該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

 

急上昇中の質問

ミッション・クリティカルなトランザクションの処理が容易に

Oracle Autonomous Transaction Processingは、ミッションクリティカルなアプリケーションの要求に合わせて瞬時に拡張できる、自己稼動、自己保護、自己修復型のデータベース・サービスを提供します。

自己稼動

機械学習を使用して、データベースとインフラの管理、監視、チューニングを自動化します。

自己修復

あらゆる種類のダウンタイム(計画的なメンテナンスを含む)からシステムを保護して、オンライン・アプリケーションのスキーマ更新を可能にします。

自己保護

外部からの攻撃と悪意のある内部ユーザーの両方からシステムを保護します。運用ユーザーをアプリケーション・データから分離し、ソフトウェア更新の自動化によって最新のセキュリティ・パッチを適用します。

製品の特徴

すべて開く すべて閉じる

リスクを減らしてイノベーションを促進

    迅速なプロビジョニング

  • 手動でのチューニングを必要とせずにデータベースをすぐに作成し、面倒な作業なく使用できるので、開発者の作業を迅速化できます。
  • ワークロード最適化*(近日提供予定)

  • 時間の経過とともにデータが変化してくると、データベースは入力ワークロードに応じて自身をチューニングします(インデックス、メモリ、パーティション、SQLプラン、並列処理、 オプティマイザ統計)。
  • 無制限のパフォーマンス

  • 世界クラスの動的なOracle Exadataインフラ上に構築されているので、IOPSについて考える必要がなくなります。
  • 無制限のスケーラビリティ

  • Oracle Real Application Clusters(Oracle RAC)上に構築されているので、サーバー・レベルの障害からシステムを保護しながら、物理サーバーの制限を超えてスケーリングをおこなうことができます。
  • 常時オンラインの運用

  • オラクルのMaximum Availability Architecture上に構築されているので、パッチ適用、高可用性、スケーリング、スキーマ更新などはオンラインで管理されます。
  • マルチモデル

  • リレーショナル・ワークロードに加え、JSONドキュメントやグラフなどもサポートされています。

セキュアなデータと運用

    最新のセキュリティ・アップデート

  • ソフトウェア・セキュリティ修正がオンラインで自動アップデートされるので、既知の問題やセキュリティ脆弱性のリスクを軽減できます。
  • データ・プライバシー

  • Oracle Cloud独自のOracle Database Vault上に構築されているので、運用担当者は顧客データを見ることなく、すべての管理タスクを実行できます。
  • 悪意ある者からの保護

  • 機械学習主導の外部攻撃検知と、悪意ある活動の防止、隔離が実行されます。
  • 人的エラーからの保護

  • Oracle Flashback上に構築されているので、重要な更新時にアプリケーション・スキーマに加えられた予期しない変更を、すばやく元に戻すことができます。
  • 常時暗号化

  • クラウド上のすべてのデータは透過的に暗号化されます(データが暗号化されないオンプレミス・データベースとのハイブリッド運用を含む)。

コストの削減

    完全な従量課金

  • 動的なOracle ExadataインフラとOracle RACにより、物理サーバーのサイズを超えてスケーリングをおこなうことができるので、ピーク時のワークロードに合わせてプロビジョニングをおこなう必要がなくなり、コストが軽減されます。
  • 手動メンテナンスが不要

  • データベースのメンテナンスが不要になるので、管理コストが減るとともに、エキスパートDBAがデータからの価値発掘に専念できるようになります。
  • 継続的なワークロード最適化

  • 時間の経過に伴うデータ変更に対応するためのデータベース・チューニング要員を減らせるので、管理コストが軽減されます。
  • 100%の互換性

  • 既存のライセンス、ツール、スキル・セットを活用して、オンプレミス運用をクラウドベース・サービスへと簡単に移行できます。

包括的

  • インフラとデータベースをコードで調整し、無制限のスケーラビリティで実行できるので、継続的なオンラインのビジネス運用が実現できます。