該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

Oracle Cloud Platformとは?

Oracle Cloud PlatformはオラクルのPlatform as a Service(PaaS)をクラウド・インフラストラクチャと組み合せたもので、これを使用すると、オラクルに期待する規模と信頼性を確保しつつ、かつてないほどのスピードでイノベーションを実現することができます。

 

イノベーションの加速。予測インサイトの獲得。

オラクルは、Oracle Autonomous Cloudをプラットフォーム全体に拡張することにより、クラウド・プラットフォーム・テクノロジーの進歩を実証しています。プラットフォーム内の自己稼動サービスは人工知能(AI)と機械学習を利用して、組織におけるコストの低減、リスクの軽減、イノベーションの加速、予測インサイトの獲得を支援します。

統合クラウド・プラットフォームが重要である理由

クラウド・パートナーがアプリケーション、プラットフォーム、インフラストラクチャを網羅した幅広く奥行きのある製品ポートフォリオを展開していれば、クラウドで成功を収めるための独自の道筋をどのような出発点からでも自由に描くことができます。その結果、ITのメンテナンスに費やす時間が減り、本当のイノベーションに時間をかけられるようになります。自分のニーズをすべて満たすノウハウがパートナーにはあることを知っているからです。

Oracle Platform as a Service。イノベーションを今すぐ実現するツール。

オラクルの幅広いPaaSポートフォリオは、アプリケーションを開発、統合、監視、保護するために必要なツールと、アナリティクスを使用して変革をもたらす実践的なインサイトを構築するための手段を提供します。

完全なソリューションが複雑さを軽減します。オラクルは、エンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)やサプライ・チェーン・マネジメント(SCM)、カスタマー・エクスペリエンス(CX)、統合業績管理(EPM)などの製品を取りそろえた、有力なSaaSプロバイダです。オラクルのPaaSポートフォリオもそれと同等かそれ以上に包括的です。GartnerのMQでリーダーに位置付けられているOracle Databaseを基盤に、SaaS、PaaS、IaaS間の非類のない統合を提供するだけでなく、オンプレミスのプラットフォーム・テクノロジーとも統合して、シームレスなカスタマー・エクスペリエンスを生み出し、運用効率を改善し、イノベーションを促進します。

オープン性により、今日の最新ITアーキテクチャでは避けて通ることのできない不動のものをサポートします。それは「変化」です。オラクルのクラウドに対する差別化アプローチは、組織のアプリケーションやITアーキテクチャに最高レベルの柔軟性をもたらし、長期的な変化をサポートします。Oracle Cloud Platformでは、オラクルのワークロードとオラクル以外のワークロードを両方とも実行し、オラクルのアプリケーションにもオラクル以外のアプリケーションにも接続することができます。このクラウド・アーキテクチャは、展開の柔軟性、タイミングの選択肢、パーソナライゼーションをすべてのクラウド・ジャーニーに提供し、現在の価値を最大限に高めます。さらに、Oracle Cloud Platformでは、Dockerなどのクラウド・テクノロジー標準の導入やVMwareのサポートが可能であり、マイクロサービスや多言語にも対応しています。

オラクルの取組みの中心には、クラウドに対するセキュアなアプローチがあります。これを支えるのが、クラウドの各レイヤー深く(チップ・レイヤーに至るまで)に組み込まれたセキュリティと、お客様がクラウド・アプリケーションに組み込むことのできる個別のクラウド・セキュリティ・サービスです。パブリック・クラウド内で最高のセキュリティを確保するために、オラクルはデータ中心の戦略を策定しました。これには、スーパーユーザーが過大なデータ・アクセス権を持つことを防ぐ特権ユーザー管理が含まれています。さらに、クラウド管理者がお客様のデータベースのデータを参照できないようにしています。オラクルのセキュリティ・クラウド・サービスにより、お客様は、未承認のアプリケーションを可視化して管理し、一元化されたインサイトと機械学習により、高度なサイバー攻撃を防止することができます。また、予防、検出、防御のためのアイデンティティ駆動型セキュリティ・オペレーションを構築し、ユーザー・アクセス制御、暗号化、マスキングを提供することもできます。

さまざまなクラウド展開オプションから選択できるので、全面的なコントロールが可能になり、柔軟性も得られます。お客様は、各アプリケーションを自社のプライベート・クラウドに展開して管理することも、そうしたワークロードをパブリック・クラウドに移行することもできます。この移行は、オラクルの標準テクノロジーを使用したシームレスな移行です(同じ標準、同じ製品、一元的な管理)。Oracle Cloud at Customerの場合、Oracle Cloudのパワーをお客様の各ファイアウォールの内側で利用できるので、さらに選択肢が増加します。

将来に対応。オラクルは、世界初の自己稼動データベースを導入することによって、データの管理方法に革命を起こしています。この画期的なOracle Databaseテクノロジーは、人工知能と機械学習をGartner MQでリーダーに位置付けられているデータベースと統合することにより、データ管理を自動化して、かつてない可用性、パフォーマンス、セキュリティを提供します。Oracle Autonomous Databaseは3つの主要要素で構成されています。データベース用に最適化されたInfrastructure as a Service、自動化されたデータベース操作、ポリシー主導のワークロード最適化と機械学習です。以上が一体となったこのソリューションでは、オンラインでのプロビジョニング、パッチ適用、アップグレード、バックアップに加えて、監視、スケーリング、診断パフォーマンス、チューニング、最適化と、障害およびエラーの自動処理が可能になっています。

インテリジェント。Oracle Analytics Cloudは、データの取込み、データ・ガバナンス、レポート作成、分析のほか、機械学習ベースのモデル構築、管理、展開なども含む、ドライバベースの包括的な分析サービス群をクラウドで提供します。Oracle Cloud Analyticsは、業務部門、ビジネス・アナリスト、データ・サイエンティスト、ITなど、すべてのユーザーを対象とした単一プラットフォームを提供します。Oracle Analyticsは、リレーショナル・データやビッグデータ、NoSQL、オブジェクト・ストレージ、データ・レイクなど、どのようなデータ・タイプでも統合が可能で、すべてのアプリケーションと統合されています。

Oracle Cloud Infrastructure:さらなるパワーを低コストで。

従量制の課金や柔軟性、高速プロビジョニング、スケーリングといった機能は、パブリック・クラウドでは当たり前のものになりました。Oracle Cloud Infrastructureは、こうしたメリットを維持できるよう、エンタープライズ専用に構築されています。Oracle Cloud Infrastructureにより、次のような多くのユースケースで組織の業務を変革することができます。

  • クラウドへのアプリケーションの移行
  • パフォーマンス負荷の高いワークロード
  • クラウドベースのストレージ・アーカイブ
  • クラウドでの開発とDevTestの管理