ホテルPMSとは
OracleホテルPMS

 

ホテルPMSとは

ホテル・プロパティ・マネジメント・システムは、優れたゲスト・エクスペリエンスの提供を含め、ホテル業務のあらゆる側面を管理します。

 

ホテルPMSで
シームレスなゲスト・エクスペリエンスを実現

従来、ホテル・プロパティ・マネジメント・システム(PMS)とは、ホテルやホテル・グループが予約やチェックイン/チェックアウト、客室の割当て、客室料金の管理、請求といったフロント・オフィス機能を管理するためのプラットフォームでした。 ホテルPMSは紙やスプレッドシートに頼った時間のかかるプロセスに取って代わるソフトウェア・プラットフォームだったのです。

しかし、ホテルPMSテクノロジが進化し、統合が進んだことで、フロント業務の枠をはるかに超えたサービスが誕生しています。 ホテルPMSはいまや、ホテル経営者がシームレスなゲスト・エクスペリエンスを実現するために欠かせない基幹システムの1つになりました。ホテルPMSは他のオンサイト・サービスと連携し、以下を含むトータルなゲスト・エクスペリエンスに影響を与えています。

Oracle Hospitality Hotel Property Management Systemsを詳しく知る

ホテルPMSの利点

消費者にとっての旅は、行き先を選び、ホテルを探すところから始まります。ホテル探しや予約から、宿泊したホテルやそのスタッフとの関わり、客室内での体験、宿泊後にソーシャル・メディアへ投稿する評価まで、すべてがゲスト・エクスペリエンスを構成する要素です。 ホテル経営者は、パーソナライズされたゲスト・エクスペリエンスを提供する一方で、効果的にホテルを運営しなければなりません。最新のホテルPMSソリューションは、ゲストが求める体験を実現しながら、事業を効率的に管理するうえで役立ちます。

ホテルPMSはホテル事業にさまざまなメリットをもたらします。 例:

ホテルPMSの特長

ホテルPMSのメリット

  • チェックイン/チェックアウト機能の強化

    • クラウド・ベースのモバイル対応ホテルPMSを利用して、いつでもどこでもゲストにサービスを提供します。
    • インターネットに接続できる環境ならどこでも、チェックイン/チェックアウトや客室の割当て、ゲスト・サービスの提供が行えるように、フロントスタッフのモビリティを確保します。
  • ハウスキーピング・サービスの強化

    • 顧客がチェックアウトして客室がクリーニング可能な状態になればモバイル・デバイスにすぐ通知し、ハウスキーピング作業を効率化します。
    • 客室管理の柔軟性を高め、ルームサービスのレスポンスが向上します。
    • 客室のメンテナンス・ニーズを把握して対応し、客室を清潔で完璧な状態に保ちます。
  • ホテル・バックオフィス・システムの統合

    • 売掛金や買掛金、決済ゲートウェイ、ホテル業界のアプリケーション、施設インフラ用デバイスとの統合機能を利用して、各種業務と財務プロセスを連動させます。
    • 売掛金と手数料の処理を統合します。
    • ゲスト・フォリオの精度を確保し、迅速かつ正確な請求を実現します。
  • 効果的なホテル販売管理

    • 販売チャネル全般のリアルタイム・レートや空き状況をもとに、客室稼働率やADR(平均客室単価)を伸ばします。
    • ブランド・ウェブサイトの予約チャネルを通じて、売上を拡大します。
  • ホテルの収益管理を強化

    • 豊富なレート設定機能や手作業の高度なレート管理機能、半自動化した収益管理機能によって、マネージャがADRを改善できるようサポートします。
  • 顧客データ管理の強化

    • 顧客データのセキュリティを確保しながら一元管理し、ゲスト・プロファイルの品質や精度の向上を実現します。
    • さらにターゲットを絞り込んだパッケージやサービスを企画できるように、顧客の購買パターンを把握します。
    • 国内外のデータ・コンプライアンス・ルールに対応します。

 

適切なホテルPMSを選ぶ

ホテルPMSはホテルとその業務にプラス効果をもたらします。 ホテルPMSを導入すれば、ホテル経営者が事業を効果的かつ効率的に運営するうえで役立つだけでなく、ホテルの従業員がゲストの行動や嗜好を把握できるようになり、顧客満足度やゲスト・エクスペリエンスの質も向上します。

『2016年版ホテル向けプロパティ・マネジメント・システム決定のためのスマート・ガイド』では、自社のビジネスに適したホテルPMSを賢く選ぶために必要な情報をご紹介しています。 この調査レポートはOracle Hospitalityからの委託によってStarfleetが作成したもので、ホテルPMSの評価に利用できるチェックリストやベンダーに聞くべき質問のリスト、購入を決定するまでのロードマップ、業界の情報通や専門家の貴重な見識が盛り込まれています。

適切なホテルPMSを選ぶための参考資料を入手

ホテルPMSを導入する

最近まで、ホテルPMSソリューションはオンプレミスで管理する場合がほとんどでした。 オンプレミス・ソリューションには広いスペースを取るハードウェアも必要になります。 システムやソフトウェアのアップデートやアップグレードはもちろん、現地スタッフが定期的に手作業でインストールしなければならないパッチの管理にも手間がかかっていました。

クラウド・ベースのモバイル対応ホテルPMSプラットフォームを導入すれば、画期的な方法で顧客エンゲージメントを向上させながら、ITコストを削減し、インフラを簡素化することができます。 システムはベンダーが管理し、使い勝手も抜群です。アップデート、アップグレード、パッチは自動的に適用されるため、ホテルは時間や費用を節約できます。

クラウド・ベースのホテルPMSソリューションには次のようなメリットがあります。

  • イノベーションをスピードアップ クラウド・ベースのホテルPMSを導入すれば、新施設のオンライン化をスピーディに進めることができます。リリースされるたびに新機能が増えるため、優れたゲスト・エクスペリエンスの実現や運用効率の向上、従業員の生産性向上に役立ちます。
  • IT関連の手間やコストを削減 クラウド・ベースのホテルPMSを導入すれば、ソフトウェアやハードウェアの先行投資を抑えることができます。クラウド化することで、ホテルはIT関連の手間やコストを削減することもできます。
  • RevPARやADRが増加 クラウド・ベースのホテルPMSを導入すれば、さまざまな販売チャネルに対して料金や客室の割当てを効果的に管理し、稼働率や料金、収益を最大限に増やすことができます。
  • 顧客生涯価値の向上 クラウド・ベースのホテルPMSを導入すれば、総合的なゲスト・プロファイルを顧客マスターに集約し、ゲスト・エクスペリエンスのパーソナライゼーションや差別化に役立てることができます。

Oracle HospitalityのホテルPMSを詳しく知る(PDF)

ホテルPMSに影響を及ぼすトレンド

ゲストのニーズへの対応
現在の競争市場では、どのホテルも市場シェアを獲得、維持しなければなりません。 他の大規模チェーンやブティック・ホテルとの競争に加えて、民泊という選択肢も登場しました。民泊は、紋切り型のサービスの提供というホテルの弱点にうまくつけ込んでいます。

そのため、ホテルPMSなどの革新的なシステムを取り入れて、よりパーソナライズされたゲスト・エクスペリエンスを実現することで、顧客満足度やロイヤルティ、リピート率を向上させるだけでなく、記憶に残るひとときを演出する必要があります。

調査報告書からゲストのニーズを探る: 望まれるホテルのゲスト・エクスペリエンスを創造する

 

モビリティの実現
クラウド・ベースのホテルPMSはタブレットやスマートフォンなどのモバイル・デバイスでホテルのスタッフをサポートし、フロントにいなくても必要なタイミング、必要な場所で優れたゲスト・サービスを提供できるようにします。モビリティには無限の可能性があります。ホテルへの車中でVIP客のチェックインを済ませたり、早めに到着するゲストのための客室清掃をリアルタイムでハウスキーピング・スタッフに通知することができます。シャワーの水漏れ写真をアップロードすれば、メンテナンス部署で状態を正確に把握して迅速に修理できるようになります。

クラウド・ベースの最新ホテルPMSを利用したモバイル化事例(PDF)

 

進化する労働力の管理
18~34歳のミレニアル世代は、米国だけでも現時点で8,300万人もいます。 この世代はホスピタリティ業界にとって、旅行や外食を楽しむ消費者としても、従業員としても重要なターゲットです。 この世代はテクノロジに精通しているため、顧客エンゲージメントを向上させるにはテクノロジが不可欠です。クラウド・ベースの最新のホテルPMSを導入すれば、ミレニアル世代の従業員が求めるイノベーションを利用して、パーソナライズされたエクスペリエンスを提供し、この世代を取り込むことができます。

昨今のホテルに対するミレニアル世代のニーズをより深く理解する
Oracle OPERA Hotel PMSでゲスト・エクスペリエンスをカスタマイズ

Oracle HospitalityのOPERAは世界で最も人気のあるホテルPMSプラットフォームの1つで、トータルな施設管理機能を備えています。モバイル対応のOPERA Cloudは、最新のホテル業務を支える基盤になります。

 


開始するための資料