該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

Oracle 財務と人事の最新ベスト・プラクティス

至上の命題:財務と人事で43以上のタッチ・ポイント
至上の命題:財務と人事で43以上のタッチ・ポイント

財務と人事の間で適切に運用したい最重要なタッチ・ポイントは何ですか。それが何か、1つのクラウドで有効かどうかをお確かめください。

デジタル人事を加速する4つのステップ
財務と人事:クラウドの新しい強力なパートナーシップ

人事と財務のチームの協力を実現するために、37%の企業がクラウドを選択しました。

Wake Forest Medical、Oracle Cloudの組込みビジネス・プロセスを使用してイノベーションを達成
Wake Forest Medical、Oracle Cloudの組込みビジネス・プロセスを使用してイノベーションを達成

Oracle ERPとHCM Cloudの一貫したイノベーションと組込みのビジネス・プロセスによって、新しい機能の採用とROIの推進が容易になります。

財務と人事をつなぐ:今すぐ、明日のスピードで変革とイノベーションを

クラウドで統合された財務とHR

クラウドで統合された財務と人事


今日最新のビジネスはつながり合っており、インテリジェンス主導です。現在の市場需要に対処するだけでなく、明日に向けた改革のために、ソーシャル、モバイル、アナリティクス、ビッグ・データ、モノのインターネット、AIといった最新テクノロジーを駆使して未来を引き寄せています。

以前のように機能とデータがサイロ化していては、現在のビジネスを支えることはできません。今や、どんなビジネス・プロセスもつながりを必要としており、エンドツーエンドのトランザクションを通じてシームレスに進むようにデータの力を解法しなければなりません。財務と人事こそ、統合のメリットが最も大きい職務領域です。人事のポリシー、従業員のステータス、人材計画が相互に依存しており影響し合うことを考えれば、それは容易に理解できます。実際に人材が不足する世界では、ポリシー、構造、ステータスは常に流動的です。しかも、今後に向けて組織を計画すると場合でも、通常のワークフォースを更新する場合でも、セキュリティ、予算、承認およびワークフロー、アクセス権、役割ベースの権限、ビジネス・ルール、そしてもちろんコンプライアンスに関連して財務と人事の両面にわたって大きな変更の必要性が生じます。

ERPとHCMの統合クラウドのメリットが、これほど明確になったことは、かつてありません。次世代のテクノロジーを活用し、オラクルのERP CloudHCM Cloudに組み込まれるスケーラブルな最新ベスト・プラクティスをつなげれば、今日の変革的かつ協力的なビジネスを作り、俊敏で革新的な明日のビジネスを築くことができます。


ERPとHCMの統合クラウドのための5つの最新ベスト・プラクティス—簡単な説明
 
財務と人事を統合してビジネスを変革する

財務と人事を統合してビジネスを変革する


日々の決算から財務予測まで

組織の変化が承認に影響—ある地域担当のCFOがグローバルの責任者に昇進するとします。新しいグローバルCFOとして、業務全体を見渡せるダッシュボードへのアクセス権が、初日から必要になります。同時に、地域担当の新任CFOも、適切なダッシュボードにアクセスして、新しい役割に応じた承認権限を付与される必要があります。日々の決算から財務予測までに関するオラクルの最新ベスト・プラクティスについて詳細を見る

要求から受領まで

ポリシーの変化がコンプライアンスに影響 – たとえば労働力の外部調達など特定のカテゴリの購買は全て、会計部門でVPレベルの承認に受けなければなりません。人事と財務が同期していれば、人間が介在しなくても、適切なワークフローすべてでただちにポリシーが反映されます。要求から受領までに関するオラクルの最新ベスト・プラクティスについて詳細を見る

予算から承認まで

組織の変化が予算に影響—市場に投入した新製品に力を入れるために、営業担当者の人員増を決定しました。新しい部署と予算を作って承認しなければなりません。予算から承認までに関するオラクルの最新ベスト・プラクティスについて詳細を見る

インサイトからスマート・ソーシングまで

組織の変化が契約交渉に悪影響— スマート・ソーシングを活用するだけでも、購買、分野専門家、契約の専門家、会計担当など多くの部署が関係します。 このような部署で個人または組織に変化があると、交渉の成果に悪影響が及びかねません。最新の組織記録があれば、確認と承認のルーティングをスムーズに実行することができます。インサイトからスマート・ソーシングまでに関するオラクルの最新ベスト・プラクティスについて詳細を見る

経費レポートから払戻しまで

ポリシーの変更で支出を削減—CFOの元で経費を分析したところ、交通費が予算を大幅に超えていることがわかりました。まずビデオ会議を考え、その後出張の必要性を見てマネジメントが承認を与えるという新しい出張ポリシーを採用すれば、不要な交通費を削減できます。経費レポートから払戻しまでに関するオラクルの最新ベスト・プラクティスについて詳細を見る



始めよう