該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

 

急上昇中の質問

よくある質問

すべて開く すべて閉じる

    全般

  • Oracle Database Cloud Serviceとは何ですか?

    Oracle Database Cloud Serviceでは、Oracleデータベースをクラウド上で簡単に作成し、スケーリングし、保護することができます。データベースはDBシステム上に作成します。DBシステムは、ベア・メタル・サービス(ローカルNVMeフラッシュまたはSSDストレージを使用)か、ブロック・ボリュームを使用した仮想マシンになります。どちらの場合も、高パフォーマンスとコスト効率の良い価格が提供されます。また、このサービスでは、仮想クラウド・ネットワーク層の仮想マシン・サーバー上で、"クラウドファースト"のOracle RAC環境をサポートすることもできます。

    データベースは、パッチ適用、Data Guard、バックアップ/リカバリなどのシンプルなツールを使用して管理できます。これらのツールはすべて、Oracle Cloud Infrastructure REST APIまたはコンソールを使用してアクセスできます。また、データベース・ホストにアクセスし、既存のツールを使用して、クラウド上のデータベースをオンプレミスの場合と同様に管理することもできます。

  • Oracle Database Cloud Serviceではどのような機能が提供されますか?

    Oracle Database Cloud Serviceでは、高パフォーマンスのベア・メタルまたは仮想マシン上で、リクエストされた数のコアを使用したDBシステムがプロビジョニングされ、選択したエディションのOracle Databaseソフトウェアがデプロイされて、仮想クラウド・ネットワーク(VCN)内にDBシステムが作成されます。VCNは、ユーザーによって構成されたセキュリティ・リストを使用したプライベート・ネットワークです。これにより、不正なアクセスからDBシステムが保護されます。

    Oracle Database Cloud Serviceでは、データベース・サービスのパッチ適用や、Oracle Data Guardとバックアップ/リストアを使用した高可用性の構成など、管理機能も提供されます。これにより、Oracleデータベースを実行するために必要な日々のタスクを簡素化することができます。

  • 1つ目のデータベースを作成する方法について教えてください

    Oracle Cloud Infrastructureアカウントを作成したら、コンソールREST APICLI、およびSDKを使用して、Database Cloud Service上にOracleデータベースを作成することができます。

  • 使用したリソースの料金はどのように支払うことになりますか?

    ベア・メタル・サーバーと仮想マシンのいずれの場合も、"ライセンス込"と"Bring Your Own License"の両方の価格で、オラクルのユニバーサル・クレジット・モデルがサポートされます。価格設定は柔軟で、Pay As You Goオプションと、Oracle Salesを通じた割引コミット価格の両方を利用できます。価格は、選択したデータベース・エディション、データベース・シェイプ、および選択したコア数によって決まります。

    Oracle Database Cloud Serviceのデータベース・インスタンスは、shop.oracle.comでアカウントを作成することで使用できるようになります。また、既存のお客様は、営業担当者に連絡してアカウントを作成し、既存のクレジット・プールを有効にするか、新しいプールを購入して、Oracle Cloud Infrastructureリソースを使用することもできます。詳細については、「データベースの価格」セクションを参照してください。

    既存の従量制/非従量制テナンシは、ユニバーサル・クレジット・モデルのテナンシに変換されるまで、既存のプランで請求されます。

  • どのOracle Databaseソフトウェア・バージョンがサポートされていますか?

    現在、Oracle Database Cloud Serviceでは、Oracle Databaseバージョン11.2.0.4、12.1.0.2、12.2.0.1、および18.1.0.0がサポートされています。

  • どのOracle Databaseソフトウェア・エディションがサポートされていますか?

    次のOracle Databaseソフトウェア・エディションがサポートされており、クラウド用に最適化されています。

    • Standard Edition
    • Enterprise Edition
    • Enterprise Edition High Performance
    • Enterprise Edition Extreme Performance
  • Oracle Databaseの各ソフトウェア・エディションで、どのようなデータベース・オプションが利用できますか?

    次のリストは、各エディションで利用できるデータベース・オプションを示したものです。なお、Oracle Database Transparent Data Encryption(TDE)はすべてのエディションに含まれています。

    データベース・エディション データベース・オプション
    Standard Edition Oracle Database Standard Edition Packageが含まれています。
    Enterprise Edition Oracle Database Enterprise Edition Package、Data Masking and Subsetting Pack、Diagnostics and Tuning Packs、Real Application Testingが含まれています。
    Enterprise Edition High Performance Enterpriseパッケージが次のオプションで拡張されます:Multitenant、Partitioning、Advanced Compression、Advanced Security、Label Security、Database Vault、OLAP、Advanced Analytics、Spatial & Graph、Database Lifecycle Management Pack、Cloud Management Pack for Oracle Database。
    Enterprise Edition Extreme Performance High Performanceパッケージが次のオプションで拡張されます:Real Application Clusters(RAC)、In-Memory Database、Active Data Guard。
  • DBシステムの起動時には、どのシェイプ(ストレージおよびCPU構成)が利用できますか?

    ベア・メタル・シェイプ
    クリティカル・エンタープライズ・アプリケーションの高度なパフォーマンス需要に対応するため、Oracle Database Cloud Serviceでは、1つのデータベースにつき200,000 TPSまたはIOPS以上を達成できる、3つのベア・メタル・シェイプがサポートされています。ベア・メタルDBシステムでは、ローカルにアタッチされたNVMeまたはSSDストレージを使用して、最大パフォーマンスが確保されます。ストレージの容量は、DBシステムの起動時に指定されたシェイプによって決まります。

    ベア・メタル・シェイプ コア数/OCPU数 メモリ ストレージ・タイプ RAWストレージ ストレージ(2方向ミラーリング) ストレージ(3方向ミラーリング)
    BM.HighIO1.36* 2 – 36 512 GB NVMe 12.8 TB 3.5 TB 2.3 TB
    BM.DenseIO1.36 2 – 36 512 GB NVMe 28.8 TB 9.4 TB 5.4 TB
    BM.DenseIO2.52 2 – 52 768 GB NVMe 51.2 TB 16 TB 9 TB
    BM.RACLocalStorage1.72*
    (2つの物理ノードで構成)
    ノードあたり2 – 36 ノードあたり512 GB SSD 64 TB 22.1 TB 14 TB

    Standard EditionをHigh IO & Dense IOシェイプで使用する場合、許容される最大OCPU数はインスタンスあたり8 OCPUになります。

    *BM.HighIO1.36およびBM.RACLocalStorage1.72*シェイプは利用できなくなりましたが、既存のお客様については引き続きサポートされます。

    仮想マシン・シェイプ
    Oracle Database Cloudでは、Standard VMコンピュート・シェイプに基づく様々な仮想マシンがサポートされています。VMシェイプについては、コスト効率の良い柔軟な選択肢が用意されており、1から24までコア数と、256 GBから40 TBまでの容量に対応した、スケーラブルな高耐久リモート・ストレージを選択できます。

    VMシェイプ コア数/OCPU数 メモリ ストレージ(ブロックのみ) ネットワーク帯域幅
    VM.Standard.1.1 1 7 GB 256 GB - 40 TB 最大600 Mbps
    VM.Standard.1.2 2 14 GB 256 GB - 40 TB 最大1.2 Gbps
    VM.Standard.1.4 4 28 GB 256 GB - 40 TB 1.2 Gbps
    VM.Standard.1.8 8 56 GB 256 GB - 40 TB 2.4 Gbps
    VM.Standard.1.16 16 112 GB 256 GB - 40 TB 4.8 Gbps
    VM.Standard.2.1 1 15 GB 256 GB - 40 TB 1 Gbe
    VM.Standard.2.2 2 30 GB 256 GB - 40 TB 2 Gbe
    VM.Standard.2.4 4 60 GB 256 GB - 40 TB 4 Gbe
    VM.Standard.2.8 8 120 GB 256 GB - 40 TB 8 Gbe
    VM.Standard.2.16 16 240 GB 256 GB - 40 TB 16 Gbe
    VM.Standard.2.24 24 320 GB 256 GB - 40 TB 25 Gbe

    注:2コアを超えるシェイプの場合は、合計ノード数として2を指定することで、RAC構成を利用できます。Standard Editionを使用している場合、許容される最大シェイプはVM.Standard1.8となります。

  • 以前の世代のシェイプに対しては、どのアップグレード・オプションが推奨されますか?

    次に示すOracle Database Cloud Serviceベア・メタル"X5"ベースのDense IOおよびBring Your Own Licenseオプションは、現在では利用できなくなりましが、既存のお客様については引き続きサポートされます:

    SKU コンピュート・インスタンス・シェイプ 推奨される代替オプション
    ベア・メタル – "X5" Dense I/O – Standard Edition ベア・メタル"X5" Dense/IO
    • OCPU:2つが有効化。追加は最大6 OCPU(個別に購入)
    • メモリ:512 GB
    • 28.8TB NVME SSD RAW、2方向ミラーリングで最大9.4TB、3方向ミラーリングで最大5.4TB
    • ネットワーク帯域幅:10 Gbps
    ベア・メタル"X7" – Dense I/O
    • OCPU:2つが有効化。追加は最大6 OCPU(個別に購入)
    • メモリ:768 GB
    • 51.2TB NVME SSD RAW、2方向ミラーリングで最大16TB、3方向ミラーリングで最大9TB
    • ネットワーク帯域幅:2x25 Gbps
    ベア・メタル – "X5" Dense I/O – Enterprise Editions(Enterprise Edition、High Performance、Extreme Performance) ベア・メタル"X5" Dense/IO
    • OCPU:2つが有効化。追加は最大34 OCPU(個別に購入)
    • メモリ:512 GB
    • 28.8TB NVME SSD RAW、2方向ミラーリングで最大9.4TB、3方向ミラーリングで最大5.4TB
    • ネットワーク帯域幅:10 Gbps
    ベア・メタル"X7" – Dense I/O
    • OCPU:2つが有効化。追加は最大50 OCPU(個別に購入)
    • メモリ:768 GB
    • 51.2TB NVME SSD RAW、2方向ミラーリングで最大16TB、3方向ミラーリングで最大9TB
    • ネットワーク帯域幅:2x25 Gbps
    ベア・メタル – "X5" Dense I/O – BYOL ベア・メタル"X5" Dense/IO
    • OCPU:2つが有効化。Standard Editionの場合、追加は最大6 OCPU(個別に購入)。Enterprise Editionsの場合、追加は最大34 OCPU(個別に購入)
    • メモリ:512 GB
    • 28.8TB NVME SSD RAW、2方向ミラーリングで最大9.4TB、3方向ミラーリングで最大5.4TB
    • ネットワーク帯域幅:10 Gbps
    ベア・メタル"X7" – Dense I/O
    • OCPU:2つが有効化。Standard Editionの場合、追加は最大6 OCPU(個別に購入)。Enterprise Editionsの場合、追加は最大50 OCPU(個別に購入)
    • メモリ:768 GB
    • 51.2TB NVME SSD RAW、2方向ミラーリングで最大16TB、3方向ミラーリングで最大9TB
    • ネットワーク帯域幅:2x25 Gbps
    仮想マシン標準 – "X5" – 全エディション(Standard、Enterprise、High Performance、Extreme Performance、BYOL) VM.Standard1.1
    • OCPU:1
    • メモリ:7 GB
    • ネットワーク帯域幅:最大600 Mbps
    "X7"ベースのVM.Standard2.1
    • OCPU:1
    • メモリ:15 GB
    • ネットワーク帯域幅:1 Gbps
    仮想マシン標準 – "X5" – 全エディション(Standard、Enterprise、High Performance、Extreme Performance、BYOL) VM.Standard1.2
    • OCPU:2
    • メモリ:14 GB
    • ネットワーク帯域幅:最大1.2 Gbps
    "X7"ベースのVM.Standard2.2
    • OCPU:2
    • メモリ:30 GB
    • ネットワーク帯域幅:2 Gbps
    仮想マシン標準 – "X5" – 全エディション(Standard、Enterprise、High Performance、Extreme Performance、BYOL) VM.Standard1.4
    • OCPU:4
    • メモリ:28 GB
    • ネットワーク帯域幅:1.2 Gbps
    "X7"ベースのVM.Standard2.4
    • OCPU:4
    • メモリ:60 GB
    • ネットワーク帯域幅:4.1 Gbps
    仮想マシン標準 – "X5" – 全エディション(Standard、Enterprise、High Performance、Extreme Performance、BYOL) VM.Standard1.8
    • OCPU:8
    • メモリ:56 GB
    • ネットワーク帯域幅:2.4 Gbps
    "X7"ベースのVM.Standard2.8
    • OCPU:8
    • メモリ:120 GB
    • ネットワーク帯域幅:8.2 Gbps
    仮想マシン標準 – "X5" – 全エディション(Standard、Enterprise、High Performance、Extreme Performance、BYOL) VM.Standard1.16
    • OCPU:16
    • メモリ:112 GB
    • ネットワーク帯域幅:4.8 Gbps
    "X7"ベースのVM.Standard2.16
    • OCPU:16
    • メモリ:240 GB
    • ネットワーク帯域幅:16.4 Gbps
  • DBシステムとは何ですか?

    DBシステムとは、Oracle Databaseソフトウェアがデプロイされ、ユーザーが指定したコア数、ソフトウェア・エディション、データベース・バージョンを使用して構成された、ベア・メタルまたは仮想マシンのことです。

  • 1つのDBシステム内で複数のデータベースを作成することはできますか?

    はい。ベア・メタルのDBシステムでは、複数のDBホームを作成し、その中に複数のデータベースを作成することができます。DBホーム内のデータベースはすべて同じバージョンになりますが、各DBホームで異なるバージョンを使用することは可能です。たとえば、Enterprise EditionのDBシステムにDB_Home11を作成し、そのDBホームではEnterprise Edition 11.2.0.4のデータベースだけを使用する一方、DB_Home12では、Enterprise Edition 12.1.0.2のデータベースだけを使用するといったことが可能です。ただし、仮想マシンのDBシステムは単一のデータベース・インスタンスであることに注意してください。

  • DBシステムを起動した後にデータベース・エディションを変更することはできますか?

    いいえ、エディションを変更することはできません。ただし、DBシステムを終了し、目的のエディションで別のDBシステムを起動することは簡単にできます。

  • DBシステムを起動した後にデータベース文字セットを変更することはできますか?

    DBシステムを起動すると、システム上に作成された初期データベースで、デフォルトの文字セットであるAL32UTF8とAL16UTF16が使用されます。ただし、データベースの高度なオプションで起動する際に、目的の文字セットを選択することは簡単にできます。

  • 所有しているライセンスをOracle Database Cloud Serviceで使用すること(BYOL)はできますか?

    はい、所有しているライセンスを使用することは可能です。Oracle Database Cloudサービスでは、ライセンス込とBYOLの両方の価格モデルがサポートされています。

  • DBシステムの監視についてはどのようなベスト・プラクティスが推奨されていますか?

    オラクルでは、データベースの監視ニーズに対して、Enterprise Managerを使用することを強く推奨しています。オラクルでは、データベース・サービスから直接メトリックを返す機能を近日中に追加サポートする予定です。

  • 自分のアカウントで作成できるDBシステムの数については、どのような制限がありますか?

    各インスタンス・タイプのデフォルトの制限と、サービス制限の引き上げをリクエストする方法については、「サービス制限」ドキュメントを参照してください。必要であれば、アカウントの制限の引き上げには喜んで応じさせていただきます。

  • Oracle Database Cloud ServiceでOracle RACはサポートされますか?

    はい。Oracle Database Cloud Serviceでは、仮想クラウド・ネットワーク内の仮想マシン上で、"クラウドファースト"のOracle RACがサポートされます。

    仮想マシン上のOracle RACは、DBシステムの起動時に「合計ノード数」を2に設定することで構成できます。

    仮想マシン

  • 仮想マシン(VM)上のOracle Cloud Infrastructure Database Serviceとは何ですか?

    VM上のDatabase Serviceとは、お客様が仮想マシン上でフル機能のOracleデータベースを構築、スケーリング、管理できるようにするデータベース・サービスのことです。VM上でデータベースを実行することの主な利点としては、コスト効果が高いこと、導入が簡単なこと、ストレージが耐久性とスケーラビリティに優れていること、Real Application Clusters(RAC)を実行して可用性を改善できることなどが挙げられます。

    RACデータベースは単一の可用性ドメイン(AD)で実行されます。各ノードが個別の物理ラックに配置されることで、高可用性が確保されます。VM上のDatabase Cloud Serviceは、すべてのOracle Cloud Infrastructureサービスによって使用される、パフォーマンスと可用性に優れた同一のクラウド・インフラ上に構築されます。

  • VM上のDatabase Serviceを利用する利点は何ですか?

    VM上のDatabase Serviceでは、コストの軽減や柔軟なストレージなど、幅広いメリットが提供されます。具体的には、次のような利点があります。

    • コスト効果と柔軟性に優れている - 1 OCPUのVMから使用を開始し、最大24 OCPUまで拡張できます。料金は、使用したOCPUとストレージの分だけ発生します。
    • 導入が簡単 - オラクルによって動作確認された、フル機能、フル・サポートの11gデータベースや12cデータベース(12.1と12.2の両方)を、お客様の選択したデータベース・エディションで簡単に作成できます。
    • 高可用性コンストラクトが組み込まれている - すべてのVMシェイプで、2ノードのRAC構成を簡単にデプロイできます。たとえば:2コアの仮想マシンと最大40 TBの共有ブロック・ストレージを使用した、2ノードのRAC構成も簡単にデプロイできます。
    • ストレージが高耐久でスケーラブル - リモート・ストレージは256GBから使用でき、最大40 TBまで拡張できます。ストレージの拡張はダウンタイムなく実行できます。
    • セキュア - 管理にはOracle IAMの利点を引き続き活用でき、データベース環境の保護にはVCNセキュリティ・リストを使用できます。
  • VM上のDatabase ServiceでRACデータベースはサポートされますか?

    はい、RAC(Real Application Cluster)データベースは、VM上のDatabase Cloud Serviceで2ノードRAC構成としてサポートされます。2ノードRACは、VMデータベースの設定時に「node=2」を選択することで有効化できます。なお、RACデータベースはEnterprise Edition Extreme Performanceでのみサポートされ、VMあたりの最大コア数は2コアになります。

  • VMシェイプ内のDBシステムに関連付けられたコア数を、最初の作成時以降に変更することはできますか?

    いいえ。現在のところ、DBシステムによって使用されているコア数を、DBシステムの作成後に変更することはできません。

  • VM上の1つのデータベースに複数のDBホームを作成することはできますか?

    いいえ、1つのVMデータベースに複数のDBホームを作成することはできません。各VMデータベース・インスタンスでは、1インスタンスにつき1つのデータベースのみを起動できます。

  • VMで実行されているDatabase Serviceで利用できるストレージをスケーリングする方法について教えてください

    DBシステムのストレージは、コンソールREST APICLI、およびSDKを使用して簡単に拡張できます。VM上のDatabase Cloud Serviceではリモート・ブロック・ストレージが使用されるので、ストレージの容量は256GBから40TBまでの範囲で自由に構成できます。ストレージの拡張は、ダウンタイムを生じることなく実行されます。注:インスタンスにアタッチされるストレージの総容量は、利用可能なストレージ、RECOストレージ、およびソフトウェア・サイズの合計になります。利用可能なストレージはお客様によって選択され、RECOストレージは利用可能なストレージに基づいて自動的に計算されます。ソフトウェア・サイズは、固定サイズのOracleデータベース・コストです。

    請求

  • Oracle Database Cloud Serviceの使用量はどのように測定され、料金はどのように請求されるのですか?

    Oracle Cloud Infrastructureでは、ライセンス込とBring Your Own Licenseの両方の価格で、オラクルのユニバーサル・クレジット・モデルがサポートされます。価格設定は柔軟で、Pay As You Goと、Oracle Salesを通じた割引コミット価格の両方を利用できます。Oracle Databaseの料金は、次の使用要素に基づいて請求されます。

    • 1時間あたりのホステッド環境 - ホステッド環境は、選択したエディションに対する基本CPU容量、ローカル・ストレージ(ベア・メタルの場合のみ)、および有効OCPU数が設定された、基本DBシステム・インスタンスとして定義されます。使用されたそれぞれの部分的ホステッド環境時間は、丸1時間分として請求されます。
    • 1時間あたりのOCPU - ホステッド環境またはDBシステムあたりの追加OCPUを有効化できます。使用されたそれぞれの部分的OCPU時間は、丸1時間分として請求されます。
    • ブロック・ボリューム - VM上のDatabase Serviceでは、リモート・ブロック・ボリュームが使用されます。ストレージは256GBから40TBまでの範囲で自由にアタッチでき、料金は合計ストレージ容量に対して支払うことになります。この容量は、利用可能なストレージ、RECOストレージ、およびソフトウェア・サイズの合計になります。利用可能なストレージはお客様によって選択され、RECOストレージは利用可能なストレージに基づいて自動的に計算されます。ソフトウェア・サイズは、固定サイズのOracleデータベース・コストです。詳細については、「ストレージの価格」を参照してください。
    • オブジェクト・ストレージ - 自動増分バックアップ、オンデマンドのフル・バックアップ、およびオンプレミスからクラウドへのバックアップは、Oracle Cloud Infrastructure Object Storageに保存され、お客様には、標準オブジェクト・ストレージ・コストが請求されます。詳細については、「ストレージの価格」を参照してください。
  • Oracle Database Cloud Serviceの価格モデルについて教えてください

    詳細については、「データベースの価格」セクションを参照してください。

  • DBシステムの使用に対する、コア時間単位の請求とはどういうものですか?

    Oracle Database Cloud Serviceはオンデマンドの伸縮型サービスなので、料金は使用した分だけ請求されます。料金は、1時間単位に切り上げて請求されます。たとえば:あるインスタンスが45分間実行された後に終了された場合、料金は1時間分請求されます。

  • データベースのバックアップにかかるコストについて教えてください

    お客様は、バックアップ/リストア機能を使用したり、RMANを使用してOracle Cloud Infrastructure Object Storageへのデータベースのバックアップを構成することができます。使用しているオブジェクト・ストレージの合計容量がバックアップのコストとなり、料金はオブジェクト・ストレージの価格設定に従って決定されます。

  • Data Guardを使用してデータベースの高可用性を設定した場合、料金はどのように請求されますか?

    個別の可用性ドメインにデプロイされた2つのDBシステム間でData Guardを設定すると、データベースの高可用性が構成されます。各DBシステムの価格は、「データベースの価格」で説明されている標準価格モデルに従って決定されます。

  • Oracle Database Cloud Serviceでは、請求の停止はサポートされますか?

    はい、Oracle Database Cloud Serviceでは、仮想マシン・データベースの請求停止がサポートされています。この機能を利用するには、仮想マシン・データベース・システムにアクセスし、停止するノードを選択します。ノードが停止している間も、データベースは元の状態のまま維持されます。ノードが実行されていない時間の料金は請求されません。1時間に満たない使用時間については、その間にデータベース・システムによって使用されたOCPUの最大数に対応する料金が請求されます。

    請求の停止は、ベア・メタルDense I/OやExadata DBシステムには適用されません。ノードを停止した後も、ホステッド環境全体は引き続き使用されるので、料金の請求は継続されます。ベア・メタルDense I/OやExadataシェイプのコストを減らしたい場合は、データベース・シェイプのオンラインCPUスケーリング機能使用して、DenseIOのCPUを2に減らし、使用していないExadataと使用量の少ない環境のCPUを0にすることができます。Exadata Cloud ServiceでOCPUカウントを0に設定すると、VMだけでなく、実行しているすべてのデータベースもシャット・ダウンされます。

    セキュリティ

  • Oracle Virtual Cloud Network(VCN)とは何ですか?また、DBシステムがデフォルトでVCN内にデプロイされるのはなぜですか?

    VCNは、Oracle Cloud Infrastructureのカスタマイズ可能なプライベート・ネットワークです。従来のデータ・センター・ネットワークと同様に、VCNはお客様のネットワーク環境に対する包括的な制御機能を提供します。管理可能な項目には、独自のプライベートIPアドレス領域の割当て、サブネットの作成、ルート表の作成、ステートフル・ファイアウォールの構成などがあります。1つのテナントに複数のVCNを持たせることができるため、関連リソースのグループ化や分離が可能になります。

    デフォルトでVCN内にデプロイされることで、お客様には以下のセキュリティと柔軟性が提供されます。

    • データベースが、インターネットから保護されたプライベート・ネットワーク内にデプロイされます。
    • セキュリティ・リスト(インバウンド/アウトバウンド)を構成することで、悪意のあるユーザーがDBシステムにアクセスするのを防止できます。
  • DBシステムをデプロイする際には、どのサブネットに配置すればよいですか?

    各可用性ドメイン内に個別のサブネットを作成し、それらのサブネット内にDBシステムを配置することを強く推奨します。そうすれば、サブネットのインバウンド/アウトバウンド・セキュリティ・リストを厳密に定義し、ネットワーク・アクセスを制御することができます。

  • データベースのTDEを設定する方法について教えてください

    DBシステムはプロビジョニング時にデフォルトでTDEを使用して構成されます。お客様は、ログインしてDBシステムの他のセキュリティ・ポリシーを制御することもできます。標準のデータベース・セキュリティ・ベスト・プラクティスに従うこともできます。

  • 管理アクセスを制御してDBシステムを保護する方法について教えてください

    Oracle Cloud InfrastructureのIdentity and Access Management(IAM)を使用すると、クラウド環境の構成を操作して、セキュリティとコンプライアンスの要件をサポートすることができます。データベースについては、ベア・メタルと仮想マシンの各DBシステムに対するアクセスを、マネジメントの観点から選択した一連のユーザー(DBA)だけに制限するIAMポリシーを構成できます。Oracle Database Cloud ServiceでOracle IAMを使用する方法については、テクニカル・ドキュメントを参照してください。

  • DBシステムに対して実行される操作を監査することはできますか?

    はい、DBシステムへのフル・ルート・アクセス権があれば、DBシステムに対するすべての操作に対して監査を構成できます。Oracle Database Cloud Serviceでは、すべてのエディションのデータベースで強力な監査サポートが提供されます。監査レコードには、監査された操作に関する情報、操作を実行しているユーザー、および操作の日時が含まれます。監査レコードは、データベースの監査証跡か、オペレーティング・システム上のファイルに保存できます。標準の監査では、特権、スキーマ、オブジェクト、およびステートメントに対する操作が監査対象となります。

    また、Oracle Cloud Infrastructure Auditを使用して、テナンシに対して実行されたすべてのAPI管理呼び出しを監査することもできます。

    ハードウェア

  • データベースのニーズに合った適切なシェイプを選択するにはどうすればよいですか?

    Oracle Cloud Infrastructureで現在提供されているシェイプについては、コスト、利用可能ストレージ、パフォーマンス、またはOracle RACデータベースのニーズによって、Database Service内での選択が決まってきます。シェイプを選択する際には、データベース・サイズの拡張プランを念頭に置くようにしてください。

  • DBシステムに関連付けられたコア数を、最初の作成時以降に変更することはできますか?

    はい、ベア・メタル・システムについては、DBシステムによって使用されるコア数を、コンソールから直接変更するか、APIを通じて変更することができます。ダウンタイムは発生しません。仮想マシンについては、コアのスケーリングは現在サポートされていません。

  • ベア・メタルDBシステムのコアをスケーリング(拡張または縮小)した場合、インスタンスは再起動されますか?

    いいえ、スケーリング時にインスタンスは再起動されません。そのため、開発やテストのシナリオで必要とされない場合には、コア数を減らして、コストを節約することができます。

  • ベア・メタル・サーバーDBシステムにブロック・ストレージをアタッチすることはできますか?

    いいえ、ベア・メタル・サーバーDBシステムにブロック・ストレージをアタッチすることはできません。ただし、仮想マシン上のDatabase Cloud Serviceでは、プラットフォームによって包括的に管理されるデータベースに対し、リモート・ブロック・ボリュームが使用されます。

  • DBシステムにSSH接続することはできますか?

    お客様には、ベア・メタルと仮想マシン・システムに対するフル・ルート・アクセス権が提供されます。お客様は、SSH鍵情報を使用してDBシステムにSSH接続することができます。

  • インスタンスのパフォーマンスが極端に遅い場合はどうすればよいですか?

    Oracle Database Cloud Serviceでは、データベース・インスタンスに対するフル・ルートSSHアクセス権が提供され、データベース・インスタンスのスキーマやパフォーマンス・チューニングを定義することができます。Oracle Traceファイルを解析して、問合せが低速な理由を調べることもできます。また、Enterprise Managerを使用してDBシステムのパフォーマンス・メトリック(CPU使用率、ネットワーク・スループットなど)を監視し、通常の動作に見られないシステム・レベル・メトリックがないかどうかを調べることもお勧めします。

    My Oracle Supportを通じてサービス・リクエストを送信すれば、デバッグやトラブルシューティングのサポートを受けることもできます。さらに、24時間365日のサポートが受けられる、Oracle Premium Supportに登録することもできます。詳細については、営業担当者にお問い合わせください。

    パッチ適用

  • Oracle Cloud Infrastructure Database Cloud Serviceのパッチ適用機能とは何ですか?

    Database Cloud Serviceのパッチ適用機能を使用すると、DBシステムとデータベースにパッチを適用するために必要な手順を簡素化することができます。お客様は、Oracle Cloud InfrastructureコンソールとAPIを使用して、DBシステムやデータベース・ホームに適用できるパッチを確認し、パッチ適用リクエストを送信することができます。その後、Database Cloud Serviceによってパッチ適用手順がエンドツーエンドに実行され、ステータスが表示されます。

    お客様は、適用されたすべてのパッチを確認でき、必要であれば、パッチを再適用することもできます。また、Oracle Identity and Access Management(IAM)のコントロールを使用して、パッチ適用機能へのアクセスを管理することもできます。

  • パッチ適用機能へのアクセス方法を教えてください

    この機能には、Oracle Cloud InfrastructureコンソールとRest APIを使用してアクセスできます。

  • パッチ適用機能を有効にするためのネットワーク要件を教えてください

    DBシステムのクラウド・ネットワーク(VCN)が、インターネット・ゲートウェイを使用して構成されている必要があります。DBシステムとOracle Object Storageの間のネットワーク・トラフィックは、Oracle Database Cloud Serviceの内部サービス・バックボーン上で発生します。

  • パッチ適用機能を使用してパッチ適用できるDBシステム、シェイプ、エディションについて教えてください

    この機能では、すべてのシェイプとエディションを対象として、1ノードと2ノードのすべてのベア・メタルDBシステムにパッチを適用できます。2ノードRAC、VM、およびExadata Systemsは、現在サポートされていません。ただし、ホストにログオンしてOPatchユーティリティを使用すれば、これらのシステムにパッチを適用できます。

  • パッチ適用機能では、どのようなパッチを適用できますか?

    Database Cloud Service固有の、DBシステムおよびデータベース・ホーム用パッチを適用できます。DBシステムに適用できるのは最新のパッチのみですが、データベース・ホームでは、最新のパッチと以前のパッチの両方がサポートされます。DBシステムとデータベース・ホームに対して現在利用できるパッチのリストは、Oracle Cloud Infrastructureテクニカル・ドキュメントで確認できます。

  • パッチはすべてのバージョンのDatabase Cloud Serviceに適用できるのですか?

    はい。ただし、それらのバージョンに対して1つ以上のパッチが利用可能になっている必要があります。パッチは現在、11.2.0.4、12.1.0.2、および12.2.0.1のデータベース・バージョンに対して利用できます。

  • Database Cloud Serviceでまだサポートされていない暫定パッチや四半期バンドル・パッチを適用するにはどうすればよいですか?

    ホストにログオンしてOPatchユーティリティを使用すれば、暫定パッチを適用できます。OPatchユーティリティを使用してオンプレミスの四半期バンドル・パッチを適用することは避けるようお勧めします。これらのパッチは、追加のクラウド専用パッチを適用しなければ機能しない可能性があります。代わりに、Oracle Cloud Infrastructure Database Cloud ServiceコンソールとREST APIを通じて入手できる、クラウド用カスタム四半期パッチを適用するようにしてください。

  • 仮想マシンおよびExadataのDBシステムとデータベースにパッチを適用する方法について教えてください

    ホストにアクセスしてOPatchユーティリティを使用することで、これらのシステムにパッチを適用できます。OPatchユーティリティについては、こちらをご確認ください。

  • パッチの適用中にはダウンタイムが発生しますか?

    はい、Oracle Data Guardを構成していない場合は、1ノードのDBシステムについてダウンタイムが発生します。ダウンタイムを回避するには、Maximum Availability Architecture(MAA) のベスト・プラクティスに従ってください。

  • パッチ適用機能を使用してパッチ適用が失敗した場合はどうなりますか?

    パッチ適用が失敗した場合は、DBシステムまたはデータベース・ホームが”Available”状態になります。パッチ履歴には、操作が失敗した理由が示されます。失敗の根本原因をデバッグするには、ホストにアクセスして、詳細なパッチ適用関連ログにアクセスできます。ログの情報で問題をデバッグできない場合は、Oracle Supportにリクエストを送信して、根本原因を特定するための支援を要請することができます。

  • パッチ適用機能を使用してDBシステムやデータベース・ホームにインストールされたパッチについて調べるには、どうすればよいですか?

    DBシステムとデータベース・ホームのパッチ履歴を問い合わせれば、コンソールREST API、およびSDKを使用して適用されたパッチを確認することができます。

  • DBシステムとデータベース・ホームのパッチについて、従うべき適用順序はありますか?

    はい、DBシステムは、データベース・ホームと同じか、それ以上のバージョンである必要があります。バージョンの競合を回避するため、最初にDBシステムのパッチを適用し、その後、データベース・ホームのパッチを適用するようにしてください。この順序に従わないと、パッチの適用中にエラー・メッセージが返されます。

  • パッチ適用機能を使用して、パッチを事前チェックしたり、適用済のパッチをロール・バックすることはできますか?

    はい、適用前にパッチを事前チェックすることはできます。ただし、パッチをロール・バックするには、データベース・ホストにログインしてOPatchユーティリティを使用する必要があります。

  • 定義した一連のユーザーに対してパッチ適用アクセスを制限することはできますか?

    はい、Oracle Identity and Access Management(IAM)サービスを使用して、アクセスをユーザーおよびグループ・レベルで制限することができます。

  • オンプレミスで使用できるOracleデータベース・バンドル・パッチと、Oracle Cloud Infrastructure Database Cloud Serviceで使用できるパッチとの間に違いはありますか?

    はい、Oracleデータベース・バンドル・パッチと、Oracle Cloud Infrastructureデータベース・パッチは異なります。Oracle Cloud Infrastructureデータベース・パッチは、Oracleデータベース・バンドル・パッチ、Oracle Cloud Infrastructure固有のMLR(Merge Label Requests)およびその他のパッチを含んだスーパーセットです。

  • パッチ適用機能を使用して、オペレーティング・システム(OS)にパッチを適用することはできますか?

    いいえ、OSのパッチ適用は現在サポートされていません。ホストに直接アクセスして、手動でOSにパッチを適用してください。詳細については、「ベア・メタルおよび仮想マシンDBシステムのOS更新」と「Exadata DBシステムのOS更新」ドキュメントを参照してください。

  • Oracle Cloud Infrastructure Database Cloud Serviceのパッチは累積パッチですか?

    はい、データベース・パッチは累積パッチです。新しいOracle Cloud Infrastructureデータベース・パッチには、同じバージョンの、これまでのDBシステム・パッチやDBホーム・パッチが含まれています。

  • 重要なセキュリティ・パッチに関するオラクルからの情報は、どのように通知されますか?重要なセキュリティ・パッチは、システムに自動的に適用されますか?

    Oracle Cloud Infrastructureでは、重要なセキュリティ・パッチに関する情報がメールで送信されます。パッチの重要度に応じて、セキュリティ・パッチを適用するための時間枠が設定されます。

  • パッチ適用は、完了するまでにどれくらい時間がかかりますか?

    これは、パッチのタイプによって異なります。パッチの適用が完了すると、DBシステムまたはデータベース・ホームの状態が”Available”に変わります。

    バックアップとリカバリ

  • データベースのバックアップとリカバリを設定する方法について教えてください

    データベースのバックアップは、Oracleデータベース環境の重要な側面の1つです。バックアップの保存とリカバリについては、複数のオプションが用意されています。バックアップとリカバリの機能は、Oracle Cloud Infrastructureコンソール、CLI、またはREST API内で使用することができます。また、バックアップを手動で設定し、dbcliまたはRMANを使用して管理することもできます。テクニカル・ドキュメントに記載されているすべてのオプションについては、こちらから確認できます。

  • Oracle Cloud Infrastructure Database Cloud Serviceのバックアップおよびリカバリ機能とは何ですか?

    データベースのバックアップおよびリカバリ機能では、Oracle Cloud Infrastructureコンソール、CLI、およびREST APIを使用して、データベースのバックアップを作成、管理することができます。バックアップから既存のデータベースをリストアしたり、バックアップから新しいデータベースを作成することもできます。

  • バックアップおよびリストア機能を使用すると、バックアップを手動で管理する場合と比べてどのような利点がありますか?

    バックアップおよびリストア機能では、バックアップを作成、管理するためのコンソール、CLI、およびREST APIが提供されます。コンソールを使用すると、フル・バックアップの作成や自動増分バックアップの設定を数回のクリックで完了することができます。また、バックアップを表示し、最後に確認された正常な状態、ポイントインタイム、またはSCN(システム変更番号)を使用して、データベースをリストアすることもできます。さらに、既存または新規のDBシステム内にあるバックアップから、新しいデータベースを作成することもできます。

  • バックアップおよびリストア機能の使用に関連して、追加コストは発生しますか。

    バックアップはOracle Cloud Infrastructure Object Storageに保存され、サービス料金はバックアップの保存に対して適用されます。Object Storageの価格については、こちらをご覧ください。この機能の使用そのものについては、追加料金は発生しません。

  • バックアップおよびリストア機能でサポートされるデータベース・シェイプ、エディション、およびデータベース・バージョンについて教えてください

    バックアップおよびリストア機能では、すべてのベア・メタルおよび仮想マシン・シェイプ、エディション、データベース・バージョンがサポートされます。Exadataは現在サポートされていません。ただし、Exadataについては、RMAN(Recovery Manager)をバックアップとリカバリ用に手動で設定することができます。

  • バックアップおよびリストア機能では、現在どのようなバックアップがサポートされていますか?

    現在、オンデマンドのフル・バックアップと自動増分バックアップがサポートされています。

  • バックアップおよびリストア機能を使用して設定された自動増分バックアップの保存期間はどれくらいですか?

    自動増分バックアップの保存期間は30日です。

  • 自動増分バックアップの保存期間や頻度を独自に設定することはできますか?

    いいえ、バックアップおよびリストア機能を使用して、これらの設定を制御することはできません。ただし、手動のRMANオプションを使用して、カスタムの保存期間と頻度を設定することは可能です。

  • バックアップおよびリストア機能を使用して設定した自動増分バックアップのスケジュールについて教えてください

    データベースの自動バックアップを有効にすると、Oracle Cloud Infrastructure Database Cloud Serviceによって、初回のレベル0バックアップが作成されます。初回のバックアップ以降は、レベル1バックアップが次の週末まで毎日実行されます。毎週末には、新しいレベル0バックアップが作成されます。任意のデータベースに対して2018年11月20日より後に最初に有効化された自動バックアップの場合、バックアップは、DBシステムのリージョンのタイム・ゾーンで午前00:00から午前06:00までの間に実行されます。この日より前に、あるデータベースに対して自動バックアップを有効化していた場合、そのデータベースのバックアップ・ウィンドウは、その後も引き続きUTCの午前00:00から午前06:00までとなります。

  • データベースのバックアップは暗号化されますか?

    はい、すべてのバックアップは、TDE暗号化に使用されるのと同じマスター・キーで暗号化されます。

  • バックアップが失われるの防ぐために、どのような対策がとられていますか?

    バックアップは、Oracle Cloud Infrastructure Object Storageに保存されます。Oracle Object Storageは、高度な耐久性を実現するために徹底的に設計されています。データは、複数のストレージ・サーバーと複数の可用性ドメインにわたって冗長的に保存されます。データの整合性はチェックサムを使用して活発に監視され、破損したデータが検出されると自動修正されます。データ冗長性の喪失も自動的に検知され、お客様に影響を与えることなく自己修復されます。

  • バックアップおよびリストア機能を使用しているときに、どのような状況下でバックアップの障害が発生する可能性がありますか?

    バックアップおよびリストア機能を使用している場合、データベースまたはDBシステムが”Available”状態になっていないと、バックアップ操作が失敗する可能性があります。パッチの適用、SSHキーの追加、Data Guardの操作などといったアクションをおこなうと、DBシステムやデータベースの状態が変更される可能性があります。バックアップ障害を回避するには、これらのアクションがバックアップ・ウィンドウ(00:00 - 06:00 UTC)の間に実行されるようにしてください。自動増分バックアップが失敗した場合、Database Cloud Serviceでは、その翌日のバックアップ・ウィンドウ中にバックアップ操作が再試行されます。オンデマンド・バックアップが失敗した場合は、DBシステムとデータベースの両方が利用可能になったときに、操作を手動で再試行する必要があります。

  • バックアップからデータベースをリストアするために利用できるオプションについて教えてください

    バックアップおよびリストア機能を使用している場合、お客様はデータベースを最新の状態にリストアするか、特定の時点の状態にリストアするか、またはシステム変更番号(SCN)によって定義されたデータベースのコミット状態にリストアすることができます。ただし、dbcliやRMANを使用して、その他のリストア・オプションを利用することもできます。

  • SCNを確認する方法について教えてください

    SCN番号は、データベースにアクセスするか、オンラインまたはアーカイブのログにアクセスすることで確認できます。

  • バックアップから新しいデータベースを作成することはできますか?

    はい、既存または新規のDBシステム内にあるバックアップから、新しいデータベースを作成することができます。ただし、バックアップの生成元となったデータベースは、バックアップをその目的に使用する前に削除される必要があります。仮想マシンDBシステムからとられたバックアップの場合は、そのバックアップを新規または既存のDBシステムで使用する前に、バックアップの生成元となったデータベース・インスタンスを終了する必要があります。

  • バックアップから新しいデータベースを作成する際に、異なるDBシステム、コンパートメント、または可用性ドメインを選択することはできますか?

    はい、既存のDBシステムを選択することもできますし、任意のコンパートメントに新しいDBシステムを作成することもできます。ただし、新規や既存のDBシステムは、バックアップがホストされているのと同じ可用性ドメインに存在する必要があります。新しいDBシステムを作成する場合、指定するOracle Databaseソフトウェア・エディションは、バックアップされたデータベースと同じか、それ以降のエディションである必要があります。また、指定するシェイプは、バックアップの生成元のデータベースと同じタイプである必要があります。たとえば、1ノード・データベースのバックアップを使用する場合は、ターゲットとして選択するDBシステムも1ノードのDBシステムである必要があります。

  • 自動増分バックアップはデフォルトで有効になっていますか?

    いいえ、自動増分バックアップはデフォルトでは有効になっていません。このオプションは、データベースの作成時か、データベースがプロビジョニングされた後の任意の時点で有効にできます。

  • DBシステムを終了した後、バックアップはどうなりますか?

    オラクルでは、DBシステムを終了する前に、DBシステム内のすべてのデータベースを終了することを強く推奨しています。データベースを終了する際には、スタンドアロン・バックアップとしてObject Storage内に維持される最終バックアップを作成することができます。このスタンドアロン・バックアップは、後で新規データベースとしてリストアすることができます。

  • オンプレミスのOracle DatabaseからDatabase Cloud Serviceへと移行する方法について教えてください。

    お客様は、RMANを手動で設定して、データベース・バックアップをOracle Cloud Infrastructure Object Storageに移動し、そのバックアップを使用して新規または既存のDBシステムにデータベースを作成できます。

    高可用性

  • Oracle Database Cloud Serviceで高可用性データベースを設定する方法について教えてください。

    お客様は、複数の可用性ドメインでDBシステムを起動し、高可用性Oracleデータベースを設定するためのData Guardを構成できます。Oracle Data Guardを使用することで、エンタープライズ・データの高可用性、データ保護、障害時リカバリを実現できます。Data Guardでは、1つ以上のスタンバイ・データベースを作成、保守、管理、監視するための包括的なサービス・セットが提供されます。

    データ損失ゼロの、可用性に優れたOracleデータベース構成を設定する方法については、「Data Guardで実現する高可用性」と「Maximum Availability Architecture(MAA)のベスト・プラクティス」を参照してください。

  • 可用性ドメインとは何ですか?また、なぜそれがOracle Database Cloud Serviceでのデータベースの設定に適しているのですか?

    可用性ドメイン(AD)は、独立性と優れた信頼性を確保するために設計された、リージョンのサブコンポーネントです。各ADは、完全に独立したインフラを使用して構築されます(建物、発電機、冷却装置、ネットワーク接続など)。火災や洪水など、非常にまれな災害が発生した際には、1つのADだけが影響を受けるようになっています。また、同じリージョン内のADは高速で低レイテンシなネットワークで接続されるため、お客様はアプリケーションのレイテンシやパフォーマンスに対する影響を最小限に抑えながら、信頼性の高いアプリケーションとワークロードを構築し、実行することができます。

    このように、各ADの障害リスクが分離されているため、お客様はパフォーマンスを犠牲にすることなく、可用性の高いアプリケーションをクラウド上に構築できるようになっています。お客様には、プライマリ・データベースとスタンバイ・データベースをそれぞれ異なるADに配置して、上記のような一般的障害からデータベースを保護することを強くお勧めします。

  • Data Guard機能は、Database Cloud Serviceのどのデータベース・エディションでサポートされていますか?

    Data Guardは、すべてのエンタープライズ・データベース・エディションでサポートされています。Enterprise Extreme Performanceエディションでは、Active Data Guardがサポートされています。

  • 手動でData Guardを設定するのに比べて、Database Cloud Serviceを通じてData Guardを設定する利点は何ですか?

    Database Cloud Serviceでは、Oracle Cloud InfrastructureコンソールとREST APIを使用してData Guard構成が提供されます。

    お客様は、数回のクリックでData Guardを有効にし、スイッチオーバー、フェイルオーバー、および回復アクションを実行できます。また、Oracle Identity and Access Managementサービスを使用して、機能のアクセス制御を詳細に設定することもできます。この機能の使用に関連するコストはありません。

  • Data Guard機能は、どのシェイプとデータベース・バージョンでサポートされていますか?

    Data Guard機能では、仮想マシンとベア・メタルの、1ノードおよび2ノードのすべてのシェイプがサポートされています。Exadataは現在サポートされていません。ただし、ホストにログオンしてData Guardコマンドライン・インタフェース(DGMGRL)にアクセスすれば、Data GuardをExadata用に手動で設定することができます。DGMGRLについては、こちらを参照してください。

  • Data Guard機能では、現在どのような機能がサポートされていますか?

    現在、スイッチオーバー、フェイルオーバー、および回復機能がサポートされています。ただし、ホストにログオンしてData Guardコマンドライン・インタフェース(DGMGRL)にアクセスすれば、Data Guardを手動で設定することができます。DGMGRLについては、こちらを参照してください。

  • Data Guard機能では、どのような保護モードとトランスポート・タイプがサポートされていますか?

    現在、Maximum Performance保護モードとAsyncトランスポート・タイプがサポートされています。ただし、DBシステムにログオンしてData Guardコマンドライン・インタフェース(DGMGRL)にアクセスすれば、追加の保護モードとトランスポート・タイプを構成することができます。DGMGRLについては、こちらを参照してください。

  • Data Guard機能を使用するための、ネットワーク設定の前提要件について教えてください。

    Data Guardを設定するには、プライマリとセカンダリの両方のDBシステムが同じVCNに存在していて、両方のDBシステムでポート1521が開いている必要があります。DBシステムのサブネットは別々でも構いません。

  • Data Guardを複数の可用性ドメインにわたって設定することはできますか?

    はい、Data Guardはリージョン内の同じ可用性ドメインで設定することもできますし、異なる可用性ドメインで設定することもできます。ただし、オラクルでは、Data Guard構成を複数の可用性ドメインにわたって設定することを推奨しています。

  • Data Guardを複数のOracle Cloud Infrastructureリージョンにわたって設定することはできますか?

    はい、Data Guardは複数のリージョンにわたって設定できます。ただし、Database Cloud ServiceのData Guard機能では、現在これがサポートされていません。ホストにログオンしてDGMGRLを使用すれば、Data Guardを複数のリージョンにわたって手動で設定することができます。Data Guardが複数のリージョンにわたってログをトランスポートできるようにするには、プライマリとスタンバイのDBシステムのVCNでインターネット・ゲートウェイを有効にする必要があります。DGMGRLについては、こちらを参照してください。

  • Data Guardを複数のコンパートメントにわたって設定することはできますか?

    いいえ、コンパートメント間をまたいだData Guard設定は現在サポートされていません。

  • プライマリ・データベースとスタンバイ・データベースのDBシステムは、シェイプとエディションが同じである必要がありますか?

    はい、Data Guard機能を使用してData Guardの関連付けを有効にするには、スタンバイDBシステムのシェイプとエディションを、プライマリDBシステムと同じにする必要があります。

  • Database Cloud ServiceのData Guard機能によって作成された場合、スタンバイ・データベースのバージョンはどのバージョンになりますか?

    スタンバイ・データベースは、プライマリと同じデータベース・バージョンで作成されます。

  • マネージド・ブローカーを設定して、Data Guard機能を使用した自動スイッチオーバーのようなアクションを実行することはできますか?

    いいえ、Data Guard機能では現在、マネージド・ブローカー機能はサポートされていません。ただし、データベースにログオンしてData Guardコマンドライン・インタフェース(DGMGRL)にアクセスすれば、マネージド・ブローカー構成を手動で設定することができます。DGMGRLについては、こちらを参照してください。

  • Data Guard機能を使用してData Guardの関連付けを削除する方法について教えてください。

    Data Guard機能を使用してData Guardの関連付けを削除するには、まずスタンバイ・データベースを削除する必要があります。スタンバイ・データベースを削除すると、Data Guardの関連付けが自動的に削除されます。

  • Data Guard設定のプライマリ・データベースを終了するにはどうすればよいですか?

    プライマリ・データベースを削除するには、まずData Guard機能を使用して、スタンバイ・データベースを削除する必要があります。または、スイッチオーバー操作を開始してプライマリをスタンバイにし、その後スタンバイを終了することもできます。

  • スタンバイ・データベースを複数作成することはできますか?

    いいえ、Data Guard機能では、物理スタンバイ・データベースは1つしか作成できません。ただし、DBシステムにログオンしてDGMGRLにアクセスすれば、複数のスタンバイ・データベースを手動で作成することができます。DGMGRLについては、こちらを参照してください。

  • オンプレミス・データベースとOracle Cloud Infrastructureデータベースとの間にData Guardを構成することはできますか?

    はい、オンプレミス・データベースとOracle Cloud Infrastructureデータベースとの間にData Guardを構成することは可能です。DGMGRLを使用すれば、オンプレミス・データベースとOracle Cloud Infrastructureデータベースとの間にData Guardを手動で設定することができます。DGMGRLについては、こちらを参照してください。

  • Oracle Identity and Access Managementを使用して、Data Guardアクションへのアクセスを制御することはできますか?

    はい、Data Guard機能へのアクセスは、Oracle Identity and Access Managementを使用して制御することができます。Oracle Identity and Access Managementについては、こちらを参照してください。

  • Data Guardでプライマリとスタンバイに設定されている各データベースにパッチを適用する方法について教えてください。

    Data Guardでプライマリとスタンバイに設定されている各データベースにパッチを適用することは可能です。まず、スタンバイに手動でパッチを適用する必要があります。その後、プライマリをスイッチオーバーして、それにパッチを適用します。

  • Data Guard設定のデータベースをバックアップする方法について教えてください。

    お客様は、Oracle Cloud Infrastructure Databaseのバックアップおよびリストア機能を使用して、プライマリ・データベースをバックアップし、リストアすることができます。スタンバイのバックアップを有効にする必要がある場合は、スタンバイ・データベース・ホストにアクセスし、RMAN(Recovery Manager)を使用することで、そのように設定できます。

  • 障害を起こしたプライマリ・データベースを回復して、元の状態に戻す方法について教えてください。

    Data Guard機能を使用してプライマリ・データベースをフェイルオーバーすると、そのデータベースは“Disabled Standby”状態になります。お客様は、この状態のデータベースについて問題を修正した後、それを機能中のStandbyロールへと回復させることができます。その後、そのスタンバイ・データベースをスイッチオーバーして、プライマリ・ロールへと戻すことができます。

  • スタンバイ・インスタンスを読み取り操作や書き込み操作に使用することはできますか?

    はい、Active Data Guard設定を使用すれば、スタンバイ・インスタンスを読み取り専用操作に使用することができます。書き込み操作は、スタンバイに対しては有効化されません。

  • プライマリ・データベースがフェイルオーバーされてスタンバイになった場合、どうすればそのことを知ることができますか?

    推奨の方法は、Oracle Cloud Infrastructureによって管理されているDBシステムを、Enterprise Managerを使用して監視する方法です。インスタンスに対して監査ログ操作を有効にすれば、ログを参照して、プライマリがフェイルオーバーされたことも確認できるようになります。

  • データベースのフェイルオーバーにはどれくらい時間がかかりますか?

    2ノードRAC構成の場合、フェイルオーバーの所要時間は数十秒となります。ただし、Data Guardを使用して異なるADに配置された2つのインスタンス間でフェイルオーバーを実行する場合は、所要時間が2分弱となります。

  • 2ノードRACシェイプは、複数の可用性ドメイン(AD)にまたがったものですか?

    いいえ、2ノードRACシェイプは同じAD内の2つのサーバーに対する設定であり、異なるのはラックです。ストレージは両方のインスタンスで共有されます。この設定は、インスタンス上のハードウェア障害に備えるためのものです。可用性を高めるため、別のADにもう1つの2ノードRACシェイプを設定することをお勧めします。

  • インスタンスにアクセスして、データベース操作のログを直接参照することはできますか?

    はい、DBシステムへのルート・アクセス権があれば、DBシステム上のデータベースについて、すべての操作をレビューし、監査することができます。