製品ツアー:Oracle Workforce Management

Oracle Workforce Management

時間、労働、休暇管理、安全衛生データを、給与、財務、人事データと連携させる包括的な人事ソリューションにより、リスクを低減しながら従業員を管理できます。

AIによるリソースの最適化

顧客ニーズと従業員のスキルやプリファレンスを包括的に把握できるAIスケジュール・アシスタントを活用することで、人件費を削減し、コンプライアンスを維持します。

従業員が求める柔軟性と予測可能性を提供

従業員が自分でスケジュールを組んだり、勤務時間を増減したり、適格な同僚とシフトを交換したりできるよう、従業員に自律性を提供します。また、従業員が希望する勤務時間や勤務地を指定し、スケジュールに反映できるようにします。

全従業員の労働を追跡

月給制や時間給制の従業員、組合員、プロジェクトベースの従業員、派遣社員など、従業員全体の労働を1つのグローバルシステムで正確に追跡できます。これにより、グローバルな総労働コストと生産性に関するインサイトを得ることができます。オラクルのプロジェクトコスト管理および助成金管理ソリューションとの統合により、従業員の時間を簡単にプロジェクトに割り当て、正確性を確保します。

よりスマートなWebクロックの提供

オンラインまたはオフラインでの簡単な時間取得、設定可能なパンチ・パターン、日中転送、勤務時間認証、自動アテステーション機能を可能にするインテリジェントなWebクロックを提供します。

コンプライアンス違反の防止

特定のアクションが発生した場合、または実行されていない場合に警告を発するスマート・コンプライアンス・アラートを設定し、従業員、マネージャー、または管理者に通知して対応させることで、コストのかかるコンプライアンス違反を防止できます。

時間外労働や割増賃金などの複雑な計算を処理

雇用スケジュール、賃金率、職務適格性、年功序列、組合規則などの人事雇用データを接続し、適切な賃金とコンプライアンス計算を決定するネイティブクラウドにより、データの遅延や整合性の懸念を回避します。

全従業員の休暇欠勤を追跡

従業員全体の休暇欠勤をグローバルに追跡し、特定の国や欠勤タイプに固有のニーズを管理します。例えば、イギリスの傷病手当金制度や、アメリカの家族医療休暇法の遵守などがこれにあたります。

Oracle Digital Assistantを通じて、よりスマートで最新かつ魅力的なユーザー・エクスペリエンスを提供するとともに、休暇残高にすばやくアクセスできるようにします。

欠勤の影響の分析と把握

計画外欠勤の傾向と生産性への影響を分析することで、欠勤に関連する直接コストと間接コストを削減します。

モノのインターネット(IoT)による従業員の安全性の向上

Oracle Time and Laborを活用して、位置追跡、移動の監視、ジオフェンシングを通じて従業員をリアルタイムに追跡および管理することで、業務効率を向上させます。従業員に通知を配信し、分析および追跡されたパターンを活用して将来の事故を防止することで、従業員の安全衛生を強化します。

従業員の安全性と安定性の優先

安全衛生インシデントを簡単に追跡、記録できます。これにより、インシデントを最小限に抑え、迅速に対応できるようになるため、安全かつ安定した職場環境を構築できます。従業員は、写真を撮ったり、メモを記入することで、インシデントの背景を追加することができます。

問題を簡単に理解し、アンケートのガイダンスに従って調査を開始することができます。また、アクションとアラートでフォローアップするなど、組織全体を巻き込むことができます。

職場の安全衛生傾向の分析

組み込みの分析機能を活用して、コンプライアンスと社内メトリックに必要な分析とレポートを取得することで、職場の安全衛生傾向を把握できます。

免責事項: 前述の事項は、オラクルの一般的な製品の方向性の概要を説明するものです。情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込まれるものではありません。これは、何らかの資料、コード、または機能を提供することを約束するものではなく、購入を決定する際の根拠にするべきではありません。オラクル製品について説明されている機能の開発、リリース、時期、価格は変更される可能性があり、Oracle Corporationの単独の裁量により決定されます。