申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

人事ソフトウェアとは

人事チームの一員として人事ソフトウェアの詳細に関心をお持ちですか。そのような場合には、このページの情報が役に立ちます。基本的に、人事ツールは人事部門の業務を簡単化するだけでなく、業務の効率を高め、より発展させることができるように開発されています。人事ツールがなければ、現代の企業は業務の成長を遅らせる古い慣習に頼るしかありません。

HCM HRの動画サムネイル

人事ソフトウェアとは

人事ソフトウェアは、人事部門を念頭に開発され、従業員の管理に使用されるあらゆるタイプの技術システムです。人材管理ソフトウェアとも呼ばれるこれらのソリューションは、幅広い人事機能をサポートしています。

これらのツールによって、採用、給与計算、アドミニストレーション、管理情報、およびパフォーマンス管理が統合されます。これらすべては、従業員に関する単一のデータソース(企業で一元化されたビュー)を使用して行われます。

これまで、組織はHCM業務を処理するために、多くのタイプのツールを試してきました。たとえば、スプレッドシートを使用して給与計算を行い、その他のツールで休暇を割り当ててきました。

人材が最も重要な資産であるという事実に関する最新の認識に基づいて、人事ソフトウェアが開発された結果、人材開発に重点を置きながら人事タスクをシームレスに管理できるようになりました。人材に関する機能はデータを重視するようになっており、ビジネスと従業員のパフォーマンス向上をもたらします。これらのカテゴリの活動は、あらゆる業界の大規模組織の成功に不可欠です。

人事ソフトウェアの種類

人事で使用するソフトウェアの種類は、多岐にわたります。各ツールは人事の特定の側面をカバーしていますが、一部のツールは、さまざまな機能を備えた万能のソリューションを目指しています。

人事情報管理

このタイプのソフトウェア(HRIM)は、従業員に関連する活動を記録するために使用されます。パフォーマンスの追跡から、勤怠、給与記録、進ちょく状況などさまざまな情報を記録します。

人材ソフトウェア

このタイプのツールでは、人材計画、データの可視化、および人事データの評価に使用するさまざまな人事ツールが統合されています。このツールは、他のツールとは異なり、専門的なソリューションではなく、橋渡し役として機能するソリューションです。

人事管理ツール

このタイプのツールは、情報管理ソフトウェアと同様の機能を実行します。ただし、データ分析や予測など、より複雑な機能があります。

応募者追跡システム

このソフトウェアは、特に1年を通して採用を行っている大企業で非常に一般的に使用されています。履歴書や応募を数多く受け取る企業は、それらをうまく管理する必要がありますが、このツールを使用することで、適切に管理できます。

従業員ドキュメント

このツールは、既存の従業員データおよびドキュメントと連携し、この重要な情報の管理を実現します。このツールは、暗号化とセキュリティをデータに追加するとともに、作業を迅速化し、文書業務の必要性を低減するその他の機能も提供します。

給与計算ソフトウェア

明らかに、給与計算ソフトウェアは、組織が経費、支払い、支払い予定などを追跡するのに役立ちます。言うまでもなく、従業員の給与記録は、いつでも確認できます。

人事ソフトウェアの利点

人事ソフトウェアを使用する利点は、フィードバック・ループの改善、エラーの可能性の削減、および従業員データの編成にあります。人事ソフトウェアを使用すると、人事部門は、より重要な活動で時間をより効率的に使用できます。

人事ソフトウェアを導入すると、企業は、クラウドベースのテクノロジーを使用して、いつでもどこからでも情報にアクセスできるとともに、セキュリティも向上します。人事ソフトウェアは、改善するために注意を払う必要がある分野に関するフィードバックをリアルタイムで提供するため、企業が従業員を育成およびトレーニングするのに役立ちます。

従業員が249人未満の中小企業は、人事ソフトウェアを使用する必要があります。選択肢が非常に多いため、ビジネスの成長に合わせて、その企業に適した人事ツールを導入することが重要です。人事ソフトウェアは、このような企業が欠員を埋めるために最適な候補者を採用し、献身的で強力な従業員を育成できるよう支援します。

小規模な企業であることは、特に大企業と比較したとき、新しい求職者にとって魅力的でない可能性があります。このため、社内レベルでのトレーニングと能力開発方法を活用した従業員の管理が重要になります。

これにより、企業内で従業員をできるだけ多く育成でき、従業員の価値と企業にとどまる意欲が一層高まります。これはビジネスに直接プラスの影響を及ぼし、優秀な従業員に中小企業で働くことを思いとどまらせる原因になる主な弱点がなくなります。

ビジネスを次のレベルに進めることを選択する場合、すべての情報とデータを安全にまとめておくことが非常に重要です。これらのデータにアクセスできるようにすることで、従業員をレビューする際に、古いデータから最新のデータまでを評価して効率的な意思決定を行うことができます。

このように、人事システムは常に役に立ちます。言うまでもなく、人事システムは、多くの場合、AI主導の分析を行い、自動的にレポートを提供するため、データに基づく意思決定が実現します。

企業の未来のための人事ソフトウェア

人事ソフトウェアは、あらゆる企業にとって真の柔軟なソリューションと言えます。この柔軟性は、時間の経過に伴う従業員の業務状況の段階的な変化や急激な変化に適応するために役立ちます。

人事ソフトウェアを使用すると、階層的な従業員構成からフラットなチーム主導の構成に移行できます。また、教室での学習ではなく、従業員中心のトレーニングの開発に重点を置くことができます。利用可能なデータを使用することで、受動的にではなく戦術的に採用を行うことができます。

さらに、人事ソフトウェアを使用すると、企業における多様性と公平性を実現する手段として透明性を高めることができます。コーチング、フィードバックの提供、継続的な評価の提示もできます。また、財務的な要素に関して人事から直接参照できる全体像を構築できます。

最後に、専属のフルタイム従業員ではなく、契約社員、派遣従業員、およびパートタイムの従業員に対応したリモート業務部門を構築できます。

人事ソフトウェアを使用することで直接もたらされる、今後のビジネスの重要な発展をいくつか見てみましょう。

フラットな組織構造

管理者が目標を管理の最下位レベルまで落とし込む一般的な階層構造は、やや時代遅れです。これらの目標を従業員固有のタスクに分解するには時間がかかり、迅速な対応が求められる中で時間を確保するのは難しいものです。

人事ソフトウェアを使用しているスマートな企業は、階層構造をフラット化できます。そうすることで、従業員は目標を自由に設定できますが、その目標は企業の最終的な目標から切り離されることはありません。マネージャーは目標をレビューおよび承認でき、従業員は進ちょく状況に関する変更を更新および送信できます。

従業員中心の成長

従業員は、eラーニング・システムとセルフサービス・ツールを使用して、従業員としての自身の成長と能力開発を管理できます。このようなツールを使用することで、企業のスタッフは必要に応じて自身のスキルをアップグレードできます。さらに、組織を内側から改善するのに役立つ新しいスキルも獲得できます。

教室での学習ではなく、インタラクティブな学習では、情報の定着が確実に向上します。従業員が学習を強制されるのではなく、学習についての責任を負うようになると、学習に対する従業員のエンゲージメントと意欲が高まります。

データを使用した効果的な採用

人事において時間の経過とともに劇的な変化を続けている唯一の分野は採用です。上昇傾向の経済と退職する従業員の増加に伴い、採用は従業員にとって好ましい状況にあります。

データドリブンの慎重な採用を通じて、企業は求職者を最も効果的に見つける方法を理解できます。これは、求職者プールを頭がよく優秀で、組織にとって理想的な人物に絞り込むことによって実現することもできます。

その結果、離職が防止され、採用率が向上します。

リモート従業員

多くの企業にとって、従業員がリモートでコミュニケーションの透明性を確保しながらコラボレーションできることは大きなメリットです。人事ツールを使用すると、費やした時間を追跡しながら、こうしたつながりを実現できるため、すべての人が自分の仕事に対して公平に報酬を受けることができます。

より包括的な視点: 人事と財務の統合

人事ツールは継続的に開発が進んでおり、他の業務ソフトウェア・ソリューションとの統合が強化されています。既存の人事情報と財務データを参照することで、企業は進ちょく状況をより包括的な視点で把握できます。

これらの情報を並べて検証すると、生産性と労働時間の関係や利益と離職率の関係などをより見つけやすくなります。

派遣従業員

多くの企業は、契約社員が企業の特定のプロジェクトで働くことにより、大きなメリットが得られることに気付き始めています。派遣従業員、ギグ・ワーカー、パートタイム従業員、契約社員は、会社への帰属意識の高い典型的なフルタイム従業員とは働き方が大きく異なります。

ただし、このような従業員タイプを含めることよって、組織では、長期的な取り組みを行うことなく、ビジネスに役立つ専門分野を利用できることがよくあります。人事ソフトウェアを使用すると、このような従業員の報酬を容易に決定できるだけでなく、オンサイト以外の場所や通常の勤務時間外にこれらの従業員に連絡を取ることもできます。

リアルタイムの継続的な従業員フィードバック

リアルタイムの継続的なフィードバックは、文化が急速に変化する分野に存在する進歩的な従業員が要望しているものです。年間評価は役に立たないので、従業員は将来の状況に対応できるように定期的に評価され、コーチングを受ける必要があります。

多くの人事ツールはパフォーマンス管理を提供しており、これらのツールを使用すると、定期的なフィードバックを問題なく提供できます。パフォーマンス管理では、タスクの完了に関するアラートをマネージャーに送信したり、同僚がレビューできるように360度レビューを提示したり、必要に応じて従業員にすぐにメッセージを送信したりできます。

人事の透明性の確保

プロモーションや給与を秘密裏に決定する文かは、まったくばかげています。このような文化は、透明性のパワーによって完全に消滅しつつあります。人事ソフトウェアを使用すると、従業員は給与、プロモーションの機会、特別昇給の見込みを全員が確認できるように提示できます。

透明性が確保されると、勝手な条件に基づいた差別が困難になり、企業での多様性と公平性が向上します。企業が物事を公開するようになると、従業員は公平性を期待でき、また期待すべきであることを従業員に伝えることができます。

ビジネスに適した人事ソリューション

人事ソフトウェアの重要性と価値を理解できたので、ビジネスの一環としての人事ソフトウェアの統合にかなり近づいてきました。いずれにしても、人事ソフトウェアを使用しないのは、損失であると言えます。

人事ソフトウェアは、さまざまなプラスの効果をもたらします。マイナス面はありません。オラクルの本格的な人事ソリューションのデモをご希望の場合は、オラクルまでご連絡ください。お客様のニーズに喜んで対応いたします。