POSとは

OracleレストランPOS

 

レストランPOSシステムとは

レストランPOS(Point of Sale)システムは各種トランザクション機能に加えて、ゲスト・エクスペリエンスの向上や業務の効率化に役立つ運用機能を備えています。

 

レストランPOS(Point of Sale)は今や新たなレストラン・サービス提供ポイント

従来のレストランPOSシステムとは、顧客が商品やサービスの代金を支払う場所のことを言います。精算用の端末やタッチスクリーン、さまざまなハードウェアやソフトウェアを利用して、トランザクションを処理します。

レストランPOS

しかし最近は、レストランPOS(Point of Sale)をレストランPoint of Service(サービス提供ポイント)と称することも多くなりました。もはや売上を処理するだけの仕組みではありません。最新のレストランPOSシステムはさまざまな規模の飲食業務の中心にあるプラットフォームであり、顧客エクスペリエンスの向上と業務の効率化に役立っています。

飲食業者は、どのレストランPOSシステムでも、現金の管理や決済サービス業者との連携を通じて、注文を処理し、財務状況を管理できます。

飲食業界で利幅がますます圧迫される中で事業を成功させるには、レストランPOSをさらに活用する必要があります。現在の統合型レストランPOSには、次のような機能もあります。

Oracle Food and BeverageのレストランPOSシステムの詳細はこちら

レストランPOSシステムの重要性

優れたゲスト・エクスペリエンスを実現し、コストを管理し、収益や全体的な収益性を向上させたい飲食業者にとって、レストランPOSシステムは不可欠です。適切なレストランPOSを導入すれば、飲食業者にとって次のような利点があります。

POSの特長

POSのメリット

  • 理想的なゲスト・エクスペリエンス

    飲食業務は施設によって特色があります。同時に、どのゲストも期待したサービスが提供されなければ、リピート客にはなりません。適切なレストランPOSを導入すれば、ゲスト・エクスペリエンスを向上させ、業務をスムーズに遂行して満足度やリピート率を最大限に高めることができます。たとえば、ファスト・フード事業を展開する企業がモバイル・タブレットと直感的に操作できるレストランPOSインタフェースを組み合わせれば、スピーディな接客を実現できます。

  • メニューやプロモーションの一元管理

    数多くのレストランで優れたゲスト・エクスペリエンスを実現するには、メニューや価格、プロモーションの一貫性を確保する必要があります。コストを抑えるには、新たなメニューやプロモーションを追加するための作業量も最小限に抑える必要があります。クラウド・ベースのレストランPOSで一元管理すれば、メニューの設定や価格の変更を一度行うだけで、その内容を全店舗に展開できます。必要に応じて、ローカルな価格やメニューも管理することができます。

  • 料理の質を高め、ミスを減らす厨房システム

    注文を一元管理し、厨房のパフォーマンスをトラッキングすることもできます。Oracle Food and Beverage Kitchen Display Systemsはこうした業務をもれなくリアルタイムで実行し、重要な情報をレストラン業務全般に行き渡らせます。直観的でグラフィカルなディスプレイを厨房や調理場に設置できるため、厨房の効率性や料理の質を高め、サービスをスピードアップしながら、ミスを減らすことが可能です。

  • 収益アップやコストダウンに役立つデータ

    全トランザクションの詳細なデータが集約されたレストランPOSは、ビジネスにおける最重要ツールです。レポート作成および分析の優れた集中型ソリューションは、データから価値を得るために不可欠です。食材廃棄や余剰人員、盗難による損失はビジネスに多大なダメージを与えかねません。適切な担当者にデータへのアクセス権限を与えれば、ロスが生じる部分を特定し、削減することができます。

  • 収益の拡大につながるロイヤルティ

    米国の消費者の65%は飲食業の何らかのロイヤルティ・プログラムの会員になっています。適切なレストランPOSを導入すれば、ギフトおよびロイヤルティのソリューションによってロイヤルティ・プログラムのメリットを活かすことができます。来店回数の増加、顧客への特典の提供、ターゲットを絞ったマーケティング・プロモーションの展開、ゲスト・エクスペリエンスのパーソナライズ、ゲストの嗜好や行動に関するデータの収集が可能です。

  • 収益の拡大につながる新しいコンセプトとチャネル

    事業が成長するにつれて、テーブル・サービス業務を進化させ、デリやテイクアウトのサービスを取り入れることで収益を伸ばしたいと考える場合もあります。適切なレストランPOSを導入すれば、その目的も達成できます。

  • モビリティ

    テクノロジによって、ホスピタリティ業界のサービスが変わろうとしています。モバイルはこの進化の大部分を占めています。スタッフに受注用のモバイル・タブレットを持たせて接客をスピードアップしたり、ゲストからモバイルで直接注文を受けたり、マネージャーがスマートフォンからモバイル・レポートを参照したりできるようにするには、レストランPOSをモバイル化しなければなりません。


 

適切なレストランPOSシステムを選ぶ

適切なレストランPOSシステム選びは、レストランをスムーズに運営するための決め手です。必要な機能、必要でない機能を正しく把握しておくとよいでしょう。

適切なPOSシステムはどのように選ぶのでしょうか。『2016年版レストラン管理とレストランPOSシステム決定のためのスマート・ガイド』では、自社のビジネスに適したレストランPOSを選ぶために必要な情報をご紹介しています。この調査レポートはOracle Food and Beverageからの委託によってStarfleetが作成したもので、レストランPOSの評価に利用できるチェックリストやベンダーに聞くべき質問のリスト、購入を決定するまでのロードマップ、業界の情報通や専門家の貴重な見識が盛り込まれています。

適切なレストランPOSを選ぶための参考資料を入手

クラウド・ベースのレストランPOSシステムを導入する

最近まで、レストランPOSシステムはオンプレミスで管理する場合がほとんどでした。オンプレミス・ソリューションには、システムを運用するための高価なコンピュータ・サーバーをはじめとする多額の先行投資が必要になり、維持費もかかります。POSソフトウェアのアップデートやアップグレードの管理はもちろん、現地スタッフが定期的に手作業でインストールしなければならないセキュリティ・パッチの管理にも手間がかかります。

クラウド・ベースのモバイル対応レストランPOSプラットフォームは、飲食業者がテクノロジを管理するための最新ソリューションを提供します。クラウド・ベースのレストランPOSシステムを導入した飲食業者は、次のようなメリットを享受しています。

  • イノベーションをスピードアップ: クラウド・ベースのレストランPOSを導入すれば、新施設のオンライン化をスピーディに進めることができます。リリースされるたびに新機能が増えるため、優れた顧客エクスペリエンスの実現や業務の効率化、従業員の生産性向上に役立ちます。
  • IT関連の手間やコストを削減: クラウド・ベースのレストランPOSを導入すれば、ソフトウェアやハードウェアの先行投資を抑えることができます。さらに、アップデートやアップグレード、パッチも自動的に適用されるため、IT関連のコストや手間も削減できます。
  • 優れたゲスト・エクスペリエンスを創出: クラウド・ベースのレストランPOSを導入すれば、革新的なエンゲージメント、特典、報奨戦略を実行し、ブランド・ロイヤルティの向上につながる顧客エクスペリエンスを提供できます。
  • セキュリティを強化: オラクルのような組織のクラウド・ベースのレストランPOSを導入すれば、多額の費用をかけたデータ・セキュリティ・ハードウェアやソフトウェアのメリットを活かして、顧客や自社のビジネスをハッカーから守ることができます。

クラウド・ベースのレストランPOSのメリットを詳しく知る

レストランPOSに影響を及ぼすトレンド

  • クラウド・テクノロジ: 飲食業界ではクラウドへの移行が進んでいます。クラウドに移行すれば、従量課金制のメリットを享受しながら、管理の一元化と将来の機能や課金方法に対応できる革新性によってコストを削減できます。
  • データ・セキュリティ: デジタル時代を迎えた今、セキュリティはこれまで以上に重要です。データの漏洩は飲食業ブランドに多大なダメージを与えるおそれがあります。
  • データ分析: 飲食業者の多くはビッグ・データに取り組み、手元の膨大なデータの活用法を模索しています。適切なフォーマットの適切なデータにアクセスして、コスト削減や収益拡大の方法を見極めることができれば、飲食業界で成功を収めることができるでしょう。
  • モビリティ: モバイル・テクノロジによって、飲食業務のサービス提供方法が変わろうとしています。スタッフ用のタブレットからゲストのスマートフォンまで、飲食業者は変化する顧客のニーズに応じた適切なサービスを提供する必要があります。
  • レストラン・ロイヤルティ: ミレニアル世代は知らないうちにパーソナライズされたスムーズなゲスト・エクスペリエンスを期待しています。ロイヤルティ・プログラムはゲストの嗜好や行動に関する優れた見識をもたらし、サービスの向上や収益の拡大を可能にします。
  • オムニチャネル: 消費者は飲食物の注文および支払方法を自由に選びたいと思っています。ブランド側はさまざまなサードパーティの決済システムを検討し、顧客のニーズを理解する必要があります。
  • 顧客エンゲージメント: テクノロジを駆使して画期的な独自の方法で顧客エンゲージメントを向上させることが、他社より抜きん出るための鍵です。
POS(Point of Sale)システムとは
Simphony CloudレストランPOSの利点

飲食業者はゲストやスタッフのエンゲージメントの向上を実現するためのテクノロジ・プラットフォームを求めています。Simphony CloudレストランPOSはモビリティ、ロイヤルティ、在庫管理、従業員管理、厨房管理、レポート作成、ロス防止を、一元管理されたクラウド・プラットフォームで実現します。

 


開始するための資料