタル・コンピューティング、低遅延のネットワーク、高速オールフラッシュベースのローカルストレージとブロックストレージを提供します。クラウドネイティブ・アプリケーションの構築にOracle Cloud Infrastructureを使用すると、組織はさらにコストを削減し、パフォーマンスを向上させることができます。

Oracle Cloud InfrastructureとAWSを比較 パフォーマンスと経済性の詳細(1:20)
最大60倍のクラウドネイティブ

ロックイン低減のためのオープンスタンダード

相互運用性とワークロードのポータビリティのために、Cloud Nativeサービスは、Kubernetes、DockerやFnプロジェクトなどのオープンソースとオープンスタンダードに基づいています。Oracle Cloud Infrastructure Streamingは、オープンソースのApache Kafka APIと互換性があります。

Oracle Cloudがどうオープンなのかを読む
クラウドネイティブ・オープンスタンダード

最新のアプリケーションを構築および拡張

ヒューマン・キャピタル・マネジメント(HCM)、ERPなどのOracle Autonomous DatabaseやOracle Applicationsをクラウドネイティブ・サービスと使用して、変化するビジネスニーズに素早く対応できます。

SaaSアプリケーションをクラウドネイティブで拡張する方法を学ぶ クラウドネイティブのデータベースアプリであるMuShopを実際に体験する
クラウドネイティブ拡張saas

Cloud Native Services

変更されていないオープンソース・テクノロジーに基づいたマネージドKubernetes

Oracle Container Engine for Kubernetes(OKE)は、最新のクラウドネイティブ・アプリケーションを構築する時間とコストを削減できるOracle管理のコンテナ・オーケストレーション・サービスです。

特長
  • Cloud Native Computing Foundation(CNCF)によって認定されたフルマネージドのKubernetes
  • KubernetesダッシュボードやHelmは組み込みアドオンです
  • クラスタをすばやく作成する機能
  • 完全なREST APIおよびCLI
  • セキュリティ(キー管理)およびコンプライアンス(HIPAA、SOC2など)
  • 無料のクラスタ管理。消費したリソースに対してのみ支払い

コンテナイメージ用の安全な標準ベースのマネージドサービス

コンテナーイメージを保存および共有するためのDocker v2 API準拠のレジストリ。Container Engine for KubernetesIdentity and Access Management、サードパーティデベロッパー、DevOpsツールと緊密に統合されています。

特長
  • オープン・スタンダードベース
  • プログラマティック・アクセス(APIおよびCLI)
  • プライベートネットワークまたは外部ネットワークから画像にアクセスする機能
  • Visual Builder Studioやその他のビルド自動化ツールと動作可能
  • Identity and Access Managementを使用した簡単な認証
  • 耐久性が高く、自動複製により利用可能

イベントやAPIによって駆動されるサーバーレス・プラットフォーム

開発者がOracle Cloud InfrastructureOracle Cloud Applicationsおよびサードパーティのサービスを使って統合するサーバレス・アプリケーションを実行するためのFunctions as a Service(FaaS)。

特長

Apache Kafkaと互換性のあるイベントストリーミングサービス

このマネージドイベント・ストリーミングサービスは、リアルタイム・ストリーミングデータを大規模に取り込み、保存、処理します。広く使用されているオープンソースのKafka APIとの完全な互換性により、ロックインを削減します。

特長
  • REST API、SDKサポート、およびKafka APIとの互換性
  • パッチングを含む自動メンテナンス
  • 組み込みの地理的に分散されたデータの耐久性を備えた高可用性
  • Autonomous DatabaseFunctionsを使用した統合
  • 保存時および転送時のデータ暗号化による組み込みセキュリティ
  • 費用対効果:使用するスループットとストレージに対してのみ支払います

イベント駆動型アーキテクチャとマイクロサービスのPub/Subサービス

通知は、メッセージプロデューサーとコンシューマーを分離するためのパブリッシュ/サブスクライブサービスです。スケーラブルで信頼性の高いクラウドネイティブ・アプリケーションの構築に役立ちます。

特長
  • 複数のサブスクライバーへのファンアウトメッセージ
  • イベントがトリガーされる時、メッセージを送信
  • 応答として、Serverless機能を実行します
  • コンソール、CLI、またはREST APIの使用を開始
  • Oracle Identity Managementでメッセージのセキュリティを確保
  • Oracle Cloud Free Tierとペイパ―メッセージの配信を活用

リアルタイムアラートのオープン標準ベースサービス

CNCF CloudEvents標準に準拠したイベントを使用して、リソースへの変更を追跡します。関数のトリガー、ストリームへの書き込み、または通知の送信により、リアルタイムでアクションを実行するルールを作成します。

特長
  • データベースを含むさまざまなリソースの変更に対応
  • PagerDuty、Slack、HTTPS、およびEメール通知を受信
  • 機能を使って、Serverlessアプリケーションを構築
  • セキュリティ分析用ストリーミングでイベントを使用
  • CloudEventsをサポートするクラウド全体のアプリケーションを開発
  • API、CLI、SDK、Terraform、およびコンソールを介したアクセス

APIの設計、構築、宣伝、保護

Oracle API Managementは、Oracle HCM CloudOracle Cloud ERPを含むクラウドネイティブアプリケーションとSaaSアプリケーションの完全なAPIライフサイクルをサポートします。また、Oracleとサードパーティのアプリケーション間のシームレスな統合にも使用できます。

特長
  • Apiaryと連携したプロトタイプAPI
  • コードの記述前にモックAPIを検証
  • フルマネージドのOracle API GatewayでAPIを導入
  • Serverless API用の機能を使用
  • APIプラットフォームでAPIを宣伝および消費
  • コントロールをセットアップしてAPIへのアクセスを管理

クラウドネイティブDevSecOpsを簡素化

Oracle Linux Cloud Native Environmentは、クラウドネイティブ・プロジェクトから選択され、エンタープライズ・グレードのサポートに支えられた、精選されたオープンソース・ソフトウェアのセットです。開発者およびIT運用のクラウドネイティブ・コンピューティングの要件を満たすための幅広い展開オプションを提供します。

特長
  • Open Container InitiativeとCloud Native Computing Foundationのツールでロックインを回避
  • 統合管理を使用して運用を簡素化
  • Oracleソフトウェアを使用してKataコンテナをすぐに導入
  • 認定Kubernetesモジュールでコンテナクラスタの管理
  • 統合されたHelm、Prometheus、Istioのサポートを受ける
  • Oracle Linux Premierサポートに追加料金なしで含まれています

Oracle Cloud Nativeサービスの使用例

  • 新しいコンテナベースのアプリケーションを作成、または既存のアプリケーションを最新化

    Dockerコンテナで実行され、通信に共通のAPIを使用しているアプリケーションを管理します。

    マイクロサービスベースのアプリを導入

    Oracle WebLogicの最新化のアーキテクチャを表示

  • セキュリティインシデント管理のプロセスを容易にする (SIM)

    ネットワークフローと監査ログにオブジェクトストレージを使用します。新しいログを解析してSIMシステムに転送するためのトリガー関数。

  • クラウドネイティブでSaaSアプリケーションを拡張

    コンテナー、Serverless関数、およびAPIを使用して、変化するSaaSアプリケーションのビジネスニーズに対応します。

    SaaSアプリを拡張する方法を学ぶ

  • Webサイト、モバイル、およびInternet of Things(IoT)のイベントストリーミング

    データをストリーミングにフィードして、ログアグリゲーター、Oracle Autonomous Data Warehouse、またはオブジェクトストレージで消費できます。

  • 統合データベースとHelidon、およびその他のアーキテクチャを備えたマイクロサービスを導入

    Architecture Centerで、マイクロサービス、サーバーレス、CI/CDパイプラインなどのリファレンスアーキテクチャとソリューションハンドブックの詳細について調べてください。

    アーキテクチャをさらに詳しく調べる

Oracle Cloud Nativeサービスの使用例

Oracle Cloud Nativeサービスのお客様の成功

世界中のお客様やパートナーがこれらの最新のマネージドサービスを採用して、拡張性と回復力に優れたアプリケーションを実行しています。

Beeline社のロゴ
Rabobank社のロゴ
Rabobank社のロゴ
Regional Transit District社のロゴ
Skanska社のロゴ
Snap Tech社のロゴ
SPS de Mexico社ロゴ
AgroScout社のロゴ

AgroScoutがOracle Cloudで開発を改善

2020年1月15日

ポッドキャスト#374:Kubernetes以降:Kelsey Hightower氏とのの対談

Oracle Groundbreakersチーム、コミュニティマネージャー、Bob Rhubart氏

このプログラムでは、Kelsey Hightower氏とKubernetesの現在と将来についての非常に特別な対談を特徴としています。Kelsey氏は、開発者の支持者、そしてオープンソースの愛好家であり、Kubernetesで広く認められている専門家です。

全文を読む

始めよう


Oracle Cloud Free Tier

KubernetesやDockerレジストリなどのサービスに30日間アクセスできます。


Oracle DevOpsサービス

DevOpsサービスは、ソフトウェア開発とIT運用を自動化します。


ハンズオン・ラボ

Oracle CloudのKatacodaベースのインタラクティブなシナリオを試してください。


お問い合わせ

Oracle Cloud Nativeについてはエキスパートにご相談ください。