Autonomous Data Warehouse

Autonomous Data Warehouse

Oracle Autonomous Data Warehouseは、オラクルの新しい完全管理型のデータベースです。データ・ウェアハウスのワークロードに合わせてチューニングおよび最適化されており、市場をリードするOracle Database 18cのパフォーマンスを提供します。簡単、迅速、柔軟という、まったく新しい包括的なクラウド・エクスペリエンスをお届けします。

市場をリードするデータ・ウェアハウス・テクノロジー

オンプレミスからクラウドへ

オラクルは、オンプレミス、クラウド内、およびハイブリッドの各ソリューションに対して、40年にわたりデータ管理と分析のイノベーションを起こしてきました。トップ業界アナリストは、オラクルは真の意味で顧客に独自の価値提案を行い、戦略を一貫して効率的に実行できるため競争から抜きん出ていると常に評価しています。

より高度で、より迅速な分析クエリ

Database In-Memoryは、高度な分析クエリに対して思考速度の処理を提供します。最先端の列データ処理を実装することで、桁違いの速度によるデータ・ウェアハウス分析を実現します。そのため、以前は数分かかっていた回答を、今は瞬時に取得できます。これまでは夢のようだった質問も、すばやく簡単に回答を得られるようになりました。

より簡単で迅速な管理

Oracle Multitenantは、クラウドにおける次世代のデータ・ウェアハウス向けアーキテクチャです。完全な分離、俊敏性、スケール・メリットを提供し、データ・マートとデータ・ウェアハウスの統合を容易にします。Oracle Multitenantは、Oracle Big Data Management System全体でサンドボックスとデータ検出プラットフォームを実現するための高速で効率的な管理フレームワークを提供することで、他の利点も提供します。

安定したパフォーマンスの維持

大規模なデータ・マートおよびデータ・ウェアハウスの管理容易性、パフォーマンス、可用性を強化するOracle Partitioningを使用しながらデータ・ウェアハウスは拡大するため、安定したパフォーマンスを維持できます。関連するデータのみ処理することでクエリ・パフォーマンスが向上し、パーティションを個別に管理できることで可用性が高まり、最適な方法でデータを保存することでコストが削減されます。

ヒートマップに基づくデータの最適化

Automatic Data Optimization(ADO)により、スマートなデータ圧縮とデータ移動のポリシーを作成して、ストレージ階層化と圧縮階層化を実装できるため、使用頻度に基づいてデータを最適化できます。ADOはOracle Partitioningと連携して機能します。

すべてのハードウェア資源の有効利用

Oracle Databaseは、すべてのハードウェア・リソース(クラスタ内の複数のCPU、複数のIOチャネル、複数の記憶装置、複数のノード)を効率的に活用できます。Oracle Optimizerは、クエリを並列処理すべきかどうかと、使用する並列度を文のリソース要件に基づいて自動的に判断できます。

Autonomous Data Warehouse新機能の最新情報を確認

エンジニアド・システム

Exadata

Big Data Appliance

Database 19cの新しいデータ・ウェアハウス機能を試す
トレンド

Oracle Big Data Warehousingのブログ