該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問
Oracle Big Data Connectors

Oracle Big Data Connectors

オラクルがまったく新たに開発したOracle Big Data Connectorsは、HadoopとOracle Databaseを高いパフォーマンスで統合するソリューションです。このコネクタを使用すると、Hadoopのデータに対してオラクルのオープンソースRディストリビューションを直接使用できるようになるため、分析を効率よく実行できます。

詳細を見る

Big Data Connectorsのアーキテクチャ

オラクルがまったく新たに開発したOracle Big Data Connectorsは、HadoopとOracle Databaseを高いパフォーマンスで統合するソリューションです。このコネクタを使用すると、Hadoopのデータに対してオラクルのオープンソースRディストリビューションを直接使用できるようになるため、分析を効率よく実行できます。優れた効率性の接続を提供することにより、Big Data Connectorsは、企業内のすべてのデータ(構造化データと非構造化データの両方)の分析を実現します。

コネクタは以下のとおりです。


Oracle SQL Connector for Hadoop Distributed File System

Hadoop Distributed File System(HDFS)のファイルやApache Hiveのテーブルに格納されているデータに、Oracleの外部テーブルを使用してアクセスできるようにします。データは、HDFSやHiveテーブルに残しておくことも、Oracleデータベースにロードすることもできます。

Oracle Loader for Hadoop

HadoopクラスタからOracleデータベースのテーブルにデータを高速に移動させる、効率的で高パフォーマンスのロードツールです。データは必要に応じて事前にパーティション化され、データベースに対応した形式に変換されます。データをロードする前や出力ファイルを作成する前に、主キーまたはユーザー定義列を使ってレコードをソートすることもできます。

Oracle XQuery for Hadoop

XQuery言語で記述された変換を一連のMapReduceジョブに変換してこの変換を実行します。このとき、一連のジョブはHadoopクラスタでパラレル実行されます。入力データは、Hadoop File System API経由でアクセスできるファイルシステム(Hadoop Distributed File Systemなど)に配置されていても、Oracle NoSQL Databaseに格納されていてもかまいません。

変換結果は、HDFS、Oracle NoSQL Database、Apache Solr、またはOracle Databaseに書き込むことができます。HiveのXML拡張機能を使用すると、XML処理機能が増えます。

Oracle Shell for Hadoop Loaders

簡単に使用できるコマンドライン・インタフェースをOracle Loader for Hadoop、Oracle SQL Connector for HDFS、Copy to Hadoop(Oracle Big Data SQLの機能)に提供するヘルパーシェルです。基本的なシェル機能として、コマンドライン・リコール、履歴、親プロセスからの環境変数の継承、新規または既存の環境変数の設定、およびコマンドラインでの環境置換の実行などを使用できます。

Oracle R Advanced Analytics for Hadoop

汎用計算フレームワークです。このフレームワーク内で、R言語を使用してカスタムロジックをマッパーまたはリデューサとして記述できます。さまざまな予測分析手法をMapReduceジョブとして実行するRパッケージのコレクションも組み込まれています。コードは、Hadoopクラスタで使用可能な計算リソースとストレージリソースを使用して、分散並列方式で実行されます。Oracle R Advanced Analytics for Hadoopには、Apache Hiveテーブル、Apache Hadoop計算インフラストラクチャ、ローカルなR環境、Oracleデータベーステーブルを操作できるインタフェースが組み込まれています。

Oracle Data Integrator

ソース(ファイルやデータベースなど)からHadoopへ、あるいはHadoopからオラクルやサードパーティのデータベースへ、データを抽出、変換、ロードします。グラフィカル・ユーザー・インタフェースが用意されており、これを使ってHadoopネイティブのツールやHive、HBase、Sqoop、Oracle Loader for Hadoop、Oracle SQL Connector for Hadoop Distributed File Systemといった変換エンジンを使用できるようになっています。

Oracle Datasource for Hadoop

Oracle Databaseに存在するマスターデータに、SerDes、HCatalog、InputFormatおよびStorageHandlerに対応したHadoop API、Hive SQL、Spark SQLを使用して直接、高速で、パラレルかつ安全に、一貫した方法でアクセスできます。

Database 19cの新しいデータ・ウェアハウス機能を試す