What is a Financial Management System?

財務管理システムとは

財務管理ソフトウェアを使用して、組織の資金を追跡し、分析する会計および財務のデジタル・エンジンです。

 

バックオフィスの会計から最新の財務に求められる俊敏性まで

財務管理システムは、さまざまな財務トランザクションを作成、連携、格納、報告するために設計されています。その最終的な目的はただ1つ、資金の集計です。

簡単に言うと、なんらかの会計ソフトウェアがなければ組織は生き残れません。いかなる組織にもビジネスの資金の流入および支出のフローを管理する最低限のシステムが必要です。しかし、真に効果的な財務管理システムの機能はそれにとどまりません。収益性の最適化、キャッシュフローの測定、納税義務の判断、コンプライアンスの保証、企業の長期的な持続性確保などが求められます。

ERPに関する詳細

最新の財務組織を構築して、ビジネスを前進させましょう。

Gartner Magic Quadrant for Cloud Core Financial Management Suites

Gartner Magic Quadrantで、Oracle ERP Cloudがリーダーに選出されたました。その理由をご覧ください。

Download Gartner Report

会計ソフトウェアの主なメリット

財務管理ソフトウェアには、収入、支出、および資産を管理するツールとプロセスが用意されています。財務管理ソリューションが目指す大枠の目標は、組織の日常的なビジネスを管理するだけではなく、収益を最大化し、不正行為や盗難から財務データを継続的に保護することにあります。基本的なレベルでも、会計システムには次のようなメリットがあります:

  • エラーのない財務管理 - 今日の組織には、スプレッドシートを使用したデジタル版の帳簿管理を超えるシステムが必要です。単なる取引の記録以上に、財務チームが用いる財務管理ソフトウェアでは、受託者責任を維持し、会計エラーを削減できなければなりません。請求サイクルを短縮し、絶えず変化する税法や規制要件を遵守したうえで、日次、月次、年次のキャッシュフローを最適化する必要もあります。
  • 現在および今後の会計基準を遵守 - 国内および国際の会計基準では、企業と公益事業に関する規則が定められています。規則や定義、プロセスが定められた会計基準によって、財務情報は正規化されますが、基準そのものが目まぐるしく変化します。この数年でも、IFRS 15やASC 606など新しい基準が発効しています。財務管理システムは、最新の会計基準に対処する必要があり、しかも基準の変化に対応する柔軟性も求められます。
  • 正確な財務データ - 財務ソフトウェアに必要なのは、基本的な会計処理だけではありません。記録の冗長性を排除し、予算の策定や予測、計画も改善する必要があります。適切に分類された綿密な経費管理、銀行システムへのシームレスな統合、監査の精度向上、あらゆる資産および負債の記録の詳細な追跡も必要です。
  • データとシステムのセキュリティ - 会計、財務、監査の各活動には、財務管理ソリューション全体を通じてデータが万全に統合された、包括的なシステム・セキュリティ機能も必要です。
  • エンタープライズ業務の連携 - 企業の規模が大きくなると、財務管理ソフトウェアは、企業間、プラント間、部署間で財務データと他のデータをつなぐエンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)システムの一部となります。財務データの連結によって、事業プロセスが整合され、複雑さも緩和されます。
  • 成長に必要なスケーラビリティ - 企業が成長すると、それに合せてシステムとプロセスも拡大していきます。つまり、財務管理ソフトウェアは、その成長に応じて、市場、地域、製品を超えて迅速かつ容易に拡張できなければなりません。
  • 強力な内部統制 - 企業全体で資金を追跡・管理する以上、財務管理システムは盗難や不正操作といった犯罪行為から重要なデータを保護できる必要があります。財務管理ソリューションにリスク管理とコンプライアンス管理が含まれていれば、企業は監査証跡とエラーチェックを超えてそうした機能を活用し、企業全体の職責に対して職務の分掌と役割のマッピングを実施することができます。

包括的な会計システムの中核的な機能

財務管理システムは、組織全体に正確な財務情報を提供します。財務管理ソフトウェアは、その情報を利用して、さらに次の専門分野で組織をサポートします。

  • 元帳:一般会計(GL)と補助元帳

    • 元帳、特に一般会計(GL)は、あらゆる財務管理ソリューションの中核を成すコンポーネントです。その設計と機能は、完全な財務管理ソフトウェア・スイートの総合的な機能を通じてきわめて重要な意味をもちます
    • GLは総勘定元帳であり、完了した財務取引の明細ごとのマスター・コレクションです。取引が発生するたびに、GLレコードには通常、該当する金額、勘定科目、日付、摘要、取引番号、種類などが記録されます。
    • 財務管理ソフトウェアでは、このGLに対して補助元帳が必要です。補助元帳は、部署、プラント、拠点、国、主要プロジェクトごとに整合されます。補助元帳があると、納税に向けた会計の精度と財務の透明性や、予算および財務計画が向上するとともに、財務分析およびレポート作成も改善されます。
  • 買掛管理(AP)と売掛管理(AR)

    • 買掛管理(AP)と売掛管理(AR)は、財務管理システムで借方と貸方を処理します。
    • 買掛管理と売掛管理を迅速かつ正確に処理する能力は、キャッシュフロー、月末の決算、年度末の決算、そしてほとんどの期間財務処理に影響します。OCRなどの自動化テクノロジーに接続することで、処理速度が上がり、APとARの処理精度も向上します。
  • 資産管理

    • 財務諸表を完成するためには、資産の価値と状況を把握することが、在庫管理に求められます。評価と減価償却に関連して正確な財務諸表を作成するには、財務管理ソフトウェアで、資産に関連した摘要情報を伴う資本データと業務データが必要です。
  • 回収管理

    • サプライヤと顧客に関わる回収の管理も、財務管理ソフトウェアの重要な機能のひとつです。包括的な回収管理の機能があれば、顧客のランク付け、回収戦略の確立、回収支払いの管理が容易になり、さらには破産した顧客に対する最終回収も開始できます。
  • 従業員経費管理

    • 従業員経費精算書の生成と処理は、財務管理システムに欠かせない機能です。主な機能として、従業員がセルフサービス入力でき、経費をプロジェクトと出張の勘定科目にマップできる必要があります。
  • レポートと分析

    • 財務管理ソリューションからデータを取得し、編成・分析することで、企業の運営実績や、特定時点の財務状況を、有意に把握できるようになります。実効的な財務管理ソフトウェアには、ネイティブのレポーティング・ソリューションが組み込まれている必要があります。
    • 財務管理ソリューションに、多次元レポーティング・プラットフォームと、セルフサービス・レポートおよびデータ視覚化の機能も用意されていれば、ユーザーにリアルタイムの情報を提供して、財務実績をさらに改善することができます。
  • 収益管理

    • 財務管理システムにおける収益管理アプリケーションは、ASC 606やIFRS 15といった基準および既成に対するコンプライアンスを自動化し、監査します。
  • リスク管理

    • 内部および外部の盗難や不正行為を監視して、それから企業を保護するために、財務管理ソリューションには、職務分掌(SOD)と支払いのルールを管理する内部統制と監査のツールが用意されています。

ERPシステムから必要なレポートを作成する

ほとんどの財務管理システムには、企業データを動的に視覚化する機能が備わっています。21世紀に入るまで、ERPソフトウェアは大量のビジネス・データを取得することは得意でしたが、そこからレポートを作成するのは不得手でした。当時は、それが限界だったのです。

今日の組織は、収益性を改善し、業務を合理化して、意思決定を強化するために財務データを投入できる機能を求めています。最近では、レポート作成、データ出力、監視機能が、組織にとってとりわけ重要になっています。財務管理システムのレポート要件も、そうした需要に伴って急激に変わりつつあります。

少なくとも、月末決算、四半期決算、年度末決算と、収入、支出、収支残高の基本的な財務諸表を網羅するレポートを、すべての企業が必要としています。こうした出力は、これまでも利用可能でしたが、レポートを調整したり、他の用途のために派生データを追加したりすることは容易ではありませんでした。

変化の速いビジネス環境では、事前構築済レポートを生成し、アドホック出力を簡単に作成できる機能は、財務管理システム・ソフトウェアにとって、あれば望ましいというものではなく、不可欠なものになっています。詳細なデータ分析、情報の視覚化、業務視覚化の強化、ナラティブ・レポートに必要な要件を加えれば、ERPソフトウェア・ソリューションが、統合業績管理(EPM)ソリューションなどの高度なレポーティング・システムと無理なく連携する必要があるということはすぐに明らかになります。

 

実績計画と財務計画の向上

財務管理システムでは、借方と貸方における金銭の動きを管理するだけでなく、レポートも発行できれば理想的です。 財務管理システムの設計が優れていれば、業務プロセスを合理化し、ベスト・プラクティスに整合させることで、実績を改善することができます。戦術レベルにとどまらず、事業部と組織を変革できる戦略的な活動に時間と労力をつぎ込めるようになるため、従業員の生産性も上がります。

総勘定元帳を超えて

組織が新たな市場に参入するとき、あるいは新しい地域に進出したり、市場の激変に対応したりする(とくに自身がその変化を起こす)とき、財務管理ソリューションは迅速に拡張する必要があります。法的要件やレポート要件の増加、資産の増加、長期および短期の新しい債務、商品およびサービスの適格サプライヤーの増加、従業員給与や各国の政策に対処するインフラなどに対応する必要があるからです。

次世代の人事管理のためのプランニング

人材が定年の時期を迎え、ミレニアル世代がその後任に就くようになった今、次世代の従業員を集めることは何より優先事項になっています。財務管理システムは、デジタル・ワークフォースの期待にも応えなければなりません。そのために必要なのが、直感的なユーザー・インタフェース、使いやすい設計、そしてミレニアル世代がなじんでいるソーシャル・メディアなどのソーシャル・ツールの組み込みなどです。

財務管理システムに向けたオラクルの最新ソフトウェアおよびソリューション

オラクルがクラウドベースで提供する最新の財務管理ソリューションは、デジタル経済で競争する組織をサポートします。次のような機能を備えた総合的なソリューションです。

  • 革新的なレポーティング - 事前構築済レポートとアドホック・レポートを実現する堅牢なリアルタイムのレポーティングOracle EPM Cloudアプリケーションにあらかじめ統合されています。レポーティングの俊敏性と精度が上がれば、ばらばらなスプレッドシートや断片化したレポートを超えて、応答時間を短縮し、全社的にプランニングを整合することができます。
  • セキュアなグローバル・インフラ - 業界をリードするオラクルのデータベースで構築された最新のデータ・センターを利用し、オラクルが所有、設計、管理するグローバル・インフラを介した外交クラスのセキュリティ。このインフラを使用することで、オラクルの財務管理ソリューションは、国内のデータ拠点に求められる要件を完全にサポートします。
  • 究極のスケーラビリティ - オラクルのクラウド・ソリューションは、大容量、高速のスケーラビリティを実現します。テストでは、複雑な財務トランザクション・セットが、1時間当たり3億6,000万以上のトランザクションを記録しました。
  • 包括的な財務管理 - 中核的な会計および財務、経費管理、リスク管理,直接および間接の調達プロジェクト・ポートフォリオ管理(PPM)の各アプリケーションで、オラクルはもっとも包括的な財務ソリューションを提供します。
  • 直感的なユーザー・インタフェース - 最新の設計パラダイムとソーシャル・ツールを背景に、オラクルは生産性を最大化してコラボレーションを促す最新のユーザー・エクスペリエンスをお届けします。
  • エンドツーエンドの完全なエンタープライズ・ソリューション - 人事管理(HCM)サプライチェーン管理(SCM)製造セールス・フォース・オートメーション(CRM)サービス・サポートなどあらゆる共通ビジネス機能に対する事前構築済のネイティブ統合によって、全社的にデータのサイロ化を排除し、ビジネスを的確に洞察して、一貫したワークフローを構築します。
  • ベスト・プラクティス - 180以上のビジネスプロセスを網羅するOracle Modern Best Practiceによって、財務の俊敏性が向上します。オラクルの財務管理ソフトウェアは、こうした変革的なプロセスに合致しており、組織は生産性を加速し、決算の所要時間を短縮して、リアルタイムで本質を見抜けるようになります。

最新の財務管理ソリューションに必要なクラウドの条件

上述したような設計原則に加えて、オンプレミスからクラウドへという財務管理ソリューションの移行を促す中核的な運営コンセプトが3つあります。具体的なソリューション:

  • 機能させるのではなく、機能するソフトウェア - 旧態依然の財務管理システムでは、スタッフやコンサルタントによる膨大な量の保守が必要でした。そうしたオンプレミスのERPおよびEPMパッケージは、バグの修正、パッチ、アップグレードを常に必要としており、プロジェクトを次々と最新かつ安全に保たねばならないことも少なくありません。クラウドベースの財務管理ソフトウェアであれば、バグ修正を追跡、診断、インストールするという負荷が顧客からベンダーにシフトします。ユーザーが絶えずシステムの修正を続けるのではなく、システムがユーザーにかわって常に機能し続けます。
  • 利用転換のコストを回避 - レガシーシステムは、ただ動かし続けるだけでも膨大な時間と労力、費用を必要とします。クラウドベースの財務管理システムであれば、アップグレードから障害回復、ハードウェアの刷新、バックアップ、カスタムコードの管理まで、すべてがサービスの一環として処理されます。
  • ソフトウェアのお蔵入りを防ぐ - 今後のユーザー増や予想されるプロジェクトに備えて余分にライセンスを購入するという昔ながらのやり方は、最新の財務管理ソフトウェアを導入して終わりにしましょう。クラウドのSaaSサブスクリプション・モデルなら、必要なだけのライセンスを使用し、必要に応じてユーザーや製品を追加できます。ソフトウェアに投資しても結局は使われなくなるというのは、ITの悪弊であり、過去のコンピュータの使い方です。

次世代の財務管理システムを推進するクラウド

財務管理ソリューションが、デジタル世界の需要に応える形で発展してきたことは明らかです。そして、クラウドがその変化の鍵を握ってきました。クラウドは、ERPと財務ソリューションを、バックオフィスの基本的な会計ソフトウェアから、イノベーションを前提に統合された包括的でミッションクリティカルなソリューションへと引き上げています。変革の動きと競合上の圧力に直面している企業は今こそ、標準に向けて構築された新しい財務管理システムを利用して、次世代の財務を手に入れることができます。


ERPを始める

* ガートナー社は、その調査結果に掲載されたいかなるベンダー、製品、サービスについても保証しません。また、また、評価が高い、もしくはその他で選出したベンダーのみを選定するようテクノロジー・ユーザーに推奨するものでもありません。ガートナー社の調査発表は、ガートナーの調査機関の見解で構成されており、事実として解釈すべきものではありません。ガートナー社は本調査に関して、明示または黙示を問わず、商品性や特定の目的に対する適合性などを一切保証しません。