申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

中小企業(SMB)向けのERPとは

多くの中小企業(SMB)にとって、エンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)ソリューションの評価は困難なタスクであると思われるかもしれません。しかし、すべては1つの質問に帰結します。現在のシステムはビジネス目標をサポートしていますか?あるいは、妨げになっていますか?

中小企業は、引き続き成長するために、スプレッドシート、オンプレミスのソフトウェア・ソリューション、および制限されたクラウド・ポイント・ソリューションから進化する必要があります。中小企業は、現在のグローバルでペースの速いデジタル環境で成功するために、ERPの選択によって、財務と業務への最新のアプローチを導入する必要があります。しかし、最新のERPとは何でしょうか?そして、それはSMB ERP向けのソリューションでしょうか?

注意散漫の戦術が中小企業の戦略的なビジネス目標に及ぼす影響

多くの中小企業の最終目標は大企業に成長することです。この目標達成には、買収、新しい地域、国、または世界への拡大、新しい製品またはサービスの追加または進化、追加の流通アプローチ、またはサブスクリプション、フランチャイズなど、新しいビジネス・モデルの導入が必要になる可能性があります。ほとんどの中堅企業にとって、成長を実現するための戦略は、このようなすべての活動を複数組み合わせた多角的なアプローチです。しかし、どのような行動計画であれ、成長目標を達成し、できれば上回るには、迅速な実行能力が重要です。

しかし、多くの場合、企業の戦略的目標は、ITリソースを消費し、従業員の生産性を妨げる時代遅れのエンタープライズ・アプリケーションおよびテクノロジーという形で現実に阻まれています。

たとえば、中小企業が、ビジネスを運営するために、複数のオンプレミス・ソフトウェア・アプリケーションを使用している場合、ITスタッフとパートナーは、データ・バックアップ、ディザスタ・リカバリのプランとテスト、セキュリティ・パッチの適用、無数のアップデートとアップグレードなど、重要ではあるが平凡な活動に時間を費やしています。このような活動によって、複数の継続的な注意力が失われ、IT部門(社内または委託先)は戦略的なタスクを行わなくなり、企業はビジネスを革新および拡大できなくなります。

このため、中小企業は包括的なクラウドファーストのアプローチをますます導入しています。中小企業は、クラウドERPアプリケーションによって、ディザスタ・リカバリ・プランニング、データ管理、パッチ適用、更新など、戦術的なIT活動のほとんどをクラウド・ベンダーに委ねることができます。このため、さらに重要で戦略的な目標に貴重なIT人材を割り当てることができます。また、中小企業は、クラウドファーストのアプローチによって、データとシステムがベンダーから24時間365日セキュアに提供されていることを知って、確実に成長できます。

競争力と対等な関係としてのERP Cloud

クラウドファーストのアプローチをERPに導入した中小企業は、中核の財務および業務活動を戦術的なものから戦略的なものに移行するだけでなく、次の2つの利点を享受することもできます。

1. 他の中小企業を上回る競争力

中小企業は、コア・ビジネス・タスクにクラウド・アプリケーションを使用すると、成長目標をさらに重視し、成長目標に注力できます。このため、同じ地域で活動する他の中小企業との競争で競争力を獲得できます。

2. 大企業との競争力のある対等な関係

多くの場合、中小企業は大企業に支配された市場シェアまたはアイデアを追求しますが、大企業の多くは、クラウド・アプリケーションによって、すでに変革しています。大企業は、独自のテクノロジー・スタックを構築するのではなく、ITインフラストラクチャのコストを削減しており、ビジネスをさらに効率的、機動的、およびセキュアにしています。中小企業は、クラウドファーストのアプローチによって、大企業が現在使用しているものと同じアプリケーションとインフラストラクチャを活用できます。また、大企業がクラウド・アプリケーションをまだ導入していない場合、中小企業は新しい競争力を獲得できます。

SMB ERPビジネスの課題と機会

中小企業は、大企業と同様、資金面と人材面のプレッシャーに直面しています。しかし、中小企業は、下流の目標と目的が市場シェアの獲得、イノベーションによるサービスと製品の拡大、地理的な急拡大、および破壊的創造だけでなく、最適な人材などのリソースの採用と雇用にも集中しているため、問題の重要性と優先度が異なります。中小企業は、大企業と比較して、自由に使うことができる資金と人的資源が少ないため、利幅を守り、キャッシュ・フローの問題を回避することを依然として重視していますが、成長、柔軟性、およびイノベーションを優先しています。

中小企業にとって、収益とコストはビジネス・プレッシャーをもたらしますが、成長予測の実行が最大の問題です。その理由は、通常、成長はどのような企業にとってもポジティブな兆候ですが、長期的な成功は特に中小企業にとって重要です。このような企業は、イノベーションによる急速な事業拡大を実現し、市場シェアを拡大するための強固な基盤を構築する能力をアピールしています。失敗の回避が重要です。また、業務リスクを負うと、成長の機会が永久に失われるかもしれません。このため、中小企業にとって、将来の成長を支えることができるバックエンドのITシステムを導入できることも同様に重要です。

このため、クラウドERPは成長を重視するすべての中小企業にとって重要になっています。ほとんどの企業、特に中小企業にとって、資本的支出の資金調達は限られています。中小企業は、クラウドファーストのERPプランを活用する場合、成長に応じて拡張する営業費用の月次予算編成モデルで財務および業務機能を提供するため、必要なものを必要なときに消費できます。中小企業は、限られた先行の資本的支出の資金に依存するオンプレミス・システムを導入または管理するのではなく、必要に応じてERPを拡大し、その費用を負担できます。このため、中小企業の成長目標の達成を重視する新規設備、追加設備、および研究開発への重要な投資に資本的支出を割り当てることができます。また、カスタマイズ、統合、およびデータ競合の多い時代遅れのオンプレミス・システムをアップグレードするために、資本的支出が必要な場合、さらに重要になります。

また、中小企業では、財務情報の効果的な共有が課題になっています。多くの場合、中小企業の会計システムの基盤には、紙ベースの手動のスプレッドシートから進化したプロセスが使用されています。また、この財務コラボレーションの不足によって、ビジネス機能は、さらにサイロ化されます。しかし、中小企業がクラウドERPで業務を変革すると、財務プロセスが効率化されます。さらに重要なことは、全社の会計とデータについて信頼できる唯一の情報源を確立することです。これだけでも、他の競合する中小企業、および異なる財務システムに苦慮している大企業を上回る競争力を獲得できます。

スピーディーなビジネス環境において、デフォルトのレポート生成機能、アドホックな出力の容易な作成機能は、あれば便利な機能という物ではなく、今や財務管理システム・ソフトウェアには不可欠な要件となっているのです。詳細なデータ分析、情報の視覚化、運用の可視化向上、ナラティブ・レポートの要件を追加して、企業はERPソフトウェア・ソリューションをエンタープライズ・パフォーマンス管理(EPM)ソリューションなどの高度なレポート・システムと簡単に連携する必要があることをすぐに発見できます。

しかし、クラウドへの移行は中小企業にとって困難であると思われるかもしれません。多くの中小企業にとって、成長は予定より早く急速に生じる場合もあるため、クラウドERPの活用方法を正確に判断することは困難です。

包括的なクラウド・ソリューションは前世紀にルーツを持つ最高のオンプレミス・システムをはるかに上回る機能を実装しています。しかし、幸いにも、Software as a Service(SaaS)アプリケーションには多くの特徴と機能があるため、完全なクラウドERPソリューション・スイートから始める企業は、規模にかかわらず、ほとんどありません。ほとんどの企業は、ニーズの発生に応じて、機能を追加しています。

ビジネス・ユーザーは業務アプリケーションが私生活で使用しているものと同等以上であることを期待しているため、常に変化するカスタマー・ニーズは中小企業にとって破壊的な力です。この点でも、中小企業は最新のクラウドERPから明確なビジネス上の利点を享受しています。通常、クラウドERPはデスクトップおよびモバイル・アプリケーションの消費者エクスペリエンスを向上する最新のテクノロジーで設計されているため、中小企業は向上したユーザー・エクスペリエンスを従業員と顧客にすぐに提供できます。

ERPシステムが成長をサポートできない9つの兆候

AI、機械学習、チャットボット、プロセス・オートメーションなど、新しい次世代テクノロジーによって、財務の運営方法が変化しています。クラウドベースのERPシステムに移行すると、このようなテクノロジーからの機能を使用して、効率を向上し、意思決定を改善できます。

しかし、現在のERPシステムが成長のために構築されていないことをどのように判断しますか?既存のERPが妨げになっているかどうかを確認できるように、現在のバックオフィスの財務および業務環境に関する次の質問に回答します。

1. データをダウンロードし、他のシステム(特にExcelスプレッドシート)に手動で再入力しますか?
2.部門はデータを信頼していますか?また、信頼できる唯一の情報源は、ありますか?
3.データが疑問視されているか、リアルタイムに閲覧されていないため、意思決定が滞っていませんか?
4.現在のERPシステムより多くのスプレッドシートが使用されていますか?
5.決算は長く(数日ではなく数週間)かかると思われますか?
6.お客様のチームは新しい収益モデル、または計画、予算編成、および予測方法をサポートできますか?
7.ERPシステムは社内またはサードパーティーの複数の統合によるさまざまなベンダーのポイント・ソリューションの寄せ集めですか?
8.カスタマー・エクスペリエンスに関する不満は増加していますか?
9.次のいずれかに苦慮していますか?(ERPシステムのサポート費用の急増、現在使用しているERP製品のサポート終了、ERPのアップグレードが必要な時期が近い)

SMB ERPの目標

ほとんどの中小企業にとっては、成長と市場シェアは、レーザーのように一点に集中する主要な目標です。しかし、中小企業が重視する目標は、この2つだけではありません。もう一つの重要な問題は収益性です。多くの場合、中小企業では、規模と量によって、マージンが向上しますが、製品とサービスのすべてのコストを把握し、コストを厳密に管理し、調達の直接と間接の手順とプロセスを評価し、継続的に予測、計画、および分析を行いながら、確立した予算で業務を行うことが不可欠になります。

モバイル・アクセス、eコマース、ビッグデータ、AIなど、新しいプラクティスが競争の激しいビジネス環境を支配し始める中、中小企業は取り残されるわけにはいきません。ビジネス・システムの最新化は引き続き中小企業の責任です。新しいテクノロジーを導入すると、変化する市場で競争できます。

カスタマー・サービスは、すべての中小企業にとって同様に重要です。すべての中小企業は、システムを常に最新化しながら、収益性を向上して、フレームワークとガバナンスの両方を実現できます。顧客中心のアプローチを取る企業は、ソフトウェア・システムの最新化によって、顧客のニーズを意思決定と投資に反映できます。顧客に最適なサービスを提供するための具体的な方法は、企業によって異なりますが、通常は、ブランド、製品、サービス、および企業が業界で持っている可能性がある独自の能力の組み合わせです。

中小企業向けのERPの主要な成功要因

中小企業は最新のERPシステムが実装する必要がある外観と具体的な機能に苦慮しています。強力な財務実績とビジネス成長に注力する中小企業にとっては、最新のERPシステムを定義する主要な要件は次のとおりです。また、最新のERPの導入について話し合うための優れた出発点になります。

  • 勘定科目に対する経費を追跡するための総勘定元帳、買掛金(AP)、および売掛金(AR)、貸借対照表、損益計算書の作成、顧客の注文から現金化まで(OTC)のサイクル、およびサプライヤーの調達から支払まで(P2P)のサイクルを含む主要な財務アプリケーション。
  • プロジェクト・マネジメント、人材管理、および人事の基本向けの追加のソリューションを統合するための業界をリードするプロセス。
  • 製品原価を管理し、KPIとレポートの共通リポジトリを維持し、従業員の役割に基づくシステム・アクセスでセキュリティを管理するための明確で監査可能なシステム。
  • 企業コンプライアンス、データ品質、およびすべてのシステムのステータスを監視する機能。
  • 業務、カスタマー・サービス、ロジスティクス、財務、および営業の間の部門横断的なプロセスと標準化された手順による部門間のリアルタイムのコラボレーションのサポート。
  • 財務は、必要に応じて、CRM、eコマース、顧客とサプライヤーのセルフサービス・ポータル、計画と予算編成、ビジネス分析、注文管理、サプライチェーン・プランニング、製造などの機能とネイティブに統合されています。

SMB ERPソフトウェア・ソリューション

企業がERPシステムを変更またはアップグレードする可能性がある理由については、多くの推進要因があります。最新の機能の活用が1位を占めています。

中小企業のビジネスが成長するにつれて、取引量の増加、情報の加速、および新しいプロセス要件に対応するには、機能の追加が必要な可能性があります。使いやすさは、従業員エンゲージメントのカギであり、リストの2位に位置付けられています。優先すべきは、ERPソリューションが、役割を果たすだけでなく、簡単で直感的に使用できることです。

中小企業は、事業内容に基づいて、収益性と成長という2つの重要なビジネス目標を実現できる柔軟性を備えている必要があります。柔軟性は、エンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)ソリューション自体だけでなく、その導入にも同様に重要です。

簡単に言うと、ERPシステムがお客様の現在のビジネス・ニーズを満たしていない場合は、変更する時期です。この状況にある企業は、目標の追求に成功するために、ITおよびシステム戦略全体を見直す必要があります。クラウドベースのERPのアプローチは、成長と統合をサポートできるプロバイダーによるものであり、最適で実行可能なソリューションです。オプションはさまざまですが、柔軟性とセキュリティの重視が賢明なアプローチです。

中小企業向けの財務ソリューション

通常、ERPの導入は財務ソリューションから始まります。中小企業も、大企業と同様、勘定科目に対するコストを追跡する手段、貸借対照表、および損益計算書の作成だけでなく、総勘定元帳の機能も必要です。中小企業が最初に導入する最も一般的なERPプロセスは、買掛金、売掛金、総勘定元帳、および給与計算の4つです。買掛金と売掛金は中小企業が顧客およびサプライヤーとの連携に使用する2つのプロセスです。売掛金は顧客側の注文から現金化までのプロセス(受注、製品またはサービスの提供、請求、および顧客からの代金の回収)を対象としています。買掛金では、サプライヤーとの取引を管理します。

買掛金は、調達から支払まで、または調達から決済までのプロセスのカギです。買掛金では、商品またはサービスをサプライヤーに注文し、受領、請求処理、および支払を行います。総勘定元帳は、すべての会計システムのバックボーンです。

中小企業の財務管理について重要性を増している他のソリューション分野には、経費管理、調達、在庫管理、およびプロジェクト・マネジメントがあります。

管理および機能アプリケーション

中小企業は、一般的な財務アプリケーションだけでなく、ERPシステムにも基本的な管理および機能アプリケーションが含まれていることを期待する必要があります。

また、主要な人事機能は、ERPシステムの一部になる可能性があり、中小企業が最初にアウトソーシングする可能性がある別の分野です。企業は、成長するにつれて、ERPと適切に統合できる人事ソリューションを求める可能性があります。

企業は、基本的な人材管理ソフトウェアによって、労働と仕事量の需要を予測し、ビジネス目標を満たすために、スケジュールを定義して割り当てることができます。また、労働時間、欠勤などの労働データを取得し、スケジュールの遵守と生産性を追跡し、労働法と給与規則を遵守できます。労務管理と報告要件がさらに複雑化するにつれて、ERPシステムと統合された人材管理または時間と労力ソリューションを活用することが次のステップになるかもしれません。

また、すべての規模の企業が人材獲得競争を繰り広げる中、採用を改善するだけでなく、従業員の定着に貢献する従業員エクスペリエンス全体を向上するクラウド・ソリューションは、さらに重要になっています。このような従業員管理ソリューションを組み合わせると、採用、入社、キャリア開発、給与計算、および福利厚生にわたって連携する包括的なアプリケーションの必要性が高まります。

基本的な動作制御プロセス

財務会計および管理アプリケーションだけでなく、中小企業が導入する可能性が高いコントロール、プロセス、可視性、および統合に関連する他の機能も多くあります。

通常、中小企業は成長を包括的な目標としていますが、収益性およびコスト管理は依然として重要です。この理由は、どのようなコストがかかっているのかを可視化しないと、事業を確実に行うことはできないためです。ある時点から、いずれの中小企業も、コストを理解および管理せずに、生き残ることはできなくなっています。

中小企業は、クラウドベースのERPによって、完全で監査可能な記録システムを実現する統合的なビジネス・システムを獲得し、信頼できる唯一の情報源を確立できます。クラウドERPソリューションは、データ・サイロ、および連携されていないプロセスを排除して、コミュニケーションとコラボレーションを簡素化します。パフォーマンス指標とKPIの中央リポジトリは、オンデマンドで提供されているため、このアプローチを強化できます。また、役割と責任に基づいて、情報を適切な人に手渡すと、管理を確立できます。十分な情報に基づく意思決定をタイムリーに行うには、適切な人が必要な情報にアクセスできることが不可欠です。

企業が成長および拡大するにつれて、情報の流れを簡素化するためのチャネルを導入することは重要です。ERPソリューションは、さまざまな部門(業務、カスタマー・サービス、ロジスティクス、営業、および財務)を統合します。部門が共通データ・モデルで密接に統合されていると、以前はサイロ間で行われていた検証とエラー修正にかかる無駄な時間を排除できます。この結果、情報の流れの加速、および部門間のコラボレーションの向上が実現します。

クラウドがERPに選ばれる理由

中小企業のリーダーが、財務と業務を最適に管理するために、ERPシステムに何が必要であるかを評価する場合、最初は、視点が従業員ごとの経歴、トレーニング、分野、およびビジネス上の役割によって異なるでしょう。しかし、最初は、答えはさまざまですが、多くの場合、中小企業は、最新のERPソリューションの選択肢を評価する際、同じ結論に達します。多くの中小企業にとっては、クラウドベースのERPアプローチが適切なソリューションです。クラウドベースのERPは、複数の部門で1つのプラットフォームを標準化して、レガシー・ソリューションと最高のソリューションの統合に苦慮している企業の問題に対処します。

ERPクラウドは財務機能内およびさまざまな部門間の統合を簡素化します。それだけでなく、クラウドベースのERPは、顧客に直接リーチできるため、顧客が好むセルフサービス機能を実装するために必要な基盤を提供できます。

中小企業には、必要に応じて拡張できる機動力が必要です。多くの場合、クラウドを選択する理由は、簡単に拡張できるERPソリューションを実現するためです。また、クラウドに移行すると、オンプレミスERPシステムを管理するためのコストの多くを削減できます。中小企業は、簡単に統合でき、高コストのアップグレードを回避するソリューションだけでなく、すべてのデータ向けの業界最高レベルのセキュリティを常に提供するソリューションも必要としています。

同様に重要なことは、ERPクラウド・ソリューションが仕事を続けるITスタッフを保持する必要性を軽減することです。このため、中小企業は市場拡大などのビジネス・イニシアティブを重視する戦略的なタスクにITリソースを使用できます。

中小企業が競合他社を常に上回るには、オンプレミスERPだけでは不十分です。業界をリードするグローバル・クラウド・インフラストラクチャで提供される組み込みのベストプラクティス、最新の機能、および最新の変革的なテクノロジーが必要です。オラクルのERPクラウド・スイートは、現在提供されている最も包括的でスケーラブルなソリューションであり、主要なアナリストによって市場リーダーに位置付けられています。Oracle Cloud ERPは、すべての規模のすべての業界の8,500社以上の世界中のお客様が、すべての重要なERPビジネス・プロセスを活用している実績のあるSMBソリューションです。中小企業は、Oracle Cloud ERPによって、市場の成長と収益性を推進できるように、競争力を獲得します。

業界最高のSMB ERPを見る