該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

IoT Service Monitoring for Connected Assets

顧客サービスセンターを通じて、モノのインターネット(IoT)によって接続された資産を監視します。資産の場所、状態、利用率をリアルタイムで監視し、全体的なメンテナンスコストを削減します。問い合わせセンターのオペレーターは、資産や分析情報をダッシュボードに表示し、問題の即時解決に取り組むことができます。

IoT Service Monitoring for Connected Assetsで何ができるかをご覧ください。

Oracle IoT Service Monitoring for Connected Assetsの詳細

リモート資産を継続的に監視

IoT対応デバイスとサブコンポーネントを扱うエンドツーエンドの顧客サービスセンター・ソリューション。

接続された資産を監視

任意のタイプのネットワークを介してあらゆる資産タイプまたはサブコンポーネントを接続し、問い合わせセンターにインサイトを提供します。

異常を検出

問題のあるコンポーネントを視覚的に識別し、障害や異常を自動的に検出します。これにより、適切なサービスリソースを手配し、資産を稼働させ続けることができます。

異常を分析

さまざまなデータポイントから相関関係を作成できます。理論的な相関関係をデータと比較し、1回限りのイベント、繰り返し発生するイベント、および問題の再発を防ぐための措置について十分な情報を基に判断を下します。

問い合わせセンターのビジネス価値を高める

プロジェクト、インシデント、従業員に関する組み込みの主要業績評価指標(KPI)を活用します。


インシデントを自動的に管理

接続された資産に関するインシデントを問い合わせセンターでリアルタイムに把握できます。インシデントは、事前定義されたしきい値と条件に基づいて、接続されたデバイスのデータから自動的に作成できます。

ユーザー定義のアラート

通知を生成するデバイスイベントと予測のタイプを定義します。アラートまたは警告のみが必要なものもあれば、即時のインシデントレポートが必要なものもあります。

ネイティブ統合によるインシデントの作成

インシデントは、Oracle Serviceを使用して自動的に作成されます。Oracle Intelligent Advisor内のポリシー自動化機能により、問題の自動解決、フィールドサービス・チームへの問題のエスカレーション、応答の自動化、デバイスとの双方向通信ができます。

問い合わせセンターへのインバウンドIoTサービスチャネルを確立

デバイスの異常によってインシデントが作成されると、問い合わせセンターに直ちにアラートが通知されます。顧客にアウトリーチするため、データを適切なエージェントキューにルーティングできます。

問題の自動解決

Oracle Serviceによって資産やデバイスにコマンドを直接送信することにより、既知の問題やリスクの高い問題を自動的に解決します。


問い合わせセンターのオペレーターによるリモートからの資産管理

問い合わせセンターからイベントをプッシュし、資産をリモート監視します。

標準インターフェースを使用

問い合わせセンターで資産データを可視化するため、Oracle Service内の埋め込み可能なIoTウィジェットを使用します。

Oracle Serviceのインシデント管理およびナレッジベースと統合

資産データおよびOracle Knowledge Managementから得られたインサイトを使用して、IoTデバイスに関するコンテキストに応じたセルフサービスと支援サービスを提供します。


予防保守のための予測分析

顧客にプロアクティブに対応できるように、IoT対応デバイスでインシデントデータが発生すると問い合わせセンターにアラートが通知されます。これらのインシデントをビジネスルールとワークフローに基づいて顧客サービスオペレーターに割り当て、状況に応じて対処できます。

分析による検出と予測

機械学習によって強化された高度な分析により、センサーデータの複雑なパターンを検出し、資産の動作を予測します。

コーディング不要の分析

自社のビジネス向けにカスタマイズされた予測分析を作成します。


主な特長—IoT Service Monitoring for Connected Assets

  • 顧客サービスを変革

    顧客がサービスリクエストを提出または問題を提起しなくても、プロアクティブに顧客にサービスを提供します。

  • 拡張する問題解決

    人間ベースの分析は拡張できません。組み込みの機械学習機能を使用して、製品ライン全体の運用履歴に基づいて資産の状態を予測できます。

  • 自動化された新しいサービス解決チャネル

    既存の顧客サポートチャネルを補完する新しいモノのインターネット(IoT)サービスチャネルを導入することで、可視性を高め、プロアクティブなサービスを向上させます。

  • サービスを活用した拡張現実体験

    初回訪問時に問題を解決するために必要な情報をフィールドサービス作業員に提供し、再訪問の必要性を低減します。

  • 機械学習とAIによる手間いらずの分析

    視覚的なパターンと基幹業務用の使いやすいインターフェースを作成して、分析情報を高度に集約できます。

2021年5月17日

IoTデータによって顧客サービスを向上させる2つの方法

Oracle、製品管理担当ディレクター、Jeremy Kembel

Internet of Things(IoT)は表面的な概念ではありません。多くの形で実現され、多くのメリットをもたらします。同じことがIoT対応の顧客サービスにも当てはまります。顧客について本当の意味で理解し(実際に問題になる前にすべての問題を把握できます)、フラストレーションを軽減できるという2つのメリットがあります。

投稿全体を読む

特集ブログ

すべて表示する

リソース

クラウドの準備

最新リリース

最新リリースを入手し、アップグレードを確実に成功させてください。イノベーション、機能の概要、ビジネス上のメリット、セットアップに関する考慮事項、チュートリアル、使用上のヒントなど、IoT Service Monitoring for Connected Assetsの最新の機能をご確認ください。

資料

資料

オラクルでは、IoT Service Monitoring for Connected Assetsの学習に役立つさまざまなドキュメント、ビデオ、チュートリアルを提供しています。これらすべてのリソースは、オラクル・ヘルプセンターでご覧いただけます。

クラウドについての学習

CXのスキルを磨く

Oracle Universityでは、クラウドスキルの構築、専門知識の確認、導入の促進に役立つさまざまな学習ソリューションを提供しています。組織の成功を確実なものとする信頼性の高いトレーニングと認定の詳細をご覧ください。

顧客コミュニティ

Cloud Customer Connect

Cloud Customer Connectは、オラクルの主要なオンライン・クラウドコミュニティです。このコミュニティは、ピアコラボレーションやベスト・プラクティスの共有ができるように設計されており、オラクルの製品戦略に追随するために必要なツールをメンバーに提供します。さらに、メンバーはセールスクラウド、マーケティング・クラウド、サービスクラウドのソリューションに関するフィードバックをオラクルの開発部門に直接提供することもできます。

CX Cloud Marketplace

Oracle Cloud Marketplace

さまざまなパートナー・アプリケーションやサービスによってイノベーションを促進しましょう。セールス、サービス、マーケティング・クラウドのアプリケーションを含むOracle Cloud Marketplaceの包括的なリストから、目的に応じたアプリケーションをお探しください。

ベスト・プラクティス

顧客サービスのベスト・プラクティス

顧客サービスは、顧客が製品やサービスを購入して使用した後(またはその前)に企業が顧客とやり取りするすべてのインタラクション・ポイントです。これには、製品の提案、問題や苦情の解決、一般的な質問への回答を目的としたデジタル・セルフサービスや問い合わせセンター経由の支援が含まれます。優れた顧客サービスは競争上の差別化要因であり、顧客のロイヤルティと支持を促進します。

その他お勧めのソリューション

Oracle Service

あらゆるチャネルにわたる顧客サービス

Oracle Intelligent Advisor

アドバイスと意思決定の自動化

Oracle Knowledge Management

適切な知識を適切なタイミングで入手

Oracle Internet of Things(IoT)アプリケーション

可視性と効率を高め、より多くのインサイトを得る

始めよう


デモをリクエストする

Oracle Serviceの機能をご覧ください。


ツアーを探す

サービスやその他のCXアプリケーションをご覧いただけます。


申し込む

CX Insiderニュースレターで最新情報を入手してください。


担当営業に問い合わせる

担当営業がOracle Serviceについてご案内します。