該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

Oracle CASB:Cloud Access Security Broker for Applications and Workloads

Oracle CASB Cloud Serviceは、クラウド・スタック全体の可視性とITチームが必要とするセキュリティ自動化ツールの両方を提供する唯一のCloud Access Security Broker(CASB)です。

脅威の検出

脅威の検出

リアルタイムの脅威インテリジェンス・フィードと機械学習技術を活用して、セキュリティのベースラインを確立し、行動パターンを学習することで、クラウド・フットプリントに対する既存の脅威を特定します。

予測分析

予測分析

特許出願中のモデリング技術により、何百もの脅威ベクトルのリスクを評価し、潜在的な脅威の簡潔なサマリーを提供することで、脅威を事前に抑え込むことができます。

セキュリティ構成管理

セキュリティ構成管理

手間がかかりエラーが発生しやすい手動プロセスを排除し、構成を提示して継続的に適用することでクラウド・アプリケーション内のセキュリティ構成を管理し、ます。

製品の特長

すべて開く すべて閉じる

クラウド・セキュリティ

    可視性

  • ユーザーやデバイスなど、クラウド・アプリケーションおよびインフラストラクチャ内で起きている事象を完全に把握することができます。
  • ガバナンスとコンプライアンス

  • クラウド・アプリケーションのリスクを特定し、規制を遵守して、一貫性のあるコンプライアンス・レポートを提供します。
  • シンプルな監視

  • アクティビティ、構成、トランザクション全体にわたって、クラウドを継続的に監視します。クラウド・アプリケーション全体で異常や、不正または侵害のパターンを特定します。
  • 安全なプロビジョニング

  • クラウド・アプリケーションを初日から安全に使用できます。適切なセキュリティ構成と、組織のリスクを低減するベースラインでクラウドをプロアクティブに設定し、お客様の成功を迅速にサポートします。
  • データ・セキュリティ

  • ポリシーを設定することで、クラウド内の機密コンテンツおよびデータに対する不当なアクションを検出して防止します。これらのポリシーにより、対象コンテンツを監査、警告、暗号化、隔離することができます。
  • 脅威からの保護

  • クラウドが攻撃を受けているかどうかを検出、予測、視覚化します。統合された脅威インテリジェンスにより、機械学習と高度な行動分析で脅威の検出性能を強化します。
  • インシデント対応

  • クラウド・アプリケーションでインシデントが検出された場合に、アクションを実行し、フォレンジック(デジタル鑑識)を実施します。アクションは、ユーザーの同意または承認を得て調整されるのが最適で、プロセスの手動エラーを排除できます。

ユーザー行動分析:

    動的なユーザー・リスク・スコア

  • LORICの機械学習機能に基づいたリアルタイムのユーザー・リスク評価により、アクセス・パターン、特権ユーザーのアクション、アクセス・デバイスの特性など、幅広いアクティビティを継続的に評価および定量化します。
  • 合理化されたインシデント・ワークフロー

  • リスクの高いユーザーを監視したり、リスクの高いユーザーへのアクセスを拒否したりすることで、アプリケーションのプロビジョニングとインシデント対応のセキュリティを大幅に強化します。
  • 継続的なベースライン分析

  • 割り当てられたクラウド・サービスのアクセス権限、ロール、グループに基づいて、個別のユーザーの行動を継続的に評価し、許可した基準から逸脱した異常/悪意のある行動を迅速に特定します。
  • ユーザーIDおよびインポート

  • 主要なIdentity-as-a Serviceソリューションと統合して、すべてのクラウド・サービスにおけるユーザー・アクティビティに基づいた詳細な相関関係および脅威の検出を可能にします。

シャドウITの検出

    可視性

  • 可視性の対象には、市販のSaaS、アプリのマーケットプレイスからインストールされたアプリケーション、IaaSやPaaS上にインストールされたサービスが含まれます。可視性の対象を他のクラウド・サービスと相互運用するサービスにも拡張する必要があります。
  • リスク分析

  • 特定のクラウド・サービスの静的な特性に基づくアプリケーションのリスク・スコアリングは、エンタープライズにとってほとんど価値がありません。問題のアプリケーションと他のクラウド・サービスやリソースとのリアルタイムな相互作用に基づく真のリスク分析機能が必要です。
  • 自動アクセス制御

  • 次世代ファイアウォールやエンドポイント・エージェントを介したネイティブな適用でシャドウ・アプリケーションへのアクセスを制御する機能は、モダン・シャドウIT検出ソリューションにとって重要な要件です。
  • 完全な監査性

  • シャドウ・アプリケーションには、ネットワーク上の任意の場所から、または管理対象/対象外のエンドポイントからアクセスできます。包括的なシャドウITの検出には、これらすべてのエンタープライズ・ネットワークまたはエンドポイント・アセットに対して完全な監査証跡を提供する機能が不可欠です。
  • 統合されたインシデント対応

  • 多くのレガシー・シャドウIT検出ソリューションは、単にアプリケーションを識別するだけで、IT担当者が以降のアクションを手動で実行する必要があります。モダン・シャドウIT検出ソリューションでは、エンタープライズの既存のインシデント対応プロセスに連携または統合する必要があります。そうすることで、IT担当者に過度な負担をかけることなく、リアルタイムにシャドウITを制御することができます。
ホワイトペーパー