該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問
スナップクローン

スナップクローン

Enterprise Manager Database as a Serviceスナップクローンは、‘セルフサービス’ソリューションです。Oracle Multitenantデータベースを含む大規模な数テラバイトのデータベースにスペース効率の高いクローンを迅速に作成できます。スナップクローンにより、ストレージ関連の設備投資を削減しつつ、管理者およびエンジニアの効率性と俊敏性を高めることができます。

ソリューションの概要

Oracle Enterprise ManagerのDatabase as a Serviceスナップクローンにより管理者は、基盤となるストレージレイヤーのCopy-On-Write(COW)機能を使用して、完全に機能するデータベースのコピーを作成できます。ユーザーは、セルフサービス・コンソールからデータベースをリクエストし、ストレージの必要量を最小限に抑えながら、時単位ではなく分単位の時間でそれらのデータベースがプロビジョニングされるようにすることができます。

最新情報

データシート:スナップ・クローン

データシート:スナップクローン(PDF)

ビデオ:Oracle Exadataのスナップクローン(8:56)

製品の特長

すべて開く すべて閉じる

優れた容量効率と時間効率

新しいストレージブロックはコピーに対する更新があった場合にのみ割り当てられるため、ユーザーは90%を超えるストレージ領域を節約することができます(通常、1テラバイトのデータベースの場合で数百キロバイト)。また、元のブロックを特異な方法でコピーするのではないため、パフォーマンスに著しい影響が出ることはありません。スナップショットはポインタに過ぎないので、データをリストアするには、元のデータに対するポインタを再更新します。これは、Copy-On-Writeスナップショットの場合のように、すべてのデータをスナップショット領域から元のデータにコピーして戻すより高速です。そのため、ボリュームが非常に大きい場合でも、数秒でスナップショットの作成が完了します。標準的なテラバイト・データベースであれば、クローニングに要する時間はほんの数分です。

強力なストレージサポート

スナップ・クローンでは、ストレージを使用してストレージとやり取りするための複数のオプションをサポートすることによって、ストレージへの投資を保護します。スナップクローンの機能は、Oracle Enterprise Manager Storage Management Framework(SMF)プラグイン上に構築されています。SMFプラグインにより、さまざまなストレージシステムの微妙な違いからDBAとユーザーを保護するために必要な抽象化レイヤーが提供されます。スナップクローンでは、このストレージレベルでCopy-On-Writeや類似のテクノロジーなどの基盤となるストレージテクノロジーにアクセスして、必要なタスクを実行します。

  • NASストレージ:現在、ZFS Storage AppliancesおよびNetApp Storage Appliances用に動作が保証されています。この方法によりストレージ管理者は、Oracle Enterprise Managerにストレージ・アプライアンスを登録し、それからそのストレージ・アプライアンスに直接接続して、必要なすべてのスナップショット操作とクローニング操作を実行できます。
  • SANストレージ:スナップクローンにより、EMCストレージのASMでデータベースの‘ライブ’シンクローンを作成することができます。
  • ファイルシステムのサポート:スナップクローンでは、Solarisファイルシステム(ZFSファイルシステム)、ACFS、DNFSなどの複数のファイル・システム・プロトコルがサポートされています。これらの方法は、ストレージベンダーに依存しないソリューションを提供し、さまざまなストレージベンダーが使用できます。セットアップは簡単で、すべてのプラットフォームで機能します。
  • エンジニアドシステム:Oracle Exadataのスナップクローンでは“スパース・ディスクグループ”を利用しており、容量効率の高いスナップショット・データベースを高速に作成できます。Oracle Database Multitenantと統合すれば、ワンクリックでDBスナップショットを作成できます。

管理者とセルフサービス・ユーザー向けの柔軟な実装

スナップクローンには、DBA開発者とQAエンジニアを対象に、ストレージの管理を簡素化し、柔軟性を高めて制御をしやすくする、管理機能と管理性機能が組み込まれています。

  • DBA向けの強力な管理ワークフロー:管理者は、スナップショット、バックアップ、イメージ・コピーのライブラリからクローンを作成し、ソースのクローンを'ワンクリック’でリフレッシュし、統合データマスキング、サブセット化、パッチ適用、DB更新などの強力なデータ・ライフ・サイクル・ワークフローにアクセスすることができます。
  • DBA以外のユーザー向けのセルフサービス・プロビジョニングとサービスカタログ:すぐに使えるセルフサービス・ポータルにより、DBA以外のユーザー(機能試験担当者や開発者など)は数回クリックするだけでデータベースクローンを容易にプロビジョニングできます。
  • 最良のDB管理性:Oracle Enterprise Managerにより、パフォーマンス管理、ライフサイクル管理、コンプライアンスなどのデータベースクローンの完全な管理性機能が提供されます。