申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
お問い合わせ Oracle Cloudにサインイン

Service Connector Hub

Service Connector Hubは、Oracle Cloud Infrastructure(OCI)サービス間およびOCIからサードパーティ・サービスの間でのデータの管理と移動で効果的です。競合するクラウド製品とは異なり、Service Connector Hubは、Logging、Object StorageStreamingLogging AnalyticsMonitoringなどのサービス間のデータ移動を記述、実行、監視するための一元的な場所を提供します。また、軽量なデータを処理するFunctionsや、アラートを発行するNotificationsをトリガーすることもできます。

Service Connector Hubの機能

データ移動の管理

単一の画面ですべてのデータ移動を管理および監視

Service Connector Hubは、OCI内部のすべてのサービス間およびOCIからサードパーティ・ツールへのすべてのサービス間で発生しているデータ移動を管理および監視できる一元化した場所を提供します。

ログ・データの移動

サービスコネクタを簡単に設定し、ログをLoggingからObject StorageStreamingLogging Analytics Monitoring に移動したり、FunctionsNotificationsをトリガーしたりします。

ストリーミング・データの移動

サービスコネクタを作成し、データをStreaming内で、またはStreamingからObject Storageへ移動します。ストリームを使用して、FunctionsNotificationsをトリガーします。

サードパーティ・サービスとのシームレスな統合

Service Connector Hubは、Oracle CloudのKafka互換Streamingサービスとの統合をサポートし、運用体制の再構築や変更を必要とせずに、サードパーティのKafkaツールとのスムーズな統合を実現します。

データを移動するためのフィルタ

ソース・サービスと宛先サービス間のデータ移動を管理するフィルタを指定できます。


開発者向け機能

移動中のデータの処理

Functionsを設定し、LoggingStreamingから移動中のデータのカスタムデータ処理を実行します。

イベント駆動型アプリケーションの構築

Service Connector Hubを使用して、FunctionsNotificationsによるイベント駆動型アプリケーションを構築します。コードの問題を自動的に修正するほか、人手による操作を求めるアラートを発行します。

ログを転送するための単一のAPI

習熟曲線が短期間になるので、分析、アーカイブ、サードパーティ統合などのユース・ケースを目的としてサポート対象サービス間でデータを移動するための単一のAPIをすぐに使用できるようになります。

プログラマティック・アクセス

コマンドライン・インターフェイス(CLI)とAPIを使用して、サービス間でデータを移動するサービス・コネクタを作成できます。


運用とセキュリティ

メトリックとアラーム

Service Connector HubはMonitoringと統合し、転送バイト数、ソースとターゲットで発生したエラー、データ鮮度などのメトリックを提供します。これらのメトリックを使用してアラームを作成し、手動または自動の修復をトリガーできます。

アイデンティティ管理

Service Connector HubはOracle Identity and Access Managementと統合し、サービス・コネクタに対するアクセスとインタラクションを管理する詳しいポリシーを管理者が容易に設定できるようにします。

ログとストリーミング・データを無料で移動

Service Connector Hubは、すべてのOCIリージョンにわたる無償サービスです。


Service Connector Hubのユースケース

  • ログとストリーム・データの長期的なアーカイブ

    長期的なアーカイブを行うには、データをLoggingおよびStreamingからObject Storageへ移動します。

  • アラームの設定と改善処理の実行

    ログをメトリックに変換し、 Monitoringに取り込みます。統計関数に基づいて、アラームをほぼリアルタイムのアラートのメトリックで設定します。

  • イベント駆動型アプリケーションの構築

    FunctionsNotificationsを活用してデータを処理し、クラウド・リソースの変化に対応したアクションをとります。

  • サードパーティのアプリケーションとの統合

    データをStreamingに移動し、Kafkaコネクタを使用してサードパーティのサービスにシームレスに転送します。

  • 移動中のデータの処理

    データがLoggingおよびStreamingからサポートされるターゲット・サービスへと移動している間に、 Functionsを設定してカスタム・データの処理を実行します。

  • 高度なログ分析

    ログをLogging Analyticsに移動して、数百万行ものログから細かいデータをすばやく特定できます。

2021年4月13日

Service Connector Hubでのストリームとログの処理を発表

オラクル、製品管理、Vimal Kocherla

Service Connector Hubで、Streamingをソースとし、Functionsをタスクとしてストリームとログを処理するシナリオを一般提供することを発表します。

全文を読む

関連製品

Logging

すべてのログを対象とした標準ベースのサービス

ストリーミング

Kafka互換のイベント・ストリーミング

Functions

サーバーをプロビジョニングせずにコードを記述して実行

Monitoring

インフラストラクチャとアプリケーションのパフォーマンスを最適化

ここから始めよう


Oracle Cloud Free Tier

Oracle Cloud Infrastructure Monitoringで、無料の実践的な経験をお試しください。


お問い合わせ

監視の有用性をご覧ください。